「 黒猫夜  クロネコヨル 」 (赤坂見附)

2009.02.22(16:31)
2009年2月19日(木)今日は昨年受けた花粉症のレーザー治療が見事に1年で効力をなくし、再び発症。。
これはまたお世話にならねば、銀座に行く前に途中下車をして、ずーっと行きたかった「黒猫夜」のランチに1人参戦。

赤坂見附駅から徒歩2分位です。

ne1039.jpg

ここは日本人の口にあう郷土の味、一見マニアックに思われがちですが、どの料理もおいしく、オリジナリティがあって、1度行ったら忘れられないお店。 過去記事  原産地酒蔵と直接契約しており、紹興酒好きにはたまらないお店でも。

雑居ビルの中にある隠れ家的なお店で、名前からして奇妙ですが、この空間とお料理は本当ここだけでしか味わえない貴重なお店。あえて13時過ぎに。

ne1040.jpg

ランチは週替わりの土鍋ごはんが1種類のみ。昼時は混みあって、食べられなければ途中下車した意味なし!と心配になり、11:30に確認の電話。

2コール位で速攻でた!13:15位までに来てもらえれば多分大丈夫なんではと。
ほー今週は豚の角煮土鍋御飯だ♪しかもこのサンプルすごい良くできてるよ。


ne017.jpg
ne1038.jpg

わかりにく作りですが、少し横に移動するとエレベーターがあるので3Fへ。
上見上げると看板も。カウンター内には黒い大きな中国酒の甕が並んでいます。丁度1回転した後かな。

サラリーマンが何組か。男性の1人客も。男性に人気ね。

ne1020.jpg

なんか不思議な気分。1種類しかないからオーダーもなし。

ホールの店員さんは1人しかいませんがすごいキビキビ。前に夜来た時も好感もてたな。
夜の予約の電話も入ってました。「金曜だと2時間30分でお願いしてるんですよー」と。


ne1025.jpg
ne1026.jpg

これは男性にはいいわ。スープはまぁ普通ですが、付属とは思えない、サラダの量が多い。
この写真より実物の方が多く感じそう。しかも色々入ってる。
かいわれ、山芋のスライスまでもが。何故か器が年季もので相当傷んでます・・・。


ne1031.jpg

来た来た。一人で食べるには、このテンションは高すぎる位。

だって角煮もさる事ながら、奥に皮付きの揚げたじゃが芋や人参がごろごろ。。
ブロッコリーもあって、お約束の煮卵!ご飯が見えないけどちゃんと入ってます。

お肉は小さめのカット、八角をほんのり利かせて好みの味。
しかも土鍋で炊いてるので下におこげが出来てるのもうれしー。

ne1037.jpg


食べ進めると土鍋にヒビが入ってた。使い込んである土鍋を真横から見てみると、かけてもいるし、まっ黒けっけ。

わざわざ電車賃かけてきて良かった!値段知らなかったけど、890円ですって!

会計後、男性店員に「夜もやってるんで是非来て下さい」と言われました。
「前に1度来ました!また必ず来ますね♪」と。

本当近いうち夜くるぞー。我が家ではBEST5に入るkon様も大好きなお店。



黒猫夜HPはこちら  夜行かれる方はくれぐれもクーポンと予約はお忘れなく!


赤坂見附 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

「 中国食酒坊 まつもと 」  (西荻窪)

2009.02.13(13:59)
2009年2月12日(木)今日はkon様と久々の夜ご飯散策。しかもジャンルが中華!最近家ご飯が多かったからなぁー。だんだん出歩くのがおっくうになってきました・・・て事で近場で開拓。西荻窪在住の料理評論家の山本益博氏推薦のお店。
シェフ1人、女性店員1人のお店。

ma0960.jpg

とても小さなお店です。2人席・4人席テーブルがそれぞれ2つ。それに小さなカウンターが2席。カウンターと言っても目の前が壁で一段高い所にお酒の瓶が並べられているのでやや閉鎖感はあるかな。家を出る前にテーブル席を予約し18:30に1番のり。駅正面の細い通りにひっそり佇む店。

ma0965.jpg

さすがに1人でやられてるので、あれもこれも選ぶほどメニューはないみたい。2人して黒酢酢豚は外せないよね~♪ビール好きのkon様は腸詰も気になる・・・・う~ん野菜系の品数が少ないのが残念。

ma0970.jpg

到着して1口食べたkon様、いきなり「ゴホッ・・・」とむせる・・・あらお客は私達しかいないから響いちゃって、シェフ悪い気しなかったかしら??やや酢強めですね。もう少し丸みがあってもいいかな。量は2人でもやや足りない位。その後、「酢豚なら、あの店がよかった・・」など軽い、討論会。

ma0975.jpg

腸詰。これはおいしい!白髪葱・パクチー・ピリ辛の薬味を全てのせると、いろんな食感と香りでうまいんだわ。普通冷めて出てくるんだよねーとほんのり温かい状態の腸詰がかなり気にいった様子のkon様。

ma0964.jpg

やはり本格中華では海老ものは外せません。。。やや王道ながら・・

ma0979.jpg

大海老のフリットマヨネーズソース。おお大きいのがゴロンときたよん。海老の大きさもさる事ながら、フリット部分もお店によって本当違うもの。ここのはなんだろ?軽い!サクサク。もったり感がないのと、マヨネーズも控えめなんで、飽きずに、バクバクいっちゃいました。5個って個数は罪よね・・

ma0966.jpg

このお店は炒飯に定評があるみたいなので、いっときました。アンチョビ入り2000円なんてのもあったけど、タラバ蟹をね。

ma0981.jpg

見るからに品のいい炒飯です。油っぽくなく、たしかにパラパラで上品。悪く言うと私には上品すぎて、塩気が薄い。ならば当然kon様の口には合わないだろう。蟹はきちんと確認出来る位あったんだけどね。あっさり系を好む方にはいいと思います。
もしくは何品ものコースの締めとかだとまだね。

ma0985.jpg

麺大好きの相方sanは当然ここで何か。香港汁そばってなぜか味の想像がついてしまうので、(香港でも食べたし)ここで食べる坦々麺はどんな感じかしら?と。これも胡麻の風味とかもっとガツンとほしかったねぇ。本当に普通で、これを食べにと意気込んで来るものではないな。

ma0987.jpg

デザートは3種。杏仁・仙草ゼリー愛玉ゼリーの中から。仙草ゼリーを頼むと、ランチで全て出てしまった様子。。ありゃ。「ないなら無理に頼まなくてもいいじゃん」と言われつつ、頼まないと気がすまない相方は、愛玉ゼリーを。メニューに(はちみつレモン)って書いてあったけど、確かに「はちみつレモン」味のゼリーと言う事で。。これ400円。

ma0990.jpg

その後、女性2人組と男性1人が来店。ここは驚く事にワインが充実してる様で、フル・ハーフボトル・赤・白とそれぞれメニュー(手書きのA4サイズの用紙)が4枚分ありました。
埋まってなければ1人でも十分入りやすいお店だと思います。

店内はシャンソンが流れてるのと、狭いながら小綺麗にされてるので、本格中華!と呼ぶには違う意味で想像を裏切ったお洒落感はあります。
ただ私達には、これを食べに来たいと思えるメニューがなかったかなぁ。

そういう意味では阿佐ヶ谷にある 地元では有名で真っ当なお料理はどれもおいしく、良心的値段で食べれる、「點(とむす)」と比べたくなる私。
もう何度も行ってますが、ブログでは1度も掲載してないので、次回は是非載せたいなぁ。

本日 ビール2杯含め 合計 7350円でした。
西荻窪 | トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]

 「ルグドゥノム ブション リヨネ 」 (神楽坂)

2009.02.04(23:59)
2009年2月4日(水)以前掲載の モンテアスル をご紹介して頂いた、私と同様おいしい物が大好きな、ワイン好きなお友達と平日ランチに神楽坂に行って参りました♪

実はここ3ヶ月前にお連れしたかったのですが、月曜の定休日とぶつかり、あえなく断念・・しかも私は去年から行きたいお店でずーと忘れられずにいた大本命。

K0902.jpg

東西線神楽坂駅でも、JR飯田橋駅でもOK。目指すは有名な「五十番」と言う中華まん屋さんの、すぐ脇の2階建て。

オーナーシェフのクリストフ・ポコ氏と言う方はリヨン出身。その為フランスから家具などを取り寄せてる様で、私は昨年この前を通りかかり、kon様にここ雰囲気よさそうだよ!と噂してたのです。

K0932.jpg

にしても、店名が覚えずらいのはどうかと思うよポコ氏。【ブション】て、リヨン独特のレストランの呼び名らしんですって。

12時からだとピークにぶつかりそうなので、13時に来店。
1階のど真ん中にらせん階段があり、2階に行けます。2階を確認すると、1階でお願いしますと・・・まぁ1階半分以上空いてたから仕方ないか。

K0906.jpg

店内に堅苦しさはなく、隣との席幅が狭いのは気になるものの、絵画とか照明の色だったり、不思議と肩肘張らずに食事が出来る空間に。
ワインメニューはボードで持ってきてくれるんですが、その縁が「真っ赤」なのはかわいかった。

ランチは平日が1850円・2850円・3850円の3種。1850円は平日のみです。

K0911.jpg

2850円・3850円だと前菜・主菜が各5種位から選択出来るので、2850円にしようとしましたが、料理によりプラス料金が発生するのもほんの少しあり、今回は1850円にする事に。

でもデザートがない!+600円でデザート付けれますとの事でそれで決定。
麻袋にたっぷりパン登場♪

K0934.jpg

麻袋のセンスたまりません。しかも完全に冷めたパンでここまでおいしいのも珍しい。
皮はほどほど、中はしっとり。そして2人分かと思う程たっぷりのサラダ?レンズ豆と、お野菜、じゃが芋を潰したものかな~をドレッシングで和えたもの。
パンにつけると、合う!甘ったるくないのは酸味の効いたドレッシング効果。

K0914.jpg

たっぷりのお野菜は見るからに新鮮。この3つだけで満足感がすでにある私。

K0921.jpg

メインは選べる程ありません。肉で1種。魚で1種のみです。これはお友達の方。
デカイのが2つ。骨を取った鶏肉をパン粉をつけ揚げたもの。
もの凄くお肉が蒸した様にしっとり柔らかく、マスタードが入ってたかな。
添えてあるじゃが芋もホクホク。

K0918.jpg

私のはお魚で、ほうぼう。ソースに中のエキスを使ってるって。甲殻系エキスをビンビン感じるソースで大好きな味。お野菜には長い葱の姿も。どちらも選択技ないものの外れなし♪

K0924.jpg

はいプラスで付けてもらったデザートは上の2つのコース全6種の中からどうぞと!
友達は 「りんごのオーブン焼き ローズマリーのテュイル バニラアイスクリーム」
ほんのりあったかい、りんごとアイスは最強ですな。人のなのに2口も頂いたわ♪

K0926.jpg

私のは 「クレームブリュレ ヴェルヴェンヌの香り ラズベリー」。
割ると上に溜まってるラズベリーの果汁が中に入っていって大人な味に変わります。
こういう少しずつの変化がどのお料理にも感じられて満足満足。

K0931.jpg

白い食器にはどれにもお店のロゴが印字されてるこだわり様は見逃せず。
まっ2450円(消費税別)のお会計で、やっぱり前菜・メインの選択技の多い2850円の方が良かったなぁと。

今回ので満足したから思う感想です。次に繋がる反省って事で前向きに。夜来る事を思えばその上でもいい位。

でも年末訪れた レストランハシモト よりこちらの方が好き。近い内にもう1度!

K0910.jpg
K0905.jpg

そしてずっと担当してくれた男性店員さん。
「お写真撮りましょうか?」と確か2回言ってくれたはず。
「食事だけ撮ってるので大丈夫です」とかなりあっさりお断りしたんだけど、よく考えたら、
「撮ってはだめ」と言われた事はあっても、「撮りましょうか?」なんて言って頂いたのは初めてで・・・・なんて親切な方だったのかしら。。とこれまた反省。

そう、ポコ氏を見たくて「シェフいるんですか?」と聞くと2階で新メニューの試作中らしい。一瞬通った様ですが、当然見逃し、それも次回のお楽しみでね!
その後は、お酒やデザートを買いつつお散歩して解散!
はぁ今日は楽しかったし、おいしかったわー♪



神楽坂 | トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード