「山城屋庄蔵」(渋谷)

2007.03.29(22:17)
2007年3月29日(木)そろそろ和食が食べたくなってきた今日この頃。メディア露出は少ない様ですが、確実にリピーターを増やし、渋谷とは思えない落ち着いた店内でコース料理が頂けると評判の山城屋庄蔵に。夜は4725円のみのコースです。縦看板があるだけなので、知らないとまず入らないです。
yama0276.jpg


店の周りはパチンコ屋が乱立しているところで、「こんな所大丈夫かな?」と思うのですが、店内に入ると渋谷の喧騒を忘れさせてくれます。2階にはカウンターがあり、テーブル席の後ろにはお座敷が。入り口で靴を脱いで3階に上がります。
yama.jpg


先附「生ホタルイカの松前焼き 菜種添え 振り柚子」
yama0284.jpg

下に昆布が敷かれています。春を感じさせるメニューで、思わずお酒を頼みたくなる一品でした。柚子の味はそれ程感じられませんでした。

前菜「葉山葵、帆立梅和え、北寄貝のぬた、新甘海老の唐揚げ、いいだこ、サクラとうるいの梅肉和え、ごぼうの出し巻き、アワビ造り磯しょう油、花ビラ百合根」
yama0287.jpg

京料理らしく、少しづつ出てきましたが、味は勿論、目でも楽しめるのがいいですね。私はこの中でも「北寄貝のぬた」と「サクラとうるいの梅肉和え」、奥さんは「新甘海老の唐揚げ」「いいだこ」がお気に入りでした!この卵焼きもほとんどがごぼうなんです。

椀物「春京別 干し豚 江戸前浅利の酒蒸し 蕗の頭の葉を吸い口に」
yama0292.jpg

これぞまさに「京くずし」。和の中に中華テイストを取り入れた逸品。元々、キャベツに黒胡椒の組み合わせが好きな私ですが、更に、干し豚が入ることにより中華風なお味に。

凌ぎ「蒸し寿司 鰤 九条葱 ガリ 胡瓜 ほじそ」
yama0293.jpg

「凌ぎ」とは懐石料理のお口直しにあたり、少量の「ご飯もの」、あるいは「麺類」など店によって異なるのですが、ここでは御寿司でした。これがめちゃウマで、二人揃って「もっと量が欲しいね」と思わず口走ってしまいました。酢飯が炊きたてのご飯を使用していたのか、ホッカホカだったのですが、鰤の香りが引き立って本当においしかったです。

メイン「羊肉ワラ焼き うすいあんかけ 新玉葱のソース」
yama0300.jpg

「うすいあんかけ」は「薄いあんかけ」ではありません。「うすい」とは「うすいえんどう」と言ってえんどう豆の一種です。あまり関東ではメジャーではありませんが、関西ではグリンピースではなく、これを使って「豆ご飯」を作るところが多いのです。淡白なお味のメニューが続いたのでさすがに肉料理はパンチがありました。この白っぽいソースはしっかり玉葱の味を主張してました。しかし、これも「京くずし」ならではの料理ですね。

酒肴「炭焼竹の子とづけ軸山葵 ランプフィッシュキャビア」
yama0306.jpg

お店の人が堂々と「キャビア」と言うので、「まじ?この値段でキャビア?」と思いましたが、そんなに世の中甘くありません。ランプフィッシュキャビアでした・・。ただ、このお料理はそんな事はどうでもよく、竹の子が、その香り、味と共に、多少青臭くあるものの、むしろそれが、またまた「春だな~」と思わせてくれました。

お食事「生姜の香る手打ちそば タラの芽 竹の子 うど、蕗の頭天」
yama0310.jpg

生姜を練りこんだ麺ですので薬味はなしでとの事、これは初体験でした。これはいつも私の悪いところなのですが、一番「和食」が好きなくせに、食事が進むに連れて、「あー、味の濃いものを少しだけ食べたい!油っぽいものでもいい~」と言うのですが、今日もそうやって言っていると、このメニュー。しかも添えられた天ぷらが、これまた春の定番を4種類だったので、これは素直に脱帽。満足感に包まれました。

デザート・甘味「黒胡麻の生八ツ橋、アズキと生クリーム、ほうじ茶アイス」
yama0315.jpg

八ツ橋の方はちょっと生クリームがくどいと感じましたが、ほうじ茶アイスが秀作。お店でほうじ茶アイスを「定番」と謳っているようですが、これなら私にしてみれば「定番」であって欲しいと思えた程。

さて、これで飲み物5杯を加え、二人で税込み12790円ですが「和食」「コース」「コスパ高」といえば、このブログの最初にご紹介した恵比寿の「賛否両論」を思い浮かべる私ですが、斬新なアイデアにあっても「和」の道からそれない「賛否両論」に対して、さすがに「京くずし割烹」だけあって、「山城屋庄蔵」は料理に遊びを感じさせますね。
どちらが好みかと言えば、人それぞれでしょうが、私は思った以上にこの店を気に入りました。と、言うのも、月替わりで献立が新しくなるのですが、素直に「今度はどんな料理を用意するのだろ?」と思わせてくれたのです。

店員さん(店員さんと言うよりは、どの人も男性で見習いの板さんぽい雰囲気)も接客の慣れは感じさせないものの、一生懸命にメニューを紹介してくましたし、帰りの際も料理長?らしき人も出口まで見送ってくれました。
京くずし割烹、京都の「枝魯枝魯」がプロデュースしたお店で、期待以上のお店でったのは間違いありません。このお店の場所がマークシティ脇のパチンコ店(エスパス)が並んでる中にあるので、普通であればまず歩かない所ですが、この階段を上がってみると、本当に別世界で、写真にある様なテーブルに座り、雑音なしの驚くほど静かな空間でお食事が楽しめます。賑やかな渋谷にあって是非押さえておきたいお店であると言わせてもらいます。ただそこまで広くないので予約しておいた方がベストかも知れませんね。

■山城屋庄蔵■
渋谷区道玄坂2-6-4 2F

TEL:03-3461-9015  店舗電話番号
    03-5489-0039  予約専用番号 ←別の所で予約を承る様です。

営業時間 17:30~23:30(無休) 全禁煙48席 

<<「派遣最後の日」 | ホームへ | 「ル・デッサン Le Dessin」(牛込柳町)>>

コメント
私は「お蕎麦とタラの芽の天婦羅」、そしてナント言っても「ほうじ茶アイス」がスウィートスポットでしたv-26落ち着いたインテリアもお料理を引き立ててくれそうで◎でございますv-10ちなみに昨夜の我が家ですが、某所にて「鶏肉の串焼き数種」、「まぐろのタルタル・ガーリックトースト添え」、「ノルウェーサーモンの刺身」、「ぷりぷり海老マヨ」、「鮭といくらの釜飯」、「鳥骨鶏のプリン」等を日本酒&焼酎で頂きましたが、とってもおいしゅうございましたv-22
【2007/03/30 08:55】 | luxuryM #- | [edit]
あら~そちらもおいしい休日だったのねん。
鳥骨鶏のプリンって何だ??
てっきりv-252旅行かと思って
ましたわ!ル・デッサンは却下か!?
こちらは写真はイマイチだけど椀と蒸寿司
がおいしかった!

来週は全く予定たてていませんので、目の前のcoco壱カレーかな~v-292
【2007/03/30 11:24】 | kon様の相方 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/03/30 13:17】 | # | [edit]
渋谷とは思えない雰囲気ですねv-22
そのお店の界隈は 以前よく稼ぎに行ってましたわぁv-25
ごぼうの玉子焼きって始めてです。
良くまぁ いろんな 穴場をご存知ですね。
ほんと 参考になりますv-218
【2007/03/30 22:36】 | きいおば #- | [edit]
ちょっとこのお店素敵じゃないですかー!
蒸し寿司、目でやられます。
ぜひ食べたい♪絶対に行ってやるぅ。
昔1年ほど前までは渋谷に住んでいたのでかなり渋谷のお店には詳しいけど
ここは知らなかったよ~。

ところで相方様、偶然。
まんぷく家の目の前もCoCo壱。
しかも今食べてきたところ~。
【2007/03/31 14:40】 | まんぷくちゃん #- | [edit]
まんぷくちゃんようこそ!私はカレーは自分で作ってしまうので、あんまりここを利用はしないんですがたまにいいですね。本当うちも目の前なんです。
渋谷が住まいだったなんて、セレブじゃないですか!v-10いつも食べてるコースもリッチですよね~私たちは庶民派コース料理を頑張ってお伝えしていきます!

ここ、本当大人な雰囲気なんで両親なんかも問題ないですよ~
【2007/04/02 23:13】 | kon様の相方 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuporin.blog88.fc2.com/tb.php/17-d3222e04
| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード