スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「 年末トラベラーin台湾 台湾の昼 初訪問⑥  」 (海外)

2012.02.27(15:13)
微熱山丘(パイナップルケーキ屋さん)を大満足で後にし、ブラブラ歩いて帰るかとkon様より提案。MAPを見るのを得意としてるkon様、短い台湾生活ですが、どうやら余裕が出たみたい。

この時期雨も多い台湾ですが、この日は19℃でとにかく抜群の散歩日和だったぁ。


taipa008.jpg

今回台湾では数件のパン屋さんを発見しては入ってみたものの、これっと手が伸びるまではいかず。事前に台湾にはおいしいパン屋さんが少ないとの情報も得ていたのでね。そんなもんかと。


taipa011.jpg

しかし、散歩中、こちらの「パン達人」なるもの発見!
コーディネーターさんが台湾ではカナ表記はほとんどない・・って言ってた為、自分で「達人」しかも「天然酵母」の文字に期待大で入店。


入口からこれは取り置きなの??と言わんばかりのスペースでこの黒い5個入りの豆豆パンが。
よほどのイチ押し商品だったのか謎ですが、ふんわりしてそうで、日本への持ち帰りは断念。


taipa007.jpg

どれもこれも本当おいしそ~。興奮してパンの撮影所でもなく。
あまり買ってもこれからお昼だし、と1つだけお兄さんが補充中のをいただく事に。

↑ 左下から2番目。大きいけど165円 ひまわりの種みたいのが乗ってます。

ホテルに戻ってと翌日帰国してからも家で食べたら、もちっとふんわり~おいしい~
てか迷う程の品揃えに、あーあと3個位買えばよかったぁと大後悔。


taiwann199.jpg

その後はSOGOに行って探し物をしたり、おトイレ借りたり、食料品フロアー見たり。

で、1軒行きたいお店があったので探していると偶然、米哥烘焙坊(ミルクハウス)発見♪
資料作りしてる時、評価が高くて気になってたパイナップルケーキを置いてるパン屋さん。

ベーカリーなのでパンがずらー。パンと鳳梨酥1つお買い上げ♪ 
選んだパンは甘く失敗でした。


taiwann211.jpg

ちょっと迷いもしたけど何とか隣駅の「忠孝復興駅」徒歩10分。「鮮芋仙」に到着。
 
豆花 芋圓(タロイモから作った団子)などの台湾の伝統的なスイーツの店 ここは台湾に30店舗以上を展開するチェーン店で台湾っ子に人気だそう。 

お爺さんとお婆さんの、ゆる~い癒しの看板を探してね。


taiwann210.jpg

レジ前。メニューの写真が見づらいですが、ここもかき氷同様きっちりジャンル分け。さっぱり??

一応紙にメモっていたメニューを参考に注文。またもやこんなに頼むの?と驚いていた・・・

ここの食材は、添加物や防腐剤は一切使用しないで、芋圓まで手作りなのが人気の理由みたい。


taiwan202.jpg

時間が13:30でおやつの時間じゃないから?流行ってるとは思えないガラガラな店内。

長時間座ってたらおしりが痛くなりそうな木のイス。私達は2人で4人席を占拠。


taiwann204.jpg

こりゃ驚いた。台湾はなんでも豪快だけど、またもどんぶり級で。確かに2人で1つでいいね。

このどんぶりは 芋圓1号 45元 (130円) 芋圓は1~7号まであって、中身が違うんです。
てか、私 2 って書いてあるの頼んだのに、1 が来てる。帰国して気づいたのよね。


緑豆に珍珠(ブラックパールタピオカ)かき氷があって芋圓で奥に蓮子がほくほく。
かき氷も仙草ドリンクを凍らせて作ったものなので手がかかってます。


taiwa207.jpg

こちら 鮮芋仙招牌(仙草凍+仙草冰沙+芋圓+鮮奶油) 冰50 (150円)

台湾ではこの真っ黒なゼリー(仙草)が大人気。
しかも 冷 熱と表示がありどちらかを選択
本当は 熱 を頼む気満々だったのに、だいぶ歩いてポカポカしたから「冷」に。


左の飲み物 仙草冰沙凍奶霜(仙草ゼリーフラペチーノ)45元(135円)

仙草のシャーベット、ゼリーの上にホイップクリームがふんわり。
これをガシガシ!混ぜるんだけど、中身が多いせいでストローから噴出しちゃってね
てか・・仙草ばっか頼んじゃったー。こりゃ体冷えるねー。 これメニュ表ーだよ

芋がもっちもち。ボリュームもさる事ながら、この弾力が最高に好き♪


taiwa229.jpg

一度ホテルに戻ってから、楽しみにしてたお昼ご飯を求め歩いて辿り着いた 
林東芳牛肉麺(リンドンファンニュウロウメェン)

台湾庶民派グルメでかかせないのが「牛肉麺」1日2000杯売るすごい店。
朝5時までの営業です。

見つけたはいいけどさすがに驚くね。このローカルな感じがたまりません。
これが店ね?まるでキッチンの作業台?


taiwann225.jpg

どうやらさっきの写真が本店で、おばさんがね電話しながら、こっちきてと、おいでおいで。
その2軒先位にある支店に招かれまして。
ここに通されてホッとしてる自分が不思議です。

私達が日本人とわかると、日本語で愛想のいいおばちゃんがお世話を。


taiwa222.jpg

麺を頼む前に「油あげがおいしいよ!!」

冷蔵庫内の物はセルフで、欲しいものを自由にとってOK。
小菜はすべて30元(90円)


taiwann217.jpg
taiwa221.jpg

左  豬頭皮(ミミガー) 右  花干(油あげ)

この油あげ牛肉スープで煮込んでいて、味が染み込んでておいしい!
噛むとじわ~って。
これをつけるとおいしいよって、勝手に器につけちゃってね・・特製のお味噌。

ミミガーには生ニンニクが豪快に。こちらもコリコリで全部完食だよ♪


taiwa224.jpg

2品がおいしかったので、待つ間もう1品。 
なんだかわからなかったけど、茎みたいなね。

taiwa220.jpg

いよいよ注文。麺の量が大・小あって(小で1玉)(大で2玉)あります。


taiwann228.jpg

半筋半肉麺 (小)180元 (460円)

牛筋と牛肉をミックスしたもの。これならどちらも少しずつ食べられて欲張りな私にぴったり。一見躊躇しそうだけど、全然脂っこくなくて、お肉がとろとろ~。

スープはねこれがあっさりで、最後まで飲み干せちゃう。これは日本人も好きな味だわー。


taiwa227.jpg

牛肉麺(小)130元(390円)

これもまたがっつりしたお肉が数枚入ってます。
日本のラーメンでもこれだけのチャーシューはあまり見ないかも。

麺はうどんまでいかない太さで、どちらかと言えば柔らかめ。
kon様は今回のB級台湾グルメでここが1番気にいったみたいで、よかった♪


taiwa230.jpg

そしてお次はパイナップルケーキ3店舗目の候補  
犁記餅店(リーチービンティエン)さん

宿泊したホテル(忠孝新生駅)より徒歩10分ちょっとです。大通りの連なった商店街って感じの場所。

またもやバイク集団に遭遇したので懲りずにパチリ。


taiwann231.jpg


Pケーキを売るお店はたくさんありますが、こちらは百年の歴史のある老舗。
防腐剤は一切使わない、天然の材料のみの為どれも賞味期限は5日程。

このお店はPケーキもだけど緑豆を使った月餅類が大人気みたいで。
ただ賞味期限が短いのと、(1人日本語が話せる店員さんに確認できます。)
既にお土産系は購入しちゃったしで控えめに買い足す程度に。

感想は後ほど。ただここ行って正解♪
噂通り月餅が本当においしかったんだよねー。
重いのは苦手と言う方に是非おすすめしたい。値段も控えめで総合的に◎


台湾 3日目記事 夜編  





スポンサーサイト
海外 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

「 年末トラベラーin台湾  鳳梨酥 初訪問⑤  」 (海外)

2012.02.20(19:04)
翌日はせっかく台湾に来たから、地元の方と本場の朝ご飯を食べたいなぁと。
狙ったお店は大人気だけど、隣駅(MRT善導寺駅)だから有り難い♪

ただ問題が朝5:30~12時の営業・・・混雑は7時位。土日だと6時位から。
と言う事で5時台に起床  6:10にホテルを出発。6:20分に着いちゃった。


taiwa178.jpg

フロントで行きたい場所を伝えたら、待機してるタクシーの方に指示をしてくれます。車も空いてたしとっても近くて悪い事したな。

で、このお兄さんがとってもいい方で、到着してどこだ?とオロオロしてたら

「ここだよ」ってわざわざ降りてきてくれて。

はい1番下のお店で、右の通路から2階に上がります。タクシーは120元で来れました(350円)


taiwann163.jpg

華山市場2階にある「 阜杭豆漿 」フーハンドウジャン

店員さんの上にメニューと金額が出ています。テイクアウトもOK。
おー早起きしたおかげですいてる~。

こんなお店でちんたら迷ってたら迷惑なので、予め注文する物を紙に書いておばちゃんに渡しました。


wai174.jpg

以前は観光客が寄り付けない様なディープ感満載だったみたいだけど、09年改装して綺麗♪

フードコートになってるんだけど、他の店舗が昼からOPENなので、阜杭豆漿だけで占領できてます。わかるかな?もう列が出来てるの。


taiwann165.jpg

私は今日だけだから頑張れたけど、いつもこんな早起きして食べるって出来ないわー。さすがにここでは日本人は見かけなかったかなぁ。

taiwa167.jpg

お店の代表メニュー豆漿(トウチャン)台湾人の朝食にこれは必須。豆乳スープです。

そう4品書いた紙を見せたら、(写真上2つ)の事を何やら言うので、this Oneと指したら、こんなにあなた食べるのか?みたいな事を言われました(想像ですが)・・・


taiwa168.jpg

鹹豆漿  シェンドウジャン 25元 (75円)

種類はしょっぱい豆漿 と甘い豆漿 が選べ、どんぶり提供です。
これは具の入った塩味。と言っても気にならない程。
こっちはパクチー入り。茶碗蒸しのさらーとしたスープみたいな。甘さは無。


taiwa170.jpg

蛋餅 ダンピン 25元 (75円)

台湾の朝食メニューの定番卵焼き。
中身は卵焼きですが、皮はツルンとして、もちもち生地のあっさり味。醤油あれば最高!


taiwa173.jpg

飯 35元 (105円)

台湾では揚げパンみたいなでっかい油條(ヨウティアオ)と言うのがあって、豆乳に浸したり、パンに挟んだりして食べるんだけど、それがこの巨大おにぎりの中に、肉鬆(台湾風肉そぼろ)と共に入ってる。

朝にはヘビーだけど、肉鬆が甘辛い味付けであと引くー。もち米を使用してるので腹持ち抜群。


taiwann171.jpg

厚餅夾蛋 ホウピンジアダン 35元 (105円)

これおいしかったぁ。基本パン星人なんで。

「夾」とは、はさむという意味。間に大きな卵焼と葱が入っています。
生地を作って窯で焼き上げるので、ほんのり甘くて表面はパリッと香ばしい♪


taiwa164.jpg
twai177.jpg

一角がガラス張りになってて作業工程が見れるよ。
なんか楽しい~。

左の眼鏡のお姉さんは 厚餅夾蛋 の焼く前の段階を作ってました。
右の方は筒状の釜にペタペタ貼って焼きに。焦げたやつはのけてます。


4つで 合計360円 安い~ 次は甘い豆漿飲むぞ♪ここまた絶対来たい!



twai179.jpg

食べ終わって外に出たらタクシーが止まっててね。
思わず歩いてきた運転手さん捕まえて。どうやら阜杭豆漿でテイクアウトしてきたみたい。

英語で「ここの朝食は台湾でNO1だ」って言ってたよー。

で朝を早くしたのも次に行きたいパン屋さんが7時開店でそれに間に合わせたかったの。

もう着くと言う時運転手さんが
「こんな早くていいのか?」「台湾はだいたい10時開店だよ」って英語で。
ここは7時なんで大丈夫です OKOK とか言ってたら、シャッター閉まってるし。一同唖然・・・


wai180.jpg

よく見るとシャッターに「7:30~」と見えてホッ♪ 30分ブラつこう。
またこのおじさんもいい人で、「おーもうすぐかぁーよかったねー」と(多分)言ってくれてた!

「佳徳」と言えば(鳳梨酥 パイナップルケーキ)大会06年初代グランプリを獲得
2010年は「台湾美食おいしいお土産」部門も受賞。

開店と同時にお客がドッーー。
みんな箱詰・バラと買うわ買うわ。明らかに地元の方。
パンもめちゃおいしそうだったんだけど、ここはお土産に専念。


tiwa184.jpg

このお店何がいいって

箱が自由に貰える。
お土産で1人6個位を箱に入れてあげれちゃう。(20個クラスも用意あり)

普通はPケーキだけどここは、クランベリー・チェリー・苺などあり自由に個数と味を組み合わせ可。

パン屋さんだけあって素材にこだわってて、クランベリーもチェリーも実がぎっちり♪。(ただこちらは賞味期限が2W程・Pケーキは40日)



ちなみに手前右の老婆餅(中に求肥入)四角いアーモンドのは甘さ控えめタルトでおいしかったぁ。
ここでは30個は買いました! Pケーキは1個80円位です。


wati187.jpg

一度荷物を置く為ホテルに戻り、不足がちなサラダや豆乳だけバイキングで補充させてもらって、少し休憩をして次の本命パイナップルケーキ屋さんへ。

「微熱山丘」と書いて ウェイルーサンチョウ。
つい「ビネツ」と読んでしまいたくなる。


taiwa189.jpg

MRT松山機場駅から徒歩15分との表示でしたので、当然ホテルよりタクシー利用。山の中に位置するそうだけど、370円位で来られました。


ここ本店は2009年OPENでまだ新しいと思いきや、台北にも2010年OPENしちゃいました。


taiwan193.jpg

到着すると一本の長いテーブルに案内されて、パイナップルケーキ丸々1つとウーロン茶が全員に提供されます。
しかもPケーキこれ1種のみで勝負してるすごいお店なんです。


taiwa192.jpg

ニュージーランド産のバターと日本産の小麦粉を使用。
その贅沢な生地の皮はかなりハードよ。これが14日目には馴染んでしっとりに変化したぁ。


餡に冬瓜餡を混ぜ合わせるお店が多い中、台湾産パイナップル100%使用にこだわってるの。
食べた時に伸びる様な繊維感や、酸味は安かろうのものとは明らかに違います。


taiwa196.jpg

taiwa197.jpg

緑に囲まれたとても素敵な場所にあり、この味を求めて遠方から多くのお客様で賑わってはいるけど、殺気立ってる感じは全くなく、のんびりしたカフェみたい。

パイナップルケーキは何軒かで食べ比べたので最後の最後に♪

binetu215.jpg

こちらをみんなにお配りしたかったんだけど、材料からもわかる通り賞味期限は14日。
その為自宅用に10個入り(2段)・友達へ送り用に6個入り購入。

箱がしっかりしてるのと、包み、紙袋・イラスト全部がかわいいのです。
龍の絵が書いてるカードも入っていたので、これにメッセージを添えて送りました♪

台湾3日目記事 ランチ編 



海外 | トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]

「 年末トラベラーin台湾  夜市 初訪問④ 」 (海外)

2012.02.10(18:52)
この後、古宮博物院にも行ったんだけど、特になくてもよかったぞって場所でしたので省略。

お次は台北~約40Km、ひっそり佇む独特な雰囲気をもつ小さな村、九份(キューフン)。雨が多い九份だけど、写真で見たその雨の風景がとても気に入り今回はオプションでここも。

個人の場合は宿泊したお隣の、忠孝復興駅からバスで1時間30分、300円程で来れます。


tai126.jpg

ノスタルジックな街並で人気の観光地。

今日は日本の観光地みたいに人でごった返してはないみたい。
台湾と日本の時差は1時間。19時位になると寒くなってきて上着必要ね。


taiwa140.jpg

宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」のモデルとなった街として有名で監督も何回か訪れてます。
このお店に2時間滞在し、その間はずっとスケッチをして過ごされたみたい。

夜は赤ちょうちんが灯って、特に何がある訳ではないんだけど、すっごく落ち着く。


tai142.jpg

石畳を登って、両隣に小さなお店が続きます。

そこから右行って、左入って、行動範囲は狭いながらまるで迷路の様。
居心地いいのか、ノラ猫にもけっこう遭遇。

臭い~豆腐の店とか。言葉悪いけどちょっとね不潔っぽい屋台とか。レトロなお茶屋さんなんかが割とありました。


taiwa136.jpg

tai137.jpg

taiwa138.jpg


これがね多分地元の方?に人気で並んでた。
クレープみたいな生地に削ったピーナッツキャラメルを乗せて、パクチーに・・
アイス2玉。

謎過ぎて気味悪かったけど、家に帰って調べてみたら、上の材料でした。
kon様はこれ中身的に好きな部類だったかも!試すべきだったわ。


taiwann143.jpg

晩御飯 「九戸茶語」で皆さんと郷土料理♪(1階は本格的なお茶屋さん)

この辺では大きめの新しいお店だけど、古い民家を改造してるので、ちゃんと街に馴染んでます。

食事は4階で。食後にテラスに出て外を眺めると海と山が一面で綺麗♪


taiwa131.jpg
taiwa134.jpg
taiwa130.jpg
taiwann132.jpg
tai133.jpg


10名位で円卓を囲み、なんやかんや前菜から始まりデザートまで8品近くは出てきました。
予め頼んでいるお客とは言え、出てくるスピードがはやっ。
円卓をガンガン回してました!

2枚目の揚げた様なお豆腐を、白飯にドバッとかけて丼にしたのが気にいったわ。


taiwa161.jpg


九份の帰りはバスで台湾でも最大級の夜市 
士林夜市(スーリン・イエスー)へゴー♪


台湾では夜市が数箇所で行われていて、だいたい17時~24時位までの営業。
屋台とか洋服屋さん、靴屋さんが連なってて、割と中心部にあるので行きやすいの。

ここで各々解散です。行きたくない人はホテルまで送ってくれてね。


waiwa155.jpg

この夜市は原宿の竹下通りみたいな雰囲気。若向けの安そ~な服や靴のお店がずらーと。行きたい店をチェックしてたんだけどなかなか発見できず。

外にいる店員さんに、店名見せて、ここに行きたいんですけど・・と訴えてみた~。
「あー」と言って親切なお姉さんが、紙に何やら書き書き。

「 8 minutes 」真っ直ぐ行って、左の道に入って!と図で教えてくれた♪ 謝謝
う~ん8分ってけっこうあるかも??行き過ぎた様で、もう1人に聞いて辿りつけた。


taiwa144.jpg

辛發亭 (シンファーティン)

40年前今のオーナーのご両親がかき氷屋さんをオープンし、当初とても苦労されたとか。
店名にはその苦労したことも忘れないようにと「辛」 泣ける~。。


wati147.jpg

はい満席です。店員さんもすごく忙しそう。適当に空いた席に座っちゃいました。

この時21時位だったかなー。てか半袖の方いますけど、そこまで暑くないよー。
12月だしね。こんな冷たい物食べてるのに。私達は最後まで怪しいけどコートを着用。


taiwa149.jpg

珈琲雪片(ふわふわ珈琲氷)60元 180円

メニュー表の左「雪片氷」(牛乳で作った氷の事ね)の列を皆さん食べてる様子。

字で何となく想像するしかなくって。店員さん中国語オンリーだったんで。
ヒェ~コーヒー氷(この店発祥味つき氷)のヒラヒラの芸術!上にはシロップ。


waiwa153.jpg

何~がすごいって、食べ進めてもドロドロ溶けず、原型をとどめてるのよ。
しかもキンキンしないし、ふわっさくって感じかな。日本にはないでしょうねこれ。


taiwann145.jpg

今思えば、 抹茶紅豆雪片 も食べときたかったぁ。
宇治金時の様な緑で、脇に手作りで煮た小豆が添えられてるんだー。後から知ったんだけど。


このお店の看板メニューは 「季」マークの新鮮芒果雪片 
フレッシュマンゴーなんだけど、これが4~10月しかやってないのよね。

「楓糖粉圓雪片」は調べてみたら ミルク氷タピオカキャラメルソースがけだよー。
言葉が通じないってもどかしい。


wai152.jpg

なので冬ものと言えばこちら。苺ねー 90元  270円  
シロップが甘めだけど、苺が酸味があるのでおいしい~。安い~。

逆にコーヒーがあっさりと控えめだったの。
でも12月でこんな繁盛してたら、台湾の夏場なんてどうなっちゃうんだろ。
量があるので2人で1個をシェアの方も多かったよ。2人で3個はいなそーー。


taiwa154.jpg

入り口付近で氷出してるおじさん。ここ24時まで営業なんで過酷よね。
でもこのヒラヒラ氷考案した方本当すごいわ。

もう1つは味が見た目に負けてないって事。
見かけ倒しではありません。ここ大正解♪


watai157.jpg

士林夜市の名物店と言えば 豪大大鶏排(ハオダーダージーパイ)

ここはメインを通り抜け、大通りと交差してる付近で偶然見つける事ができちゃった。


wati158.jpg

私の掌(通常の人よりデカイ方)をも有に超えますフライドチキン。
これで160円位。


衣はカリッカリッ、クリスピーで、中の鶏肉は骨なしで薄いのにジューシー。
カレー味のスパイスがあと引くわー。ご飯食べて、かき氷食べて、〆に巨大油物って。

弾丸ツアーだけに許される組み合わせよね。でも不思議と止まらなかったなぁ。
台湾のB級ってうまおだぁ♪


waiwa159.jpg
waia160.jpg

ん??今気づいたけど、この行列、場所的に真ん中辺りのフライドチキンのお店かも。
私買った時は5人位だったのにな。

でも行列っていいよね。熱々が食べれるんだもん。
吉野家は空き空きだったよ。残念。

さよなら士林。。。もっともっと食べたかったけど、食したお店に大満足!!

この後タクシーでホテルに。180元(530円)でした。


台湾記事 3日目 フリー前半

海外 | トラックバック(-) | コメント(3) | [EDIT]

 「 年末トラベラーin台湾  鼎泰豊 初訪問③ 」 (海外)

2012.02.02(10:45)
まだ見学があったか。集合が早かったから盛り沢山な気分。
この日は観光するには最高の天気。

長袖2枚でちょうどいい。気温は20℃位です。
バス観光のいい所は上着を邪魔だと置いていけるのよね。
何故か台湾の交通機関12月でも冷房入れちゃいます。


tai102.jpg

蒋介石のメモリアルホールである台北のシンボル的存在「中正紀念堂」


tai104.jpg

約25万平方mと言う、広大な敷地に正門と本堂がドスンと構えてます。
(本堂の高さはなんと70メートルあって階段は89段)

登りきった所に像があり、こちらでも衛兵さんが微動だにせず、2人おりました。
ここも小じんまりしながらも、衛兵交代が見ることが出来ます。


tai108.jpg
tai107.jpg


上から見下ろす緑が美しい庭園は見事でした。
日本では見られない景色。

向こうから歩いてきたんだと思うと、これがなかなかの距離です。


tai116.jpg

なぜこの観光プランを付けたかと言うと、本場台湾で「鼎泰豊 ティンタイフォン」のランチ付♪

30年以上の歴史があって、米紙ニューヨーク・タイムズに「世界10大レストラン」の1つとして掲載された小籠包で有名な点心料理専門店。


着いてビックリ!!なんだ~この人だかり・・・
店前には世界各国からのお客様で大賑わい。
お昼時とこちら本店と言う事が重なりヒートアップ。


tai115.jpg

もう真後ろが車道でタクシーとかビュンビュン。危ないわ~。

私達は予約客なので(それでも外で15分は待ったっけ)中へ。
コーディネーターさんは、歌姫♪安室ちゃんに本店で遭遇した事があるみたい。

鼎泰豊は台湾に5店舗・日本に12店舗の支店がって、日本の方が多いんだぁ。。


tai117.jpg

驚いたのがこのお店は年がら年中混んでると思うんだけど店員さんがとにかくキビキビ。
どのテーブルにも目を配らせています。

イスやテーブルはチープな感満載なので、優雅に食事をと思ってる人には不向きです。


tai118.jpg

お酒のおつまみに良さそう。

昆布や、もやし、春雨などを和えたもので、ちょっとピリ辛風味。
ご飯にも合いますねこれ。4人でつつくのでやや遠慮がちになっちゃうわ。


tai119.jpg

炒空心菜  

ニンニクを効かせた塩味、軽い仕上がりで油っこさはないです。
台湾のお料理って全てが、ガツンと強くないので万人に受ける味付け。


tai121.jpg

主役が来た♪どんどん出てくるので、ゆっくり撮影してる暇はないけど、この全体像は欲しい~と1枚。


一緒に出される針しょうがと酢・お醤油と共に頂きます。

感動する程肉汁はたぷたぷもしてなかったけど、お店で決まっているヒダの数が多いのが特徴。
レンゲにとり一気にいけるレベルだったので1口で♪
旨みがジュワ~って口の中で広がる~


tai122.jpg

蝦仁燒賣は、豚肉焼売の上に海老が乗ってます
皮はけっこうぶ厚いかも。かじると、小籠包のように中からスープが出てきます。

この後も点心が3種程出てきたんだけど、食べるのに忙しくて割愛です。


tai123.jpg

菜肉蒸餃。これ強烈だったなぁ。

野菜を細かく切ったあんがぎっしり。Theチンゲン!!
豚肉はほとんどなく、青くさい1品。


tai124.jpg

スープは大好きな酸辣湯。

鶏肉と豆腐、たけのこ、きくらげ、卵など具がいっぱい。
普段飲んでる物と違って、こちらは辛味、酸味がとても控えめ。


tai125.jpg

炒飯が大皿で出てきたんだけど、店員さんが皆さんで食べるのねって一旦引っ込めて。
すかさず小皿に取り分けたものが運ばれて、そのすばやさにビックリ。


この炒飯がめちゃおいしかったぁ。
パラパラではないんです。塩が勝ってる訳でもない。
優しい味付けで膜を張った様な艶でしっとり。


あっ右上のは薄皮に包まれた、こしあんのデザート。これもおいしかった!
出たら、コーディネーターさんに炒飯どうだった?って聞かれて。
鼎泰豊では炒飯の評判もいいんだって♪やっぱり~


tai113.jpg

本気で驚いたのがトイレ。
お客様が出る度に、専門?の店員さんが次の方をSTOP!!

便座を1回ずつシュっとして拭き拭き!

って感じでね。料理もさる事ながら働く方の意識の違いには感心しました。


台湾は 京鼎樓 も有名なので、今度台湾に行く事があればぜひ行ってみたいわ。やっぱり好みはそれぞれなのでね食べ比べしないと。


今回行った鼎泰豊は時間を外すと待たなくて良さそう。
支店と本店では多少ね・・味が違ってきちゃうみたい。



台湾2日目記事 夜編 



海外 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。