スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「ラ・マティエール  La Matiere」 (神楽坂)

2008.07.28(23:11)
2008年7月24日(木)待ちにまったフレンチのご紹介。おいしいお店が潜む神楽坂界隈。

7月は私の誕生日であり、そのお祝いをkon様のご両親から頂きました♪

せっかくだから普段行かれない様なお店で、前から(1年位前)気になって仕方のなかったお店に行きたい。
1度偶然前を通った時はそれだけで興奮したし。

mati0051.jpg

じゃ来週位なら平日だし大丈夫だろうなんて気軽に電話したら、あら大変!すごい埋まり様なんですここ。
木曜で最短は・・6/28に電話して取れたの7/24。

まぁ「東京カレンダー旬の名店500」にも選ばれその中でも4ページに渡り紹介される特別待遇。13時でお願い。

mati0004.jpg

知ってたはずが迷いまして、7分程の遅刻。

入るなり、「遅くなりまして申し訳ありません」と迎えてくれたフロアの男性に言うと
「とんでもございません。お暑い中・・」となんとも恐縮する程の丁寧さ。

すごい女性客でいっぱいだ。しかも年配女性の団体8名程が、食事終了間際でもうひと盛り上がり。
でも以外に間隔が広く広々した清潔さ漂う店内で、それもまぁ気になる程でもなく、なんか微笑ましい。

mati0005.jpg

ランチは11:30~LO14:00。

メニューは2100円・2625円・3150円・4200円のプリティクス。

かなり小刻み。Aは前菜が選べず、スープに。CはBに+スープもつきます。

て事で、4つあるなら真ん中のB 2625円とC 3150円で。あっkon様はビールも。

mati0015.jpg

熱々のこのプティパンは温めたと言うよりは、まさに焼きたてに近い感じも受けるが、12時をメインに焼き上げたのかな?
やや硬くなっており残念。キメの細かい全粒粉の生地、手作り感は十分あります。

mati0019.jpg

まずは相方さん前菜。海の幸のタルタルサラダ・アンチョビ風味。
前菜はスープも含め5種から選択。

大きなダイス状にカットしたサーモン、きゅうり・帆立、トマト蛸などの魚介類をタルタルソースで和えたもの。
これすごい。惜しげもなく集められた魚介。きゅうりの歯ごたえもよく、全く飽きることなく完食。


mati0023.jpg

kon様前菜はラタトゥイユと江戸前穴子のフリット・生姜とレモンの香り。

熱々なのでとホールの女性が言ってたが、そこまで熱くないか。量はあるんですが、あくまで前菜。
もたれないのは下のラタトゥイユとアクセントの生姜のおかげ。

mati0028.jpg

次はCメニューの方のみの、とうもろこしのスープです。これは1人で正解。

スープは1種のみなんで少し頂ければ十分です。量はあるけど、なんとも上品。
ひんやりと喉を潤してくれます。もちろんお皿も冷やして出てきます。

mati0030.jpg

メインは、定番の鴨肉コンフィ・ホホ肉の赤ワイン煮込み含む6種。
相方は「築地市場より本日の魚料理」に。
仕入れに自ら築地へ赴き、選んだお魚だけを提供する、だから「本日のお魚料理」のみ。

今日は真鯛。焼き加減最高ー。野菜もカリフラワー・ヤングコーンなど。

mati0035.jpg

kon様メイン、塩漬け豚バラ肉の網焼きシェリーヴィィネガー風味。
お肉は噛んで味がある肉、風味とグラデーションが楽しめる厚さで4センチ程と池田シェフの談。
全然脂っこくないよ。これ食べれてよかったぁ。

mati0045.jpg

デザートも選ぶ事はできませんので、同じもの。

下は控えめなココナッツ風味。パッションフルーツのソルベの酸味がいいわー。
ミルクプリンも全く甘くなく、上の生のパイナップルもまた口を爽やかに。


mati0046.jpg


最後まで本当に気持ちよくお食事させてもらいました。

特にフロアのサービスの男性。あの時間帯でもほぼ一人でこなし、そのサービスが優雅なの。
ジェントルマンというか。ここはサービス料が10%取られますが、納得です。
パンのお代わりも、お水も、よく気を配って頂きました。


mati0038.jpg mati0040.jpg

店内はインテリアらしきものは皆排除してる位シンプル。
ここまで徹底されてるのも珍しい。音楽も含め、サービス、料理、このお値段以上の満足感が得られた気が。
料理の質も高く、お野菜もふんだんに使われ、量でも満たされるなんて。

レジには何度か紹介してきた「ルデッサン」「ラミティエ」のショップカードが。
聞くとお友達なんだそう。このお店は上の両方のいい所をとってる印象。


mati0052.jpg


1番上の写真に戻って頂き、左からお客さんは出入りします。
で帰る際、「出ると隣のドアからシェフが挨拶しますから」と言われました。
本当だ。右のドアが開き池田シェフが挨拶して見送ってくれました。

あんまり暑いので神楽坂の町をモノクロ写真で締めくくりまーす。

B2500円+C3000円+ビール600円×2+サービス料670円+Taxe368円=7738円。



スポンサーサイト
神楽坂 | トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]

「GORIZO」 (西荻窪)

2008.07.20(22:08)
2008年7月17日(木)またまた素敵なお店を発見致しました!て言うかアクセスが3万件突破してるではないですかぁ~。うれしいぃ。そのお祝いにふさわしいイタリアンの紹介です。西荻窪駅北口より5分位にある小さな小さなイタリアン。男性・女性の2名で2007年5月OPENの新しめなお店。
こういうお店に私は常連になりたいと思えたので、次回はディナーのご紹介を近いうちに。

gori0059.jpg

2人でやってる訳ですが、お店が狭っ。入り口に立ったら、中を一瞬にして見渡せました。2人掛けテーブル3つ(この日はテーブル満席)とカウンターのみ。13時と考えたら混んでるのかな。

gori0036.jpg

しかもこのお店よくある冷房ガンガンとは無縁です。暑がりの方には敬遠されそうですが、ドアが全開です。でも、もともとイタリアなどはそういう雰囲気の中食事するので、私はむしろ大好きですね。

gori0025.jpg

メニューはパスタが3種からで1200円。メインセットは1400円で1種のみ。共にパン・サラダ・珈琲or紅茶がつきます。ややバリエーションが少ないですが、夜はそれなりにありそうなので、ご安心。もし欲を言えばこの価格は安くないので、小さいデザートでもあればより満足感はあるんだけどな。

gori0030.jpg

こういうコップ1つでも私のツボでした。こういうのは女性が担当してるのかと勝手に想像してましたが、まさかシェフの方だったらギャップありすぎ。

gori0027.jpg

カウンター席の真上に夜のメニューが書かれてました。ここさすが西荻庶民の町。全体的にリーズナボーです。前菜が1000円前後・パスタ1400円前後・メイン2000円前後なのでやっぱり夜来よう!
しかもライムレモンチェロがあるではないですか!これ昨年南イタリアで試飲したなぁ。ソーダ割りなら私でも飲めるかも。。。

gori0026.jpg

さてさて問題のご主人てかシェフです。そもそも店名がカナで読むと「ゴリゾー」なんです。これ1番引っかかってます私。でも拝見してああーあなたがゴリゾーねと何とも失礼な感想が多分ビンゴなんでしょう。だってゴリっぽいんだもん。kon様は、いい男じゃないって言ってたけど。しかもこの後ろ姿、ラーメン屋ではありません。イタリアンのシェフです(笑)

gori0038.jpg

サラダ。たいてい添えた位の量で出す所が多い中、これ1人前です。塩気の効いたハムとここのパン。フランスパン程堅くもなく、ほんのり温めてあり、割りやすい様に真ん中を途中までカットしてある心遣い。ここまででも私的に合格です。

gori0047.jpg

kon様オーダー。ペンネゴルゴンゾーラです。シンプルなお料理ですが、うまーい。この歯ごたえと
濃いー感じがたまりません。パンによく合うんだなこのソースが。

gori0051.jpg

小松菜とアンチョビのスパゲティ。ややオリーブ強めな気もしましたが、野菜のシャキシャキ感が残ってて、ニンニクも控えめで女性にはいいですね。

gori0056.jpg gori0032.jpg

うーん。インテリアかわいい。私たちの目の前には、書店でとっても売れている、血液型の本、「A型自分の説明書」の本も飾られていて、その1つ1つにセンスと手作り感を感じる店内。ワインのコルクも手を加えて飾ってあったりしてね。

gori0055.jpg

さて珈琲と紅茶を頼んで終了。本当はデザートが400円であったんですが、それは夜のためにとっておこうと珍しく我慢しちゃいました。


gori0041.jpg

くわしい事はわかりませんが、1年経ってこの味なら、近隣の主婦層からご支持を得ていそうなんだよなー。西荻ってパン屋さんも含めてひっそり賑わっている店が多すぎです。吉祥寺みたいに露出度お高くないから探し出した時の喜びがある町でより発掘心が燃えました。

gori0042.jpg

イキでしょ。「やってまっせ」やっぱ元ラーメン屋出身なのかしら?。この発想が男性で、それを形として見せてるのが女性の方だったら、なんという息の合った連携なのかしらと。
おー見える見える。1番奥の席までが、本当にこれだけです。
次回は顔を覚えてもらう所から始めていこうかな
まぁこんな感じなので夜は要予約ですね。GORIZO~おいしかったです♪
西荻窪 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

「たつみや」 (神楽坂)

2008.07.13(19:16)
2008年7月10日(木)今日は暑いので鰻。鰻って二人で行くの初めてかも。大好きなのに。

今回は以前テレビで服部幸應氏が「おいしぃ~」と満面の笑みでここの鰻を紹介したのを見てから、忘れられずに訪問決定。

たつみ0020


昭和23年創業。神楽坂 本多横丁にある老舗。
飯田橋から神楽坂のメインストリートを上がって、肉まんで有名な 「 五十番 」 の角を右に曲がってスグ左手。

店主がジョンレノンとオノヨーコがお忍びで足を運んだともテレビで言っていた。

たつみ0001

13:30に到着すると客は私達だけ。

雰囲気はテレビや壁などから、歴史ある感じ。

あー以外と人気ないのかなぁーと思ってると、女性店員はチラっと見たけど、何も言葉を発しない。

どこに座ればいいんだろ・・自分で「ここいいですか?」と確認しつつ。
うーん。愛想のいいおばちゃんはいないのか!と二人して無言になったぁ。

たつみ0003

この後すぐに3人組来店。

観察してると、この女性本当に何も言わないの。
むしろ怒ってるのかと心配になる位。

お茶を出し、注文を受けた際、○○ですね、ハイ・・位必要最小限のやりとり。
バイトじゃなさそうだし、一人で看板娘にしては接客に不向きすぎ。

たつみ0002

次に一人の女性が。
何も言われないので、しばし立ってました。
この女性は帰ってまだ片してないテーブルに座ろうと、自分から「ここいい?」と確認し片してもらってました。

「かなり前にもこちらのお店に寄った事があるんですよ・・」と店員に話しかけたけど、「あっそうですか、有難うございます」と盛り上がらず終了。

見てるこっちが気の毒になったわ。

たつみ0004


うな重は3段階あって、私は1600円・kon様は2000円で。20分位待って色の違うお重で。

たつみ0010

フタを開けてみて、「うわぁー」ってのを想像してたけど、見事に違かった。

しょぼい。まぁ1600円だししょうがないかと。
ご飯の堅さは丁度よかったけど、肝心の鰻はふわふわでもなく、甘めでもなくどちらかと言えば、すっきりした醤油系のたれ。

たつみ0012


2000円の方が気持ち下の鰻が大きいのね。
鰻はあれだったが、肝吸いはかなりおいしかったぁ。

ここに本当にジョンは来たのねぇ・・と思うが昔はもっと鰻もふくよかだったのかしら?

最後は「有難うございました」と言ってもらえたが、結局「いらっしゃいませ。こちらへどうぞ」的なものを拝見せず、なんとも後味の悪い食事でした。

神楽坂 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

「 礼 華 」 (新宿御苑)

2008.07.04(23:52)
2008年7月3日(木)最近ディナーあまり載せてないなぁ。何故なら木曜夜は「ラストフレンズ」と言うドラマにハマリまくって夜は自宅にこもっておりました。そして本日は、このお店のすぐ近くにある「古月」に行きたかったんですが、狭い店内満席で、猛ダッシュでこちらに移動。レイカと書いてライカと読みます。
ここのシェフはトゥーランドットや筑紫楼で修行されてから独立された方で乙武さんも訪れる、常に満員御礼なお店なのです。12時。やや待ちです。

らい0015

このお店はブログを始めるだいぶ前に(3年前位)相方さんの母上が発見し、3人で5000円のコースランチをしたんですが、機会があればまた行きたいと思ってました。この待ちの方の後ろは、テラスのテーブルですが、この日はとにかく風が強く、店内を希望して待たせてもらう事に。

0016

左は少しずつ付くランチA・Bが各1000円。Cが1500円でA~Cを2品選んだ「礼華御膳」は2000円です。
私はBのマーボー豆腐・Cの海老チリを組み合わせてもちろん「礼華御膳」で。
kon様は右の、麺&飯より8番目の「蟹肉とフカヒレのスープあんかけご飯」に決定。

0003

おーきたきた御膳。もの凄く品がいいです。量ではなく見た目のバランスがとても食欲をそそります。ここは脂っこい中華とは無縁で、店内もモダンでデートにも使える中華です。この手前のスープの豆腐ですら、綺麗に1cm角位で切られてるんです。ご飯の堅さも丁度いい。

0004

左のエビチリ絶品ですね。私はたまーにエビチリを作る際は、陳建一のレシピを参考にするんですが、それに近い、卵が全体にまんべんなく膜を張った様にコーティングされ、まろやかなんですが、海老を食べるとプリッとしてあとで辛さがくる感じ。ど真ん中でしたぁ!マーボーは想像通り、山椒が効いてましたが、もっとガツンとくる感じでもよかったなぁ。まぁどちらにしても、良いご飯の友です♪


0008

蟹肉とフカヒレのスープあんかけご飯登場。麺でも選択可です。kon様「これご飯見えないんじゃない??」と言ってる位上のあん、大量です。どんぶりもけっこうな深さでした。
筑紫楼と言えば、ふかひれですからこれ頼まないとねぇ。5000円のランチにはたしか、ふかひれの姿煮がコースに入ってたんだよなぁ。こちらも相当細かいふかひれさんウヨウヨ見えますわ。

0009

念のためドアップ。ここは本当味も品がいいんだわ。細かい白菜もたくさん入ってました。
うーん優しいお味だぁ。でも多分一人で来て、これ全部食べたらけっこうな量で飽きそうな。
御膳と途中チェンジしつつ両方食べると、とってもいいバランスだったのよね。

0014


最後は御膳の方につく杏仁。単品だと300円です。隣のOLさんが1500円のエビチリランチしてて、杏仁豆腐食べてる時「私、杏仁あんまり得意じゃないんだけど、これ杏仁の香りがあまりしないから良かった~」って。嫌な予感。うんミルクプリンみたいで全然私の好みじゃなかった。残念。
杏仁と言えば阿佐ヶ谷にある「トムス」が1番かなぁ。「トムス」は爆笑問題の田中さんがお気に入りらしんですよね。私は遭遇した事ないけど、何食べてもおいしいからまた行ってみよっ。

本日は 御膳2000円+蟹肉とフカヒレのスープあんかけご飯1500円 で3500円でした!
新宿御苑 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。