「インド料理 オールド・デリー」 (銀座)

2008.03.20(12:58)
2008年3月14日(金)お友達と銀座ブラブラ夜編です。この日は途中からものすごい雨。ブーツもびっしょり・・。あまり歩きたくもないしと。東京メトロ、銀座一丁目駅すぐのメルサ4階にある「オールドデリー」。 正直あまり期待していなかったんですが結論から言うとこの店相当うまかったぁ~。

ani0327.jpg

やはり、三越、松屋、プランタンなどに押され気味か、ビル自体どことなく閑散としていて、これはレストラン街もかなり空いてるかしら~と。あがってみると、飲食店が3店しかない、なんかやる気なし。

ani0326.jpg

店内に入ると、やっぱりお客さんもまばら・・。ここは男性のインド人の方自ら料理を運んだりしてくれます。しかも落ち着いた店内で清潔感ある広々。一人でも行ける様に大きいテーブルもあります。

ani0325.jpg

レディースセット 2,080円 

●カレー2種セット(カレーメニューより2種類選択)  
●ナン
●サラダ
●フルーツライタ (フルーツ入りヨーグルト)

キーマカレー
挽肉は鶏肉を使用との事。ドライタイプではなく、ルーの味もしっかり味わえるカレー。こちらは後からピリッとする辛味がきます。

パラクパニール
インドのカッテージチーズが入ったホウレン草の緑色のカレー。カッテージチーズは無味無臭です。

こちらはメニューから好きなものを2種チョイスできる友達が選んだもの。カレー1つがけっこうな量なんですよ。見るからにナンがあまる。ほうれん草の中にはコロンとした柔らかいチーズがいくつか。

ani0324.jpg

春のレディースセット 2080円

●トマト風味マイルドエビカレー&白いチキンカレー      
●ナン 
●サラダ       
●フルーツライタ (フルーツ入りヨーグルト)

私が選んだ方は最初からこの2つのカレーで決まったメニュー。どちらも惹かれたんで意義なし!
左のエビカレー絶品!!魚介のエキスたっぷりでホテルのコースでスープを頂いてる様なとても贅沢な1品。プリップリのエビが入ってトマト風味のクリーミーでマイルドで、本当に心の底からうまっと思えた品だった。【 シュリンプバターマサラ】と言う名前でランチの月・水・金・土にも登場します。



白いチキンのマイルド、大きめのチキンがいくつか入ってます。パクチーがいいアクセントに。これは普通かな。

久々においしくてジタバタした気がする。二人でしばらく、おいしいおいしい連発でしたから。
しかもあまり期待していなかっただけに予想外に大騒ぎ。
ここのナンは私が食べた中では(そんなには行ってませんが・・)間違いなくNO1ですね。
大きさもそうですが、端っこまでもちもち感が行きわたり、よくある空洞などもなく、パリパリでごまかしてない所がいい。先々月夜恵比寿のサムラートに行きましたが、断然こちらの方をオススメします。
ぐるなびクーポン出してチャイを頂きました。今度はタンドリーに挑戦しよっと。


銀座 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]

「アニエス カフェ」 (銀座)

2008.03.16(21:14)
2008年3月14日(金)今日はホワイトデーです!そして今日は友達と、彼女の希望で行った事のない銀座に行ってみたい♪と二人して会社を休んでね。そうなるとランチは~安い・うまい・デザートまであるお店選びをしなくては。って言っても銀座に全然くわしくないのよね。。。
京橋・銀座一丁目・東銀座・宝町駅など複数のアクセスで利用可能な【ホテル銀座ラフィナート】の2Fにあるカフェへ。
ani0300.jpg

ホテル銀座ラフィナート2F『アニエスカフェ』このお店は「ラ・ロシェル」のパティスリーショップ。で・・あの鉄人坂井シェフがオーナーシェフです。
こちらのお店の料理シェフとパティシエはラ・ロシェルから派遣され、2003年オープン以来人気みたい。料理の鉄人の店なんて「なだ万」以来だなぁ。13時到着!着くとすんごい人。隙間もない程。

ani0305.jpg

今日は事前に13時で予約を入れておきました。窓際は丸テーブルがいくつかありますが、けっしてお世辞にも広くもないし高級感もない。いい言い方をすれば、1人でも躊躇せず入れる店構えでもある。
予約の際、13時だと3つあるお料理の内、いくつか無くなる可能性もありますので、取っておきますよとメニューまで教えてくれた。これにはびっくり。この値段で取り置き?来なかったらどうするんだろ?

ani0314.jpg

到着しすぐ窓際席へ。13時はお客さんも帰りだすいい時間。大変お待たせしましたと、申し訳ない位謝られる。全然待ってないよ。ここのスタッフは予約時の対応といい恐縮する位丁寧。
¥1,155で(野菜スープ・パン・メイン料理・飲み物)がつく創作ランチが3種類。

ani0313.jpg

上の写真の飲み物、珈琲(温・冷)紅茶(温・冷)ハーブティー(温)に、パン・スープは全て取り放題となっています。パンはフォカッチャ・プチベーグル・いちぢくのパン。特別おいしいまではいきませんでしたが、何故かおかわりに行ってしまったぁ~。

ani0307.jpg

さぁ事前に頼んでおいた、お料理の2つがそんなに待たずして到着。ちなみにもう1つは野菜カレーでした。私のこちらは「春ロールキャベツ」です。これ見た目なんて事ないですが、割って食べるとお肉がやや柔らかく煮込んだ大きめの牛肉と、米ナスが入ってるんですよ~。正直アツアツでなかったのが残念でしたが、材料と手間のかかったお料理と言う事は十分伝わってきました。

ani0311.jpg

友達の、「サーモン アンクルート」サーモンをソテーし香草バターを乗せて焼き上げたこちら。左に広がっているのは、赤ワインとフォンドヴォーのソースでなんとも深い。最初電話で聞いた時はアンクルート?さっぱりわかりませんでした。オクラの下が酸味の利いたレモンーソース。1番気になったサーモンの下の白いやつ。尋ねると大麦をアサリの汁と生クリームで煮たものらしい。やるぅ坂井さ~ん。(坂井さんは店にはおりません)
ani0321.jpg

スプーンもかわいいね。ここは今話題の広末さんがウエディングパーティーをされたホテルでもあるんです。その時坂井さんがお料理を担当したと言うのは記憶に残ってましたが、場所がこことはちとビックリ!
そこまでホテルの華やかさは感じられなかったんでね。

ani0304.jpg

このお店を選んだ理由の1つはデザート。なんとプラス210円で好きなデザートをチョイスできる!(ショーケースの中より選べます)あっこれはランチ併用の場合ね。単品だと400円前後とられます。
私はラストに弱いので左から3番目の「ショコラバナーヌ」だったかな?

ani0315.jpg

こんな風に盛り付けて持ってきてくれます。アーモンドの中もバナナ。左のアイスもほんのりバナナです。奥は小さくカットした苺にヨーグルトと生クリームかな?。お皿はギンギンに冷えてます。

ani0318.jpg

友達は数日限定で登場のチョコレートファウンテン。これも電話予約の際親切に教えてくれました。 チョコレートは私は苦手な為見てるだけ~。

ani0319.jpg

こちらも+210円で。いろいろな果物が入ったカップを渡されて。初めて知ったんですが、このチョコってすぐ固まるんですね。
うんこのお店なかなかじゃないかしら?パティシェの方達が中でせっせと作ってるのも見えるし、(この時はホワイトデー用のマカロンを作ってました)スタッフも親切だし、ランチでこの値段なのに予約までできるし、なんと言っても1人合計 1365円はお得でしょ。
私的には坂井さんの名前があるんだから2000円位で「これぞ銀座ランチ」的な事をしてもよさそうなのかな!とも思うけど、それとは逆を行ってる姿勢が好き。ランチは採算とれてなさそっ。

このカフェで名物なのが定期的に行われる(月3回)デザートバイキング。1800円でパティシェ特製ケーキ・飲み物(ワインもあり)キュシュなんかも食べ放題ですよ~。
まぁ私は総カロリーを考えると、運動もしない人間な為、怖くて動けませんけどね。
銀座 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

「TRATTORIA TOY トラットリア トイ 」 (飯田橋)

2008.03.07(23:51)
2008年3月6日(木)今日は飯田橋駅西口から徒歩3分にある、中部イタリア・マルケ地方の郷土料理を中心に、イタリアの家庭料理を手軽な価格で頂けるとあり、知ったのは大分前ですが、頭の片隅にずっと寝かせておいたお店。3日前で予約がとれるあたりなんかホッとする。19時で予約。

toi0331.jpg

場所は西口を出て左に進み交番の前を通り、ひたすらまっすぐ。途中ドトールが見えますので、それを左に折れて下さい。少し行くと右手のこの黄色い看板が目印です。ここは3500円で前菜、パスタ2種、メイン、デザート、カフェのコースなんてお手軽コースも揃っております。

toi0330.jpg

2人掛けのテーブルが10席位でしょうか?ちょうどいい広さ。入店したときから、ほんわかした雰囲気で温かく出迎えてくれたスタッフのお兄さん。逆に言うとここまで緊張しないお店も珍しい。

toi0294.jpg

入店した時は、あら全然お客さんいないね~てって感じだったけど最終的に満席に。まずはkon様のいつものビール・ハートランド生と、相方さんのキールロワイヤル共に600円で乾杯。

toi0293.jpg

イタリアンは二人で来るのも久しぶりだったのと(よく考えたらブログ掲載もほとんどない・・)この黒板のメニューがけっこう私達を悩ませましたね。シブレット以来?
またね~、一人でホールを担当してるお兄さんが、よく親切に教えてくれるんだわ!お兄さんいわく、前菜・パスタ系・メインの3品で十分との事。特にメインは悩みましたね。

前菜盛り合わせ 1600円位
toi0295.jpg

盛り合わせは、魚マリネ、キッシュ、野菜のマリネ、フリッタータ、サラミなど盛りだくさんでした。どれも主張しすぎず、それでいて味つけはしっかりとしていて、お酒でゆっくり楽しめたらこれだけで満足できそう。これ2人前?特には聞かれなかったけど。この1皿は相当お得!
最初「フリット ミスト」も頼みたいんですが量的にどうですかね?と聞いたら、だったら前菜盛り合わせに少しそれも入れてお持ちしましょう!だって。おお神の声。。。フリットはイカ・いんげん・玉葱・ローズマリー。少量でよかった。けっこう油がおなかを苦しめそう。


toi0302.jpg

パンはお代わり自由ですが、あまり食べない方が懸命です。後で大変な事になります。
まぁ冷めてて硬くなりつつあったんで、自ら手も伸びなかったんですけどね。

クアトロフォルマッジョ リゾット 1700円
toi0305.jpg

4種のチーズを使い、イタリア米を使用したリゾット。とても弾力があり、歯ごたえあります。チーズも濃厚で本当にチーズの旨みが凝縮された1品。お兄さんが持ってきてくれたのが、オリーブオイル。味に変化をお楽しみ下さいって。特に違いが感じられなかったと言える程、チーズの味が深かった。

豚バラオーブン焼き 2650円
toi0308.jpg

このお店はお魚がお得意な感じでしたが、kon様がお気に召すのがなく、こちらをチョイス。店員さんに相談して肉・魚1つずつを提案するも多すぎると却下。この豚バラを聞いた時「500グラムありますよ」って。あまり肉食ではない我が家。500グラムがいかほどか想像が出来なかったが、お兄さんのそのニンマリした表情を見て大体の見当はつきました。でもいけるよねっとオーダー。はい到着。どど~ん!!

toi0315.jpg

これね~画像で実際の迫力がお伝えできてないな~。相方sanの手の平(つまり縦20センチはあろうか)厚みも十分。お肉に押し潰される様に、下に人参・ジャガイモも。あとはプレンタ(とうもろこしをすったもの)も。油が多い様に見えますが、お肉の味と表面のパリパリの所にしっかりした塩分で全く気にならず。kon様はアルコール3杯飲んでた為、二人でヒィーヒィー言いながら完食。三人必要だわ。

toi0317.jpg

でもまだまだ。期待していたここのドルチェ。お兄さんに声を掛けると、遠い所にあったこのボードを持ってきてくれました。盛り合わせが出来る事を知ってた為、早速お願い。
「特にこれは食べたい!って言うのありますか?」 
「ボネとはちみつ・キャラメルのジャラートは必ず!」 じゃそれを含めて盛り合わせますねと。

toi0319.jpg

左が、はちみつ・右がキャラメルのジェラート。本当に少ないですこれは。キャラメルがあるお店では必ず注文しますが、ここのはかなり苦め。それがたまらん。てかジェラート全部でもよかったなぁ。

toi0320.jpg

続いて左がババ。これは南イタリア・ナポリのお菓子。気泡の大きなスポンジにラム酒たっぷりのサバランですな。、
上がリンゴセミフレッド。ふわっとしゃりっと表現しずらい触感。これは普通。
真ん中、期待のボネ。北イタリアのお菓子。アマレッティという アーモンド風味 のクッキーとチョコレートを使ったチョコプティング。このほろ苦さがおいしい~。ここのティラミスは全くしつこくない。感動には至らないまでも、イタリアのデザートを忠実に提供するお店に初めて行ったので、すんごい満足。

カプチーノ 600円
toi0327.jpg


toi0328.jpg


いやぁ満足でした。今回アルコール4杯・カプチーノ1杯含め10600円でした。イタリアの陽気な雰囲気だったり、創作ではなく、向こうの家庭の伝統料理を大事にしてるお店。隣の人は男性一人でPC開いて仕事してましたが、常連さんみたいで、ここは1人の方様に前菜・パスタなどなど盛り合わされたワンプレートも提供してるんです。(2千円前後)かなり豪華でしたよ!

今って品がよくて、繊細できめ細かいサービスの名の通ったお店も多いですが、私達には今日の様なお店が合ってましたね。大声で話せて、がっつり食べれて、明朗会計でまた行って別のメニューも試したくなる・・3~4人で行けるお店もなかなかないしね。取り皿を温めてだしてくる気づかいも。

そう昨夏イタリアで食べた、カンノーロと言うお菓子の話をしたら、「うちでもやってたんですが、評判イマイチで止めました・・」との事。やっぱり。お気に召したのはkon様だけか・・・

「マンヂュウカフェ mugimaru2」 (神楽坂)

2008.03.03(19:20)
2008年2月21日(木)最初に訪れたガレットのお店から出ること約15分位かな。ここは予め行きたかったカフェ。裏路地とも言うんでしょう。1歩間違えば通り過ぎてしまってもおかしくない、ここなの?と思わせる趣きのある民家がそこでした。この「2」って・・・手書き?この適当さと言うか、ゆるさがこのカフェ独特。
mann0263.jpg

古い建物をセンスよく改装した昭和な築40~50年の一軒家。手作りのおまんじゅうが人気のマンヂュウカフェで、窓越しに声をかけテイクアウトも可能なんです。

mann0261.jpg

久しぶりにワクワクしましたね。ドアをおそるおそる開けてみると、おばちゃん?(かなり年齢不詳な女性)が2階にどうぞ!と。見ると1階と言っても本当に小さいテーブルが2つ位のみ。しかも満席。続けて相席になりますけどと。kon様は相席は嫌そうだったが、私は行きたくてしょうがなく、お願いしました。と言うか空気的に相席がどうのとか言ってられないとすぐ感じたんでね。紙ぺらのメニューを渡されました。

mann0235.jpg

とにかく靴を脱ぐ場所さえろくに確保されてない様な狭さ。
急いでブーツを脱ぐと、急で人一人が通るのにやっとな階段をゆっくりあがって行きます。

mann0237.jpg mann0238.jpg

既にお客さんがいたので全体の店内撮影は遠慮しましたが、この民家の良さは生かしつつ作り込んだ訳でもないが、でも計算されてるであろうレトロ感だったり、ばーちゃん家に寄った様な懐かしさあり。10帖位かな、けっして広くない所に皆肩を寄せ合い、好き好きにと言った感じ。

mann0239.jpg

これも段ボールです。ワインでこんなのあるんだぁ。飲めれば飲みたかったなぁ。結局私たちはやや大きめのテーブルに先に来ていた2組のカップルと混ぜてもらう事に。お隣の会話が自然に聞こえて来る様な距離。
でもね帰る頃には、それが全く気にならなくなってるから不思議。

mann0242.jpg

本当は抹茶でも頼みたかったけど、えらく量が少なかったんでチャイ(cap:570円)(ice:620円)ホットにしました。けっこうスパイシーでした。店員は若いお兄さん一人。注文を受けるのと、運びに来る以外、用がなければ2階には来ない放置さ加減が好きだった。

mann0244.jpg

kon様オーダーの・草茶(pot:500円)(ice:600円) アイスで。ウコンなど、いろいろブレンドされた様な風味。そして蒸したてホカホカのおまんじゅうは、優しい甘さのあんとチーズ、フカフカの生地も絶妙な味わい。ほっこり幸せな気分に。てか手前のジンジャーまんうまい!しっかりジンジャー独特の香りがきちんとでてるんです。

ヨモギ地にアンチーズ  ジンジャーまんmann0246.jpg

----------メニュー----------
●小麦マンヂウ (全て130円)
・白地につぶあん ・ヨモギ地にチーズ ・ヨモギ地にアンチーズ
・ヨモギ地につぶあん ・ゴマまん ・紅茶まん
・ジンジャーまん ・白地にチーズ ・さつま芋まん
・チョコまん・黒蜜地につぶあん ・ヨモギ地にウグイスあん

mann0249.jpg

私たちの後ろには小さい1組分の席と、4人位のテーブルが。そこには男性が一人で読書してたり、またカップルが来たり。ここすごい日当たりが良く、日差しでポカポカになってました。あとね~電車?ときたますんごい揺れを感じるんですよね。

mann0231.jpg mann0232.jpg

mann0252.jpg

食べ終わってかなりゆっくりさせて頂き、よそのカップルの話しなんかも(まだ友達だったかな)耳をダンボにし興味深く聞かせて頂いたりなんかして、帰ると階段下りた下では、女性がひたすら、マンヂウ作りに没頭。

mann0255.jpg

こちらはドアを開けるとすぐ見える光景。女性の後方で蒸しあげられたマンヂウ。でもここ店内が混雑してる為か、テイクアウトで買われる方がすごいみたい。夕方になると売り切れ続出も。せっかく来たし、お土産でもと、お兄さんに尋ねると無表情で外に出て買って下さいとの事。

mann0260.jpg

なんかさっぱりかってが分からないこの店。慣れればいいんでしょうが。とりあえず外に。窓閉まってるし・・・そっ帰り際、この店で可愛いがられてる有名人、マツ子という猫がするすると入っていってた。すいませ~ん♪と大きな声を出すと、さっきの無表情の男性が窓を開けてくれました。

mann0256.jpg

ジンジャーまんがかなりおいしかったので、頼むと、今もうないですと。紅茶まんで!ないです・・・あら蒸しあがったばかりなのに、これもないんかいと思いつつ・・・

mann0259.jpg

黒蜜地につぶあんとか、ヨモギ系など5個購入。う~ん食べたい2つがないのが悔やまれる。

mann0269.jpg

会社のよくしてくれる子に2個あげました。あとはおうち用。
やっぱりこれは、あの雰囲気が味を倍増させてくれるね。
でもチーズってやっぱりいいね~。あんも甘すぎなかったし、割と量もちゃんと入ってたしね。友達にはチョコまん、よもぎまんを。

会計はお土産入れても2000円位でした。神楽坂恐るべし。
ひっそり佇んでいながら存在感あるカフェが散歩中にたくさん出会えるそんな町。楽しかった~
| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード