スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「 ルグドゥノム ブション リヨネ 」 (神楽坂)

2011.06.18(14:42)
2011年6月4日(土)大好きなお店リヨネに2年ぶりの再訪。
今回のお友達は以前参宮橋のキノシタにお連れした十年来の友人。
会うの半年ぶり♪
神楽坂は初って事だったので、失敗は許されないからねー。


du007.jpg

ここのランチは2回転。なので13:30でお願い。こちらも流暢な日本語を話すフランス人の方が予約の際電話に出てこられたわ。第一声聞いてちょっとビビリます。

あっそうそう、知らない間にミシュラン★を獲得してましたね~。
螺旋階段を上がった2階に通されました。前回の1階より落ち着きます。


du002.jpg

土日は 2850円 or 3850円のコース。って事で

前菜、メイン、デザートからそれぞれ一品ずつ選べる2850円の方で。

ドリンクは珈琲・紅茶・ジュースはもちろんここもワインが選べるの。
友達は白を頼んでたけど「これおいしぃ~」とかなり飲みやすかったみたい。


du009.jpg

このお店の印象的な袋に入ったパン。
気泡の部分はしっとりしてるのでソースなんかに馴染みのいいパンです。
1人3個ってけっこう多いかも。


du010.jpg

du012.jpg

前菜は4種類から選択可

子羊とフォアグラのテリーヌだけプラス料金。

こちらは友達のコショナイユ ブションリヨネ風。
ハム・サラミ・豚のリエット・ピクルスなんかが芸術的なお皿の上に絵の様に乗ってきました。


du014.jpg

自家製リヨン風ソーセージ 春キャベツ添え

おいしいです。程良い弾力と脂。春キャベツは芯まで甘いね。
見た目味が濃そうに見えるけど、全然そんな事ないです。


du015.jpg

友達の黒むつだったかな。
こちらは非常にさっぱりしてました。
筍なんかも入ってたよ。

du016.jpg
du019.jpg

リヨン風クネル モリセットゥおばあさんスタイル ナンチュアソース
(バターライス付)
 
これ2年前行って食べそびれちゃったメニューでして、これ食べたくてここにした位。

海老などの甲殻類と魚介類を使って作ったごろんとデッカイすり身が2つも♪
すり身をゆるーいソースの中に浮かせて焼き上げた感じ。
ふわっととろける食感。(割った写真が下)ソースがライスにもパンにも合うね~


du020.jpg

柑橘フルーツパスティス風味 フロマージュブランのソルベ添え
最後にさっぱりしたい方はこれいいですね。

バジルの様な葉が入っててすっごくアクセントになってたの。

du021.jpg
du023.jpg

ババ

わかりやすく言うとサバラン。
ブリオッシュ生地に染み込んだシロップに、別で用意されたラムを自分でどばっとかけて食べるの。
真ん中に集中してかかっちゃった~

今ってサバラン売ってるお店減ったよなぁ。昔はもっとあったのに。
お酒は飲めないのに何故かこれが好きなのは、母がよく好きで買ってきてくれたからかな。


du027.jpg

そうミネラルウォーターですが有料で出てきたのが→こちら

炭酸ありがフランスで飲んで印象が悪かったんだけど、友達が選んだので飲んで見る事に。

嫌な後味もなく微炭酸。これおいしい~。
バドワはフランスではメジャーなブランドらしいです。
このお店では800円もしたので、かなり贅沢でしたね。

最後に「ご馳走様」はフランスでは言わなくて、おいしかったです「セ ボン」はお忘れなく♪

前回より、より好きになってしまったリヨネ。
隣のカップルが英語堪能で、主婦集団と完全に取り残された感じでしたぁ。


du029.jpg


友達がやたら大きな紙袋を持参してきて、私にくれたんだけど、祝い事並に豪華なんですけど・・・

パスティッチェリアラッテと言う地元で賑わってるお店みたい。
シューの皮のがとってもおいしくて、カロリー高そうだなと思いつつ止められなくって。


スポンサーサイト
神楽坂 | トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]

「 中国精進料理 凛林 りんりん 」(鎌倉)

2011.06.05(10:01)
2011年5月26日(木)この日は毎年恒例の母の日&父の日合同の食事会。
港南台に住んでる彼の叔母様も誘ってあげれて、また5人元気な姿での再会♪

過去の食事会はこちらで♪ →  2010年5月  2009年5月



rinn005.jpg

場所は鎌倉駅・瑞泉寺の総門脇の奥へ。私達はバスで終点(15分位)まで行きましたが、タクシーでも1000円位で行けます。5人なんで今回はバスで節約ね。

バスを降りると、完全なハイキングコースだねこりゃ。このかなり先。


rinn007.jpg

迷いながらでは15分は歩きますね。私には2度と来れません。
ここは母のお気に入り。

母から数年前1度連れて来てもらって、すごく記憶に残るお店だったので、いい、いい久々に。お祝いにはもってこいのお店。


rinn008.jpg


落ち着いた旧家を上手に利用された一軒家で、精進風の中国料理が個室でいただけます。
メディアでも知られる福建省出身の(林訓美りんくんびさん)と息子さんでやってます。

料理の鉄人で道場さんと対決された事もあり、著書も出されてる方。

12時に予約してたのに、12:30になり途中で電話を入れましたすいません。


rinn013.jpg

このお店は2,625円の「昼御膳」が有名ですが、予約して個室でコースもお値段により(4200円~)わりと臨機応変に対応してくれます。
なので上は1万円位まである様です。

私は今回1人5250円でお願いしました。サービス料・個室料はなしです。


rinn011.jpg

以前はテーブルに案内してもらいましたが、今回は2階の和室。本当は2組が入れるスペースではあるんですが,
お店の方のはからいで私達だけに。

本当広々としたお宅にお邪魔してるみたい。
窓から覗く眺めは、鎌倉でこそ味わえる新緑。


rinn016.jpg

四種前菜盛


rinn019.jpg
rinn022.jpg

焼金目鯛と竹の子の壺蒸スープ


rinn024.jpg

牛肉とマコモ茸の炒め物


rinn029.jpg

脱皮海老の唐揚げ薬味ソースかけ


rinn033.jpg

花切りイカと青豆のチリソース


rinn035.jpg

rinrinn037.jpg

2種から選択可 ウーロン茶冷麺 又は 煮豚炒飯


rinn039.jpg

沖縄ウコン入 黄梅肉まんじゅう


rinn041.jpg

凛林杏仁豆腐


外の景色と鳥の鳴き声がね。叔母さんがカセットテープじゃないの?って言う程。
中華から想像する脂ぽさはなく、精進料理と言う程さっぱりでもなく本当に中間。

花切りイカは下ごしらえがきちんとされてるのと質の良さがわかる柔らかさ。
丁寧な切れ込みがきちんとされてます。

壺蒸スープは絶品でしたね。これ。
染みわたるとはこの事。鯛の出汁がすーと入っていき、あまり感想を述べない父も「おいしい~」と口に出さずにはいられなかったみたい。

何より息子さんではない、息子さんぽい?方のお料理の説明がね、気持ちいい位聞かれた事にハキハキ答えてくれてね。
サービスのジャスミンティーも何回差し替えに来てくれた事か。



rinn051.jpg
rinn053.jpg

その後は散歩好きな母の提案で、暑すぎない天気だったので御一行様も賛同し、竹の庭や浄妙寺へ。

おいしいお料理をだす店は賑わっていて当然で、それは鎌倉も一緒。

でもここは家族だけで時間に追われる事無く過ごせる本当に特別なお店な気がしました。




東京都以外 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。