「 意外な展開の朝ごはん 再訪編⑥  」

2014.02.05(14:09)
2013年12月28日この日も旅行中はやたら早起きの私。
ホテル近くにセブンとファミマがあったので今日はセブンをうろつく。

以前耳にした、台北市のコンテスト初代グランプリを獲得した「佳徳糕餅」のパイナップルCが月日が経ちセブンで買える様になったとの事で調査を兼ねて。
2年前に大変な思いをして辿り着いたお店の1つです。



sebu167.jpg

おーあったあった。すごいなぁ。
しかもレジの真ん前なんですけど。思わず買いもしないでパチリ。


sebu169.jpg

そしてこちらを。日本でもお馴染みのリプトン(立頓)ミルクティーと、これもどなたかので見かけていた寒天ジュース。
ほんのりライムの香りでドロドロ~っとした喉越しがいい!普通なら??で手にとらないであろう商品。


pai176.jpg
sebu173.jpg

そしてここ。宿泊した(中山駅)ホテル近くに奇跡的にあったパイナップルCのお店「李製餅家」
必ずと言っていい程名前がガイドブックに上がる有名店です。
10:30~21:30まで。お店の前を通った時はこんな近くに?と驚いたぁ。
これは買わねば。


私の人生初パイナップルCがなんとここのだったの。
支店がないのでここまで来ないと買えません。


sebu177.jpg

今はパッケージも洒落て生のパイナップルの繊維感を感じる1つ100円位のが主流ですが、ここは昔ながらの「冬瓜餡」を使った甘さが絶妙でもう1個と手が伸びてしまうお品。分かれる所ですが私はここの大好きです。

包みも店構えですらコスト削減が漂う。1つ50円程。
24個でも1000円位の為会社土産には最適♪
kon様は会社で大評判だったらしい!シャッター開く前から行列ができてるとは。


tai051.jpg
zixyunn053.jpg


私が今回友達に選んだパイナップルCのお店はベーカリーの順成さんです。
正真正銘パン屋さん。

なので朝も早くからやってるのと、バラでも箱入りも買えて、胡桃入りなど3種も。
ここは歩けばまたあった~って位ちょこちょこ遭遇しました。
賞味期限も2W位あったし試しに2個買って食べましたが皮も餡もバランスが良かった!


sebu179.jpg

この頃になると地図を見ながら歩くのが得意になっていたkon様。

次の目的地 MRT「松江南京」駅近くの行列ができる豚足店「富霸王豬脚極品餐廳」
事前調査では、オープン開始直後に売り切れてしまうものがあるらしい。
11時ピッタリに到着する事ができた~と思いきや何この人だかりは!?


sebu180.jpg
sebu181.jpg


ここはテイクアウトもやっていてそれが目当てのお客さんも多い。
私は店内で食べたいと告げテーブルに。あっと言う間に埋まりどんどん相席に。

お姉さんが「日本人~日本人~」と言いながら日本語メニューを私達に!
一応食べたい物は書き留めてはきてるけどこの気遣いはすごくうれしい♪


sebu188.jpg


豚足やさんで、主には異なる部位3種類から皆さんオーダーしてる感じ。

その中で1.2番人気を頂きましょう。
あっkon様が好きな魯肉飯もね。色が全部茶色!!


sebu184.jpg


霸王腿扣  もも (100元 約300円)

これが1番人気で30分で完売してしまうみたい。無事確保できてホッ。
赤肉がたくさんついてるんだけど、見ての通りトロトロのコラーゲンも。

女性には、おェ~って見た目ですが、ももは1頭から限られた量しかとれないみたい。
これが食べてビックリ。見た目は濃いですがむしろ非常にあっさりなのです。


sebu186.jpg


霸王腿節  太もも (70元 約210円)

太もものほうがホロッと身が崩れるというよりは食べごたえがありましたね。
普通朝から(11時過ぎてますが)これを?と思いますよね~。
それが1人でも食べれてしまう位脂っこさがないのです。


sebu189.jpg


魯肉飯(ルーローファン) 20元 約60円

豚足を細かく切ったトロトロのお肉が乗っています。
台湾ではポピュラーで缶詰にもなってるので私もスーパーで自分用にお買い上げ!

憧れのON THE ライスが最高でした♪餃子ではなく豚足を~。


sebu182.jpg

今回ね私達より後から来てたお客さんが先にどんどん運ばれてきててね。

そしたらそれを察してか相席のおばちゃんが

「この子達きてないわよ?!(←多分こんな感じ)」

とお姉さんに話してくれたんです。
お姉さんは私が書いた紙をエプロンのポッケから出し

「あーこれここだったのねー」ぽい驚いた反応で「ごめんね~」と日本語付きで運んでくれました・・

帰りがけ
店先で精算しようと伝票がなかったので、お金を見せゼスチャーすると、お姉さんがおかみさんにヒソヒソ。
その方が私に向かって「お金はいいのよ!!」(勘ですが多分そんな感じ)
と手をブンブンするの!


えーちょっと遅れた位で??3品タダ?なんか色んな方に助けられて言葉が通じてたらと思った瞬間でした。
相席のおばちゃんには「謝謝」と2人で頭を下げお先に。
台湾の人ってなんて優しいんでしょ!


sebu191.jpg


ここであまり食べなかったのはその後すぐ行きたいお店があったもので。

トマト牛筋刀削麺が有名なお店で同じ松江南京駅だったのでちょうどよし!
休日もなしと記載してあったのになぜか行くとシャッターが。う~ん残念。



sebu193.jpg

台湾に来てこういうのは初めてでしがた気を取り直して次の甘物のお店へ徒歩で。

台湾のスイーツってかき氷が冬でも普通に食べられてます。そこまで寒くないのでね。
でもせっかくだから温かいスイーツをくつろげるお店でって探したお店。


sebu199.jpg

2011年9月がオープンとは言えお店は本当に綺麗。入口天井の飾りが面白い!
しかも土曜の昼時だから?貸切状態。

オーナーの方は日本をたびたび訪れた事がある様です。
食材を厳選し手間暇かけて作られてる美肌にいいスイーツだって。


sebu194.jpg

kura210.jpg

食事のメニューも多少ありましたがメインはスイーツ。
小豆やはとむぎ、悩むな~。
と言うのも色取り含めて、写真がどれも美味しそう!


sebu211.jpg


kon様は迷って「もちおしるこ」にしました。65元(195円)安いなー。


sebu197.jpg
sebu195.jpg


私はホット豆腐プリン。35元。これに25元追加してトッピングが2種選べます。


sebu203.jpg
sebu206.jpg
sebu207.jpg

私は緑豆とお芋を追加。ほんのり温かなプリン。
プリンと言うよりは甘さがないからもろ豆腐ですね。

注がれているスープ?も甘さ控えめであくまでお豆の素朴な甘さが際立つスイーツ。


sebu209.jpg
sebu202.jpg

ここだったらお腹いっぱい食べた後でも全然来れちゃうわ。
しかも琴でも流れそうな、ゆったりとした時間が流れる店内。

オーナーらしき男性が途中で出てきたけど、店員さんも奥に引っ込みっぱなしだし。
外観だけ見るととっても高そう~ですが実際は2人で500円ですから驚きの連続でした。



sebu213.jpg


この間に2年前にも行った月餅やさんで買い物をして、次の甘もの??
(時間がない為連チャンですが)へ移動しましょ。
さすがに見慣れたバイク大国。
ふと横を見ると幼子2人を乗せたナント縦4人乗り・・・・



海外 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

<<「  台湾のカフェ を巡る  再訪編⑦」 | ホームへ | 「  台湾の名所  台北101 再訪編⑤   」>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード