「 Cafe ももちどり 」 (参宮橋)

2008.04.20(00:14)
2008年4月17日(木)今日は2つの楽しみのある日でした。まず1つがこちらのcafe。いつか行こうと思って半年位行動に移さない事もあれば、行きたくて行きたくて・・って衝動に駆られるお店がある。「ももちどり」はまさに後者でした。11:30のOPENと同時にお店に。自分の中では久々に人に教えたくないお店なので、道順は伏せておこうかな。あっ駅は参宮橋です。

momo0295.jpg

幅で言ったら1M位しかない様なドア。でも参宮橋には意外とそんな穴場物件が眠っているのかな。立地がいいから人が入るとは限らないし、ここもわかりやすいが、知らないと通りすぎてしまう、でも1度来た人は、誰かに教えたくて仕方がなくなる。OPEN1年足らずで、すぐ満席になるのは素敵なcafeである証明かも。

momo0292.jpg

このメニューは席で出されるものと同じです。左がドリンクメニューです。

momo0296.jpg

もうこの辺から上に上がると・・とワクワクさせてくれますね。ほんわかした光がうっすら差し込んでました。

momo0297.jpg

momo0302.jpg

私たちが1番乗りかと思いきや、1人の女性客が既にいらっしゃいました。席は2人用テーブル×3と、4人(写真上))テーブルが1つ。3人位が座れるカウンター(写真下)。全席で13席といった所かな。この日もすぐ満席。kon様男性1人でした。

momo0307.jpg

古く年季の入った使い込まれたテーブルやイス。
フォークやお水の入ったコップは、使う人の立場になって考えられ、とっても軽いんです。ここは1つ1つがイチイチつぼです。どれをとってもオーナーのセンスが注がれていて、器がまた素敵なんだわぁ。
器は作家さんの物が展示もしてありました。ここは撮影不可です。

お食事のセット ~ サラダとバターミルクパンケーキ 青豆とブロッコリーのポタージュ付き 1100円

momo0309.jpg

お食事系は11:30~なくなり次第終了と書かれてますので、食べたい方はお早めに。
ルッコラ・じゃが芋・ベーコンなど。写真でわかりますかね。この野菜の新鮮さ。葉っぱなんかバリバリいいそうな位。八百屋ではお目にかかれないレベル。なんだろこれは。ドレッシングは忘れたのかな?かかってない気がした。でも野菜自体があまりにもおいしく感動したので、ドレッシングなんかいらなかった。

パンケーキは水分を保って、ふわっとしてるんです。ふわふわでも、もっちりでもなく。すごく手作り感が感じられました。はちみつと、メープルが添えられます。
残念ながら飲み物は別料金。お食事の方に限り、珈琲・セイロンティが+200円で。
アルコールは150円引きです。私は珈琲で。


お食事のセット ~ チェダーチーズパンケーキ 青豆とブロッコリーのポタージュ付き 1100円

momo0311.jpg

こちらは胚芽粉使用らしいです。野菜のトマト煮はひんやりしてておいしかったぁ。なんかプリプリのあらびきソーセージって、子供の時でも食パンの横に添えられてると、うれしかったのを覚えてるけど、、目で見てもおいしさが伝わるプレートだわ。このチーズの量。パンケーキ見えません。胡椒がが効いてる。ほとんどkon様がビールとともに完食。
2人で行ったら、これは頼ぶべき1品です。あっ最初のお客さんはこれ+下の甘物もすぐいってましたから!恐るべしパンケーキマニアとみた♪

甘いパンケーキ ~ 自家製塩バターキャラメルのパンケーキ 生クリーム添え800円

momo0320.jpg

以前パンケーキデイズに行きましたが、まったくの別物ですね。あれはどのバイトさんがやっても同じレベルで焼く事が出来るカラクリがあるんではないかと今更思ってしまう、不自然な表面ツルツル。ここのは熟練の技?バターキャラメルと言ってもけっして甘すぎない。2人して食べずには帰れない心境で甘物突入。注文が重なりオーナーに、時間かかりますが、と言われましたが案外早かったなぁ。で食べるのも3分位?まぁ次の予定が迫ってたのでね。しかしこのアングルなってない・・失敗。。。
はぁでもうまかったなぁこれは。食べてよかった。

momo0301.jpg momo0316.jpg
momo0321.jpg momo0298.jpg

さりげなく飾られてるオブジェは、素敵に演出。白い壁によく合ってます。
そう材料にこだわった「塩バターキャラメル」はビン詰めで(左下)販売もしております。

momo0304.jpg

意外にメニューが少なかったのが残念。3時~の林檎のプチパンケーキなんてのもあるみたい。
おやつメニューにある「マチルダさんの・・・・・」マチルダさんとは参宮橋駅と、ももちどりの中間にあるケーキ屋さんです。ガラガラって戸の団子でも売ってそうなレトロなお店。ここも手作り感を大事にする人気のケーキ屋さん。私は1度、2個買って近くの公園で一人で食べた過去が。リピする程ではなかったかな。

momo0291.jpg

この「cafeももちどり」はトータル的に大好きです。欲を言えば、メニューをもう少し増やしてほしいのと、飲み物別はまぁ仕方ないのかな。オーナーと女性スタッフの2人でしてる割に、出てくる時間も気にならないし。忙しそうな顔はしてたけど、意外に早い!あっでも注文を受けてから焼いてますからね。器・スープ・サラダ等どれ1つ手を抜いてない所に志の高さを感じました。
コーヒーも注文を受けて豆を挽き、コーノ式のドリッパーでていねいに淹れますと。
今日の私たちは慌しかったなぁ。

momo0322.jpg

何故急いでいたかと言うと、13時までに新宿ルミネに行かなければだったの。そう待ちに待ったルミネtheよしもとライブ♪最近お疲れのkon様にささやかな笑いをね。
んで・・1ヶ月以上前に手配したこのチケ。(8列目)すごいんです。メンバーが。
登場した順に。あっこの日の出来も(数字で得点)評価しちゃうか。

ハリセンボン  ⑤期待してたんだけどなーサンボマスターじゃねぇよ!には笑えたが・・
オリラジ     ⑦ 好きじゃなかったが、ネタはおもしろい。わかりやすいしグー。
ロバート     ⑤秋山がいい味出してた~。 でも秋山しかって感じかな。
タカトシ     ⑩ 文句なし。笑いが途切れません。アドリブさえおもしろい。
インパルス   ③ 先が読めてしまって笑えない事に見てて息苦しさを覚えました。
キングコング  ⑥M-1見てるみたい。作り込み&スピード系.。テンポ早いなぁ。
三瓶とほんこんその他大勢の喜劇? ほんこんが和むんだ。楽しかった~。
 
参宮橋 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

「東京バルバリ」 (京橋)

2008.04.11(10:07)
2008年4月3日(木)先日アップしたイデミスギノのお会計後、向かった先は「東京バルバリ」。昭和通りと鍛冶橋通りの交差点宝町駅近くの路地にあり、イデミから徒歩2分位の所にあります。
昨年の6月以来の再訪でした。この店はわたくし、kon様!の総合ベスト5に入るくらいのお気に入り。前回はディナーでしたが今回は初ランチ。果たして?
bonn0443.jpg

ここはお店の1階。夜は賑わっているのですが、どうやらランチは2階のみ。それを知らなかった私と相方さんは外から中を覗き込んでは「今日休みなんじゃない?」とお店の前でウロウロ。しばらくして一人の人が迷うことなく店内に入り、2階に上がるのを見て、ようやく我々も店の中へ。外で10分から15分無駄な時間を過ごしました(苦笑)

bonn0421.jpg

2階に上がると店内は昭和モダン的な感じ。どこか昔の食堂を思わせるこの雰囲気。肩肘を張ることなくくつろいで食事ができるので大好きです。ガランとしてますが、この後食べ盛りのサラリーマンで瞬く間に満席になります。

bonn0423.jpg

席に着くとランチメニューが置かれておりここから選ぶ形になります。写真の右の方に写っているように各テーブルに冷たいお茶がポットで置いてあり、とても便利。さて何を選びましょうか?

bonn0424.jpg

ネットで調べたところ人気があったのが「炭火焼き親子丼」「塩ダレ親子丼」。まあそれもこのお店は鳥料理が本来は主たるところなので納得です。他のメニューも見てもらえればわかるように800円から1000円といたって普通なのですが、後でこれがいかにリーズナブルなのかわかるのです。

「塩ダレ親子丼900円」
bonn0431.jpg

このメニュー、後で隣に来られたサラリーマン2人組も確認してましたが、既に売り切れ。私たちが頼んだのは12時前。なんてこった。夜来ておいしいのはわかってましたので他の方の注文も見てましたが、「和牛スジ煮込み定食」が人気でしたね。その量もすごい!超コラーゲンだぁ。大盛は100円増しですが、これがちょっとした植木鉢?並。大丈夫かよ?こんな昔から量あったっけ?と話してました。おっ。そんなに待つことなく運ばれてきましたよ。

bonn0437.jpg

この定食には、冷奴、漬物、サラダ、味噌汁、温泉卵がついて来ます。ジューシーな肉厚の鶏肉は意外にもあっさり。初めて食べた塩ベースなんで飽きずに食べられます。下のご飯もかなりの量。
いやぁ~失敗!!相方はそのうまさにどんどん食べ進めていきましたが、最後に残った温泉卵・・・・
これ、かけるんじゃない?ドヒャー。うまさ半減したよぉ。。これを後で一気飲みしてました。
そっかこれ親子丼だったのね。。。。

「リゾットチャーハン」1000円
bonn0428.jpg

さすがのkon様!も大好きなバルバリの初ランチで、多少どれにするか迷いましたが、最終的には「またいつでも来れる」という事で、どんな物が運ばれてくるか想像できなかった「リゾットチャーハン」を選択。で、結果は大正解。柔らかいお肉がゴロゴロ、キノコ(舞茸もでかい)のゴロゴロでめちゃウマ。お米もチャーハンほどパサパサしてないし、リゾットほどネバネバでなくその中間といった所でしょうか。味は濃い目。写真からはわかりにくいですがとにかく量も半端じゃない。隣のサラリーマンからも、「オォー」と小さな歓声が上がってました。

bonn0438.jpg

こちらは添えられてた野菜スープ。ランチにありがちな”とりあえず”的なものでなく、ご覧のとおりに野菜もが溢れんばかり。スープより明らかに具の量が多い!薄味でしたが、リゾットチャーハンの濃い味の合間にこちらを飲むとちょうどイイ感じ。お腹いっぱいになりました。

bonn0440.jpg

今回はランチでしたが夜は何て言ったらいいのでしょうか…。和風&イタリアン&フレンチ系創作料理?お酒もご覧のようにあり、とにかく定番料理よりは珍しくておいしい創作料理にチャレンジしたいという方には超、超おススメ。二人ともお腹が一杯になりながら店を出た時には「また来よう!」となったぐらい、こういう店は探してもなかなかない貴重な店。


bonn0442.jpg

外観や内装から想像する居酒屋とは全く別の次元と言っても言いすぎでない程、全てのメニューのレベルが高く、何食べても美味い!帝国ホテル出身シェフの居酒屋。特に夜メニューのシェフ自慢の肉料理は各地の厳選した肉にこだわる程。メニューの幅も広く、大人数で通って制覇したくなる魅力的なお店。それは最後のデザートにまで現れており、ランチに来て頂ければ、それがわかるんじゃないかな?お越しになりたい方は12時までに入らないと、どんどんメニューが売り切れ続出となるので要注意です。
ちなみに私達が店を出た12:45には「炭火焼親子丼」「塩ダレ親子丼」「リゾットチャーハン」の3つが売り切れに。次は「和牛スジ煮込み」か「黒豚トロロ丼」も想像出来ないから気になるところだなぁ。
京橋 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

「HIDEMI SUGINO イデミ スギノ」 (京橋)

2008.04.04(21:19)
2008年4月3日(木)久々の更新は満を持してと言うか、2年間待ったこちらのお店。スイーツ好きの方にはたまらないお店。このお店世界的に認められたお店なんですよね。お名前はヒデミでなくってイデミです。京橋駅から2分位の裏通りと言うんでしょうか?ひっそりとした所にお店を構えてます。セレクトショップぽく洗練された外観。1度以前に、前を偶然通りかかった事もあるので、足取りも軽い♪

idemi418.jpg

知ったきっかけは母からの電話。2006年1月24日NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」と言う番組でこちらのシェフが取り上げられ、それを見た母から即電話があり、このお店のケーキが食べたい!で、私に、行けそうなら行ってみて!とかなり興奮状態。こういう母もあまり見ないので、調べた所、放送以来開店前から行列ですごい事になっており、商品も正午には売り切れると、その異常現象は根強く、今なお続いてたんですよね。

idemi0420.jpg

辛抱強く待つこと2年。kon様がこの相方母から「バレンタインーデー」に、ゴディバのチョコを貰ったお返しに是非ここの焼き菓子をお返しで贈ってあげようよ♪、(まぁ日にちは過ぎていたが)と私の提案で了承。休日とは思えぬAM10:30に到着。ほっ行列がない!ちなみに開店は10時です。

idemi0447.jpg

まぁ大量生産できない生菓子なのと、来客数の多さから個数が決められております。1人6個ならわりと良心的ね。こちらは奥で頂く事もでき、そのスペースは思った以上に広々ゆったりしてました。ただイートイン専用と札のある商品の中からでないとダメなんです。

idemi0416.jpg

思ってた以上に商品はありました。ただ次から次と客足は途絶えません。コンスタントにこれだけ入ってれば間違いなく商品はなくなっていくだろうと、先に焼き菓子を選んでいた私たちはヒヤヒヤ。
商品によっては11時or12時に陳列されるものもある様です。

idemi0412.jpg

お店自体も無駄がなく、高級感さえ漂い店内に入るととても優雅な気持ちになります。そこにきて、このショーケースのケーキ。1つ1つが丁寧に作られたのが見てとれました。どれも輝きまくってます。
お値段は580円が多いかな。一部、600円・700円台も。

idemi0413.jpg

アンブロワジー 「神々の食べ物」 グランプリだから許される?興味深いタイトルがつけられたこちら。
740円 (写真左から3番目)
1991年フランスでのワールドカップグランプリ受賞作品。
1991年の「クープ・ド・モンド・ラ・パティスリー」(フランスのリヨンにて2年に一度開催されるパティシエのワールドカップ)で3人一組で出場し、グランプリを受賞した作品!!!
その中心的メンバーが杉野英実氏の様です。イートインのみの限定です
チョコレートの艶がキレイ。ショーケースから見てもまさに芸術品。

idemi0414.jpg

すごい!イデミ スギノは紅茶まで出してしまうのか!まぁここまで来て紅茶を買い求めてる方はめったにいないと思うんですが。紅茶と焼き菓子の詰め合わせのセットも並んでました。これらだと発送もしてくれる様です。

idemi0411.jpg

こちら焼き菓子。10種類位でしょうか?大混雑でケーキを購入出来なかった方々は焼き菓子を買って帰った・・なんてコメントも以前ちらほら読んだ事がありましたが、贈り物にはいいかも。ただこちらもけっこうお高め。1個260円~300円が中心。

idemi0415.jpg

今回は11点購入しましたぁ。母に詰め合わせで7個。自宅用に4個です。このものすごい長~い名前のついたやつ、おいしかったです。3口位で食べれるお上品サイズ。表面には粉糖がまぶしてあり、中の生姜が絶妙のああ入ってるのね~程度でそのバランスがとってもいい。

idemi0446.jpg

お会計をし、ランチをしてくる為、13時に戻る事を告げ、取り置きしてもらいました。私達が購入した時間は10:50です。でお目当てのランチを済ませ、12:45位でしょうか?戻ってみると・・・・
この時も女性客が3人程。「う~ん。ここから選ぶのね・・」と言った表情。選択技なし状態。
まぁ、たい焼きじゃないから、ポンポン出てくるとは思わないが、夕方までどんな営業をするんだろう。
ケーキがないからイートインスペースもガラガラ。店員さん4人位いたよなぁ。

idemi0471.jpg

エベレスト 580円  

フランス産生チーズのムースの中から割ると赤いベリーのソースが入っており、酸味をプラスする事で全体の甘みを抑えています。
表面は生クリームで。とても上品で万人に受ける味に仕上がってる印象ですが
悪く言うと、あまり印象にも残らず。こちらは本日12時に出てくると言ってたのでお取り置きで。

idemi0468.jpg

ラルム 580円 

マロン主体のケーキです。
栗入りのマロンムースです。その下には細かく砕かれた栗が。
上にのっている栗はすごく洋酒が効いていて好みでした。
トップの栗の下に黒く見えてるのはのびそうな、どろ~んとした濃厚なチョコレートソース。
柔らかムースを引き締めている印象。
これは1番??可でも不可でもなく・・・あっという間に平らげました。

idemi0462.jpg

アンブルノワ 580円

チョコレートとクルミの生地に、チョコレートのクリームを重ねた「アンブルノワ」。
カラメリゼしたクルミが混ぜてあってこの食感が、このケーキの最大の魅力かも。
クリームはとってもまろやかな舌触り。ショーケースの中では控えめな印象でしたが、なぜかこういうものに惹かれて購入。全体としては、そこまでの自己主張もないんですが、縦にフォークを入れるんではなく、横にもいって味わっておきたい、そんな深い大人向けなケーキでした。購入した中では2番目に好きだな。

idemi0458.jpg

タルトレット オ キャラメル 580円

イデミの最後の1品。ここまでピンとくるものがなかったのですが、最後に感動!
これはケーキではないですね。タルトです。
もともとタルトは甘さが残るので、手は出さないんですが、これ抜群にうまい!
ほろ苦いキャラメルクリームで、がっちり固め、ドライフルーツやピスタチオ、ナッツがぎっしり詰まったタルト。
ドライフルーツのカットが大きい分、酸味が前面に出て、ケーキと思えぬ程のキャラメルの苦味!
この苦味こそがイデミの主張だと感じました。ナッツ類のざっくりした食感とを1つで味わうとうまいわ~。
すごく薄くもあるんだけど、その中においしいものを閉じ込めた感じ。これは大人の食べ物です。
上には生クリームにシナモンがかけられ、これも好みですが、すくって下のタルトを食べてと、なんかどうしたらいいかわからなくなった。一緒に食べるのは難しいかも。

idemi0450.jpg

母に贈るギフト用。念願叶ってたどり着いたよ、母ちゃん!って感じかしら?まぁ早起きはしましたが、苦労はしないで、ケーキも焼き菓子も買えてよかったよー。焼き菓子の賞味期限は7日位あります。

idemi0487.jpg

焼き菓子自宅用。ふわふわではなく、ここのはもっちり、しっとりしてます。
甘さ控えめで、上等な深い味。アールグレイが飲みたくなる。ただこの値段出すんなら、私はケーキ派かなぁ。
ご親切に「個性を生かすため、リキュール・ワインなどのお酒を使用してるものがございますので、お酒の弱いお客様はご注意下さい」との注意書きが。
タルトレット オ キャラメル なんてまさにその代表作でしょう。kon様もこれはもう1個食べたいと。


自由が丘にある『Paris S'eveille(パリセヴェイユ)』にはHIDEMI SUGINOで修行したシェフのケーキが食べられます。私たちは、数年前、リストランテ マッケローニでランチした後、イートインで食べた事がありましたが、ここでも十分なのかな?ケーキのおいしさの基準って難しい。。
本日はケーキ屋さんとは思えぬ、5940円の支払いでした!
京橋 | トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード