スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「 CUCINA ltaliana 東洞  」(京都)

2015.12.09(22:30)
2015年11月24.25.26日。
なんと3連休の後の平日3日間を使って京都旅行に!

私は6年ぶり。(前回は母と2人)一緒するのは両親です。
3人で旅行なんて今までなかった気がするのでどうなる事やらです。


ginka006.jpg
ginn013.jpg


私の母は京都が大好きで毎年お友達と行っているのですが今年は私と父が呼ばれました!
お昼頃京都到着。
ホテル・昼食・下鴨神社⇒銀閣寺⇒真如堂などをのんびり巡りました。

タクシーの運転手さんが声を揃えて言うんですよね。
「今年は残念だったね~」と。
暖冬で雨が降らないから紅葉がね全体的に黄色ぽいのだそう。


ginnak100.jpg


6年前訪問した時の真如堂の紅葉があまりにも素晴らしくてまた拝観したのですが、なんだか今年はどこも寂しい感じでして。
ここは穴場な場所だと思ったんだけど。
辺りを見ると一気に暗くなってきたわ~。

ここから歩いて大きな道路まで行き、タクシーで夜のお店「CUCINA ltaliana 東洞」を目指します。

電車だと烏丸御池か丸太町から歩いて行けます。
店名にもなってますが東洞院通と言う通りにあります。
夜はわかりにくいわ~。運転手さんも結局ここじゃないか?と勘で降ろされお店に電話するハメに。
すぐ近くにはいたんですけどね(/_;) お店の看板はないに等しいので、黄色の旗が目印らしいです♪


ginnka020.jpg


2日間夜を楽しめるなら2日目に和食、1日目はイタリアンがいいかなと考えまして。
このお店は割とすぐ決まりました。
ホテルと同じ丸太町駅で、すこぶる評判がランチも夜も良かったのです。

2014年のミシュランもとってるのに価格はリーズナブル。
座席が少なそうでテーブルは取りづらいと見たので1ケ月前に予約を。

1階がカウンター。2階にテーブル。2人ならカウンターもいいな。。
1部屋しかない2階の3名~の個室に我々を案内してくれたのです(@^^)/~~~


ginna029.jpg


夜は 税込 7200円のプリティクスコースと 10000円のシェフのおすすめコースがあります。

次の日の和食を豪華にしてたので、ここは控えめにプリティクスでお願い。
父がお願いした赤ワイン。
長年一緒にいますが父がワインなんて飲むの初めて見たわ~



ginnka028.jpg


まずはアミューズです。
玉葱のキッシュ。
これ出てきた時小さすぎて??って感じでしたが、食べた母からすぐ美味しい~と。
ほんのり温かくてとにかく甘い玉葱。

これ食べて、このお店は大丈夫だ!と思いましたね。


ginnka022.jpg


通常イタリアンって前菜・メイン・パスタ・ドルチェって感じですがここもそうなんですけど・・・
なんとシェア方式を勧めてくるんです。
で、3人いるから2品ずつそれぞれ選んで下さいと。

それって取り分けてちょびっとなんじゃないかな~どうなの~?って感じでした。
でも言われるがままに、前菜・メイン・パスタは迷いながら母とね2品ずつ選びました♪



ginnka030.jpg

ginnkaku031.jpg


これは母の選択。パルマ産生ハム(24ケ月熟成)と洋梨

ちゃんと3人に、1人で食べる分の最適の量で提供されました。
丁度いい塩加減の生ハムに、これまた熟し過ぎず、固すぎない洋梨。
メロンでなく洋梨。この組み合わせは抜群でした。


ginnkaku034.jpg


フォアグラとオレンジモスタルダを包んだ鴨のポルタフォーリオ

8種類から選ぶのってけっこう大変。メニュー見ただけでどんな料理か想像できない3人だし。
うちの父なんて鴨なんて食べてこなかったに違いない(・_・;)

この鴨は程良い弾力。中にフォアグラが入っていて下にはオレンジをシロップの様なものにつけたもの。
この下のオレンジがかなり変化球的。色んな味が一度に楽しめて美味しかった~。



ginnka038.jpg


続いてメインは6品から選びます。

本日の鮮魚とホタテのオーブン焼き 秋茄子のピュレとお米のサフランソース

このお店はメニューにひねりがあって選ぶ楽しみがすごくありますね。
鮮魚はイトヨリです。3人ともこの上のホタテに感動しました。
こんな味の濃いホタテ食べた事ないかもって位。
素材の味を大事にされてるがよくわかるお料理です。


ginnka042.jpg


蝦夷鹿のアロスト ドライイチヂクと赤ワインのソース

蝦夷鹿なんて両親2人ではまず食べる機会はないだろうなーって思ってスタッフの方に聞いて頼みました。
臭み等はないって言ったのと、過去にどちらかのお店で食べた印象が私は悪くなかったのでね。

これも正解でした!って全部本当に美味しいんですけど~。
お肉の火の入れ方。
下のイチヂクの甘さが赤ワインの程良い酸味で絶妙なソースに仕上がってるんです。


ginnka024.jpg


父は上の料理で白ワインまで頼んで、みんなフランスパンも出るわでお腹一杯。。。
苦しくて、パンが大好きな我が家でもおかわり出来ず。

でもまだ続きます。次はパスタ2種選びます。


ginnka046.jpg


いや~どれも興味をそそられますね。1つは母が決めたのは
唐辛子を練りこんだ自家製タリオリーニ  田舎風ラグー

聞くと唐辛子はそんな感じませんよって事でしたので。本当にほんのりと言う程度。
この麺がね、ラーメンで言うちぢれみたいな割としっかりした麺でした。


ginnka048.jpg


私も母も何かに練りこんだ・・に弱いみたいです(笑) ちなみに父は出たものを食べる役割。
ほうれん草を練りこんだ自家製スペッツリ  牛肉のラグー

聞くとシェフの自家製みたいです。
大根おろしの様なものでこのパスタをシュシュと出すみたいです。

これ3センチ位でフワフワしてるんです。初めての食感。
失敗したのが2つともソースが被ってしまった事。ミートソース系でしたね(・_・;)


ginnka050.jpg


最後のデザート。これに父は珈琲。私と母はハーブティーを。

このデザートがまた!甘いんだろうなと思ったら、中がクリームではなくアイスでほろ苦くて&ナッツなどが散りばめられて、きちんと手が込んでいました。
皮もやや堅めで。無理だろうと思っても美味しくて食べれちゃいました。


右も左もわからない京都のイタリアン。
期待を込めて口コミを信じて臨みましたが、これ程素晴らしいとは思ってもみませんでした。
お店は100年の町屋を改装してどこか懐かしい木の良さを生かしたモダンな店内。
1階と2階で20席程ですので大人がゆっくりするには最高の空間です。

スタッフの方は男性だけで3-4人。決してフレンドリーにはなりません。。
店内は京都らしさがあって気に入りました♪コ-ス内容にも魅力があり再訪したいお店です。
最後は外まで見送って頂き、父の大昔の話にもお付き合い頂き大満足でした!!



スポンサーサイト
京都 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。