「南イタリア・シチリア島8日間旅行紀」 (7日目)

2007.12.30(10:05)
イタリア旅行7日目。2007年8月26日最後は飛行機内で1泊するので実質、旅行の最終日です。今回の旅行ですが昼から夕方だとJAL便が1ヶ月に1度のフライトということもあり、例外的なローマからの夜の便になり、それまでの時間、旅行会社がオプショナルツアーでエリーチェ観光を用意してくれたので1組を除き、全員が参加することになりました。

saigo0651.jpg

このエリーチェですが、標高751mの小高い山の上にあることから、やや涼しかったです。こちらは町の入り口にあるマトリーチェ教会。外見は教会というよりも要塞って感じです。

saigo0654.jpg

こんな感じの町並みが続きのですが、かなり入り組んでいてまるで迷路。ただこういった感じってなかなか日本にないから、すごく素敵で大好きです。

saigo0663.jpg

写真を見てもらえればわかるように、バスでクネクネ山道を登っていくのですが、しばらくすると海が見えてきます。しかしここの景色は絶景でしたね~。これだから海外旅行は止められません!

saigo0665.jpg

こんな場所に、こんな建物が!!一体、どうやって建てられたのでしょうね。吹き上げてくる風が少しだけ暑さを和らげてくれます。

saigo0671.jpg

ガイドさんも初めて来るほど、日本人にはメジャーではない場所なのですが、世界的には有名で高台からの絶景を求めてたくさんの観光客がいます。頂上にブランコがあったのですが、そこで子供達がお母さんと遊んでいたのですが、あまりにも可愛い女の子(特にブルーの服)だったので隠し撮り。

saigo0672.jpg

そしてこのエリーチェ観光にはもう1つ目玉がありました。それはあるレストランでの食事。ガイドさんの話では、ほぼ自給自足のレストランで回りを畑に囲まれているとのこと。そこに到着したのですが、ほんとにバスは『ここでいいの?』ってところに停まりました(笑)恐ろしい位回り何もない。

saigo0703.jpg

このレストラン、大きな一軒屋になっていて、本当に周りには畑ばかり。普段は誰が食べに来るのかな?エリーチェ観光のちょっとした団体客専用なの様かも知れません。お店の内装も写真にとった場所は少しお洒落な感じですが、全体的に個人のお宅にお邪魔したような感じです。

saigo0680.jpg

パンと自家製ワイン。このワインの美味しいこと!このツアーでは飲み物代をその場で別料金で払うパターンだったのですが、ここはワインがサービス。(OP代に含まれてたと思いますが)しかもそのワインを私を含めて、皆で褒めると、何とこの店のおじいさん(後に写真あり)が喜んで、更にピッチャーで持ってきてくれました!!

saigo0681.jpg

これまでのツアーの食事はあまりパッとしませんでしたが、ここはイタリアの田舎料理って感じで絶品。このオレンジ色の物は何だと思います?この疑問が後々に”楽しい出来事”を引き起こします!(笑)答えはおじさんの頭上に注意。

saigo0683.jpg

ラタトゥーユ。トマトで煮込む南フランスの伝統的な野菜料理。見た目程、味は全然濃くありません。派手な料理ではありませんが、ワインとよく合います。全て5人位で取り分けます。

saigo0684.jpg

しかし、ワインでお腹一杯なのに、ここのメニューは次から次へと出てきます。さすがに7日目となると、どの方とも仲良くなり、ワイワイガヤガヤと本当に楽しい食事です!でももうすぐ終わるんだよなぁ~と言う寂しさもあったんですが。

saigo0686.jpg

これは何なのでしょう?一見、チヂミのような感じです。まあ、ここまでくるとそれが何であれ、周りの皆と「これ何だろう?」「おいしい!」と騒ぎ、ワインをひたすら飲むって感じです。どの品も本当においしかったです。この店ももちろんクーラーなどはなく、暑い!汗拭きながら食べてました。

saigo0688.jpg

パンの上にオリーブオイルにつけトマトを乗せたブルスケッタですが、このトマトがまた新鮮で甘くて最高。誰かが、「このトマトって、この庭の畑で取れたのですか?」って質問をおじいさんにしたのがきっかけで、さっきのオレンジ色の物体についても「これは何ですか?」と質問したところ・・・。おじいさんがやんちゃそうな顔つきになり「ちょっと待ってて」との言葉を残して店の奥に消えました。

saigo0697.jpg

この方がこの店のおじいさんです(笑)めちゃめちゃユニークな方で、私と相方さんも「食事の時にテーブルの下で手をつなぐんじゃないよ」(もちろん、つないでなんかいません・・・)何てジェスチャー付きで言われみんなを笑わせてました!そして、おじいさんの頭の上にある巨大な南瓜がさっきのオレンジ色の物体の正体でした。デカっ!!
なんかねぇサーモンみたいな柔らかい食感だったので、あれがこれなの?って感じ

saigo0700.jpg

どれぐらいワインを飲んだでしょうか?私、kon様!はそれほどワイン派ではないのですが、確かにこのワインはおいしくて、ワイン樽みたいなおなかをしたツアー仲間の方も絶賛!更に料理は続き、今度はクスクスです。
スープの方は辛そうで食欲をそそるイイ匂い。おじさんがつきっきりで、こうやってかけて食べるんだよっと教えてくれました。辛味と言うよりは魚介の旨みが印象的な味。

saigo0701.jpg

私は知らなかったのですが、このシチリア島では、ワイン、オリーブオイル、そしてクスクスも伝統的な料理だそうです。海老がこの中に何匹が入っています。出された物はほぼ残したことのないkon様ですが、これはさすがにギブアップ。2口程残してしまいました。これは1人分ですからね。

saigo0706.jpg

デザートです。とにかくイタリア、シチリア共にデザートは日本人にとっては思わず「甘ーい」と言ってしまうような物が多いのですが、私は全く平気。これほんのり温かい状態で出てきました。少しバナナに近いような甘さのお菓子ですね。

saigo0712.jpg

楽しかった食事タイムも終了し、レストランを去る時が来ました。しかし、ここのおじいさんは楽しい人だったな。イタリア、シチリアの人って陽気な人が多いですが、この人は格別だったかも。この写真はツアーの1人の方に「記念に」と扇子をもらい、それを手に踊っているところです(笑)とにかく駆けずり回って、一人一人を笑わせてくれ、観光よりこっちがOPの目玉になった位!おじさんに会えて本当に来てよかったよ。これがサービスなんだよなぁ。やっぱ人柄ですよ。年齢を誰かが聞いたら65位とか。。おじさんにまた会いたい♪味もこのお店が1番だったよ♪ワインが確か9ユーロ位で買える様でみんな買ってたなぁ。

saigo0722.jpg

ではここでお土産のご紹介!30点は買いました。あげたのは数人ですが、一人に2点~3点いくようにね。たくさんの都市を巡ったので、せっかくならその土地のおすすめで、人にあげるからこそ吟味して買いたい。

左3つはチョコです。これは相方san会社用。左のオレンジのバッグ。これはエコですな。軽くて収納バッチリ。
右奥が自分用パスタ。スーパーで買うのは好きじゃないんですが、自分にはスーパーで。その手前がアルベロベッロで購入した耳たぶパスタ。手作りなので発色が綺麗♪その左の真ん中のは同じお店の、乾燥のトマト。水につけて干し椎茸の様に使います。これがいいダシが出るので、戻し汁ごとパスタへ。

その手前の瓶。カプリで地区でしか買えないレモンのオリーブオイル。これヒット!包装してあるの含め4本GET。カルパッチョなんかにかけてもほのかなレモンの香りがしておすすめ。
山盛り積んであるのが塩!イタリアと言ったら塩!パスタの出来を変えますからね。タオルミーナで買いました。シチリア西部のミネラル豊富なトラバニ産天然塩。たしか7袋買ったかな~。
1番手前右がクッキー3箱とイタリアならではのマグネット。使い道はそれほどないけど冷蔵庫なんかにね。ポップでかわいい。これも妥協は禁物。3つのお店を巡って5つ購入。
これ意外に高くて5つで4千円位したんだよね~。

なんとか年末にアップできてよかったぁ~。ここまで見てくれた皆さん本当にありがとうございました。旅行は街ももちろん、観光もだけど、やっぱり人との出会いがね。特に今回も本当にみなさんに可愛がってもらって楽しかったぁ。
添乗員さんが書いて配ってくれた8日分の直筆日記はこのブログを完成させる上でなくてはならないものだった。
この場を借りて、ありがとう!!

「ル・デッサン Le Dessin」 (牛込柳町)

2007.12.21(22:56)
2007年12月20日(木)今回で相方sanは3度目、kon様は2度目となる、ル・デッサンです。暮れも押し迫って、行きたい所はあるけど、ふと思い出すんだよね。またあのお店に行ってみたいなと相方sanの希望で決定。意外に10日前の予約でOK。18:30のディナーでの訪問です。

過去の記事はこちからから→ 2007年3月22日2007年6月18日
rurude0107.jpg

以前は19時で満席でしたが、本日は到着すると1番のり。このお店はキッチンに男性2人と、フロアにマダムが1人のアットホームなお店。本日は全席で12席です。この日も予約で全て埋まりました。

rurude0112.jpg

途中飛び込みでお客さんが来ましたが、シェフに断られてました。『今日は何時でもダメでしょうか?』『うちは回転をさせませんので…』と。そうここは時間制限もありませんので、みなさんゆっくり寛げます。そのせいか9割が女性客ですね。

rurude0110.jpg

スケッチブックに書かれたメニューと布ナプキンです。いつ来ても清潔感があります。写真で見るより堅苦しいお店ではないんです。

本日も【Menu A】アミューズ・オードヴル・メイン・デザート・飲み物の3900円のコースをお願いしました。ディナーでこの価格です。

チーズのプチ・シュークリーム
rurude0113.jpg

ほんのりとチーズの香り。このお店は見た目にもおいしいお店なんで、もうこの時点から次のお料理を想像するとニンマリしちゃいます。

カリフラワーのポタージュ
rurude0119.jpg

初訪問の時もカリフラワーだから被ってしまいましたが、でも味忘れてるしね。かなり濃厚でもったりしてます。ムースみたい。

 自家製パン 
rurude0120.jpg

熱々もっちり系です。なくなるとマダムがさっと出してくれます。

ずわい蟹と茄子と赤ピーマンのテリーヌ・カレー風味の野菜のテテュヴェ(蒸し煮)添え
rurude0131.jpg

kon様!の前菜。本当は前回にも食べた「フォアグラと生クリームのブリュレ(+500円)」が良かったのですが、せっかくなので今日はこちらを。野菜中心のテリーヌなのでサッパリしたお味なのですが、赤ピーマン、茄子の味比べ、ずわい蟹はちょっと弱かったので味のバランスとしては「?」ですね。ヤングコーンとカリフワラーがカレー味なのには驚き!

厚岸産牡蠣とコンキリエ(ショートパスタ)のクラッシックなグラタン
rurude0127.jpg

来ちゃいましたよ♪こんな素敵なお姿で。まぁいつもの通りドアップにしちゃうと、クレームを受け付けるハメになりそうなんで忠実にね。うちにあるミルクパンと言うコーヒーカップの3杯分位を温めるお鍋の大きさにそっくり。うわぁすでにいい香り。

rurude0132.jpg

中はこんな感じ。大きいですよ牡蠣!4つ位は入ってましたね。あとはパスタです。グラタンって言うとこの大きさだし、途中で飽きそうですが、(少し手前に見えている)ソースがややさらっとしてるんで、大袈裟に言うと私はスープに近い感覚で頂きました。牡蠣好きにはたまりませんよ。

rurude0116.jpg rurude0123.jpg

壁にはいつものデッサンが飾ってあります。シェフが書いたものだそうです。ここのシェフはお目目ぱっちり、ややあさ黒いイケメンですよ。
お料理にもその繊細さが存分で出てるんで、美的センスはすばらしいですわ。今の時期クリスマスの小物もさりげなくね。

羊の肉のライスコロッケ・マスタードソース
rurude0135.jpg

マダムの説明で”本日のお肉料理”がこちらだったので、迷わず頼みました。どうです?見るからにおいしそうでしょ?ライスコロッケはもちろん、添えられた野菜達のうっすらとしたコゲ目が食欲をそそります。
このアスパラの束・・・

kamiki0143.jpg kamiki0148.jpg

中を割るとこんな感じ。ライスがぎっしりと詰まってます。更にナイフを進めるとサーモンピンクのお肉が顔を覗かせます。ライスの部分は説明しがたい、独特のお味。マスタードソースとよく合います。お肉は形態からしてもナイフでは食べにくいので骨の部分を持って。肉ばかり食べると味に飽きるので添えられた野菜達と交互にいただくのがいいでしょう。もちろんフィンガーボウル出してくれます。

ジャガイモ・人参・椎茸の細切りで包んだ骨付き仔牛のロースト・マデラ酒のソース
rururde0140.jpg

こちら相方sanオーダー。まずは冷たいお野菜が別で出されます。ここはどんなお料理にもお野菜が取り入れられてて好きだなぁ。さつまいもやズッキニーなどなど。

rurude0139.jpg

本当にど~ん肉!!って感じ。まさに肉!他何もありませんって感じで笑える。しかもこの色艶。さぁ割るとどんなかしら??

rurude0146.jpg

割るとふわっとしたピンク色。この回りのじゃがいもや人参の細切りがまた出るわ出るわ。お肉も柔らかいし、マデラって何の事かわかりませんが・・深みのあるワイン系?かなり大人な味。この野菜達が甘みが出るまでしっかり炒まってるんだよねぇ。
最後は骨を手で持ってがっつり綺麗にかじりつきました!

メープル風味の木の実・ドライフルーツを詰めた焼きりんご・キャラメルのアイスクリーム添え
rurude0155.jpg

めちゃめちゃ美味しい~。kon様!「2007年最優秀デザート部門」にノミネートです(笑)焼きリンゴがアツアツなので、上にあるキャラメルアイスがアッと言う間に溶けていくのですがキャラメルのほろ苦さが焼く事で甘さを増した、リンゴの味と調和されて絶妙。くり抜いたリンゴは煮て右の角切りの状態で。

rurude0156.jpg

リンゴの中にドライフルーツ・きの実が詰められているのですが、これは確かに甘い!でもおいしい!食感もさまざま。久々にデザートでお気に入りが出現。とても手が込んでいて完成度が高いです。

温かいベイクドチーズケーキ・チョコレートのアイスクリーム添え
rurude0150.jpg

ル・デッサンはメインとデザートの位置付けを同じ位に考えてるんだろうなぁ。最後までの手抜きが感じられない所か、こんなに凝ってしまっていいの?って。ケーキは、ほんのり温かくこのまま食べてもいいんですが、奥のブルーベリーソースと手前のチョコレートのアイスで味に変化を。私的にはもっとビターでもよかったかなぁ。しっとりとよりはシュワッて感じで、焼き加減が絶妙ですね。

ハーブティとプティフール
rurude0166.jpg

相方さんがお店に行く前から「ハーブティーがあるから頼んでみて!」と言うので「それだったら自分で頼めば?」と返事すると「あ、私はコーヒーを飲みたいから…」だって(苦笑)ただ、これは頼んで大正解。イメージしていたのはジャスミンティーみたいなものだったのですが、レモングラスのほのかな香りが、満腹のおなかになんとも優しい。たっぷり3杯位あったかな。全て頂きました。

相変わらずのマダムの目の行き届いたサービスに今日も感心しました。ここに来てイライラする様な事はないですね。他に行くとそれがよくわかります。あと少しでお水が、と言うタイミングでどこで見てたんだろう?って思うほどスッとさりげなく入れていなくなる空気みたいな方。髪をショートにしてまた素敵に。3ヶ月に1度は顔を出したくなるお店です。

Amenu 3900円×2 カシスオレンジ×1 ジンジャエール×2で合計9650円でした。

「黒毛和牛もつ鍋 懐炉」 (目黒)

2007.12.13(22:46)
2007年12月6日(木)寒い日が続く中、暖かい鍋系の物が食べたくなり、気になったのがこの店。評判も悪くないし、何より電話予約が大変なんて無駄なエネルギ-も使わなくてよさげ。しかしこの店狭い。よく予約が取れたわ。こりゃ穴場ですね。

kai0001.jpg


JR目黒駅東口を出て右に「みずほ」→「りそな」と進んで。
その前の道路を渡ると大きなサンマルクカフェがありますので、その脇の道を下ると地下にお店が。
まぁ時期なんで2時間制で要予約でね。
お通し 300円×2

kai0004.jpg


お通しの定番と言ってもいいでしょう「もずく酢」です。
たまに「これ何だろう?」ってお通しを出す店がありますが、そういう店の方が好きですね。

酢もつ 480円

kai0008.jpg


もつ鍋は後に回すことにして、一品料理を。
こちらは評判の良かった「酢もつ」。柔らかく煮込まれたもつとポン酢がピッタリ。
七味がピリリとアクセントになり、うまいです。
でも箸休めに中盤で頼んでもよかったかな。かなり量は少なめ。

漬けぼたん海老 980円

kai0013.jpg


このお店は通常メニューの他に、その日のお勧め料理が黒板に書いてあるのですが、海鮮系のこちらをオーダー。しかし正直なところ、えびは醤油とワサビで食べるほうがうまいですね(苦笑)これは頼まなくてもいいかも。

もつ鍋 辛味噌 1260円

kai0014.jpg


主役のもつ鍋ですが、この店は「醤油・白味噌・辛味噌」の3種類。

「量は多くない」との事だったので二人で2種類を選択。
こちからが「辛味噌」。6種類の味噌をブレンドしており、辛さの中にも甘みのある味。

もつは茨城産、福島産の黒毛和牛を毎日芝浦の市場で仕入れているそうです。結論から言うと辛味噌正解!!

kai0017.jpg


強力なガスコンロなので、火をつけるとあっという間に野菜がしなってきます。

火を弱めにして10分も掛からずに出来上がり!
もつは臭みがなく、大袈裟に言うと口に入れると溶けるぐらい柔らかかった~。


トッピング うどん 300円

kai0023.jpg


もつ鍋にはトッピングがあり「もつ・野菜・豆腐・MIXチーズ・納豆・もち・バター・生卵・ゆで卵・うどん・雑炊セット」とりあえず、うどんを。

結構な量に見えますが、二人ともうどん好きなんでね。ちなみに「薬味の品揃え」もすばらしく、(にんにく・一味唐辛子・七味唐辛子・朝鮮唐辛子・わさび・和がらし・黒胡椒・柚子胡椒・生姜・白ゴマ)が無料でいくつでも頼めます。

にんにく、柚子胡椒、七味唐辛子を選択。私はにんにくが一番良かったかな。

レバ刺し 880円

kai0009.jpg


まだまだお腹に余裕があるものの、連続でもつ鍋もどうかと思い、再び一品料理を。

これは最初に店員さんに「黒板にないですけど、お勧めです」といわれたレバ刺し。
見ただけで新鮮なのがわかったし、かなり分厚く切られていてこれまで食べてきたレバ刺しでも上位にランクできるほど美味しかったです。
ごま油とね。これは頼んで!

「コゲも味のうち」チャーシュー 680円

kai0032.jpg


変わった名前のメニューですが、店主が修行時代?に先輩から言われた言葉みたい。

これがうんまぁ~い。チャーシュー自体がとても柔らかくて、タレが十分に染み込んでいますが、そのタレの甘さと、コゲのほろ苦さが絶妙。

しかも分厚く切れられておりボリュームも満点。もつ鍋の店なのに、ここ単品のレベル高い!

もつ鍋 白味噌 1260円

kai0026.jpg

醤油と迷ったけど白味噌でね。さぁ第2ラウンドの始まり。
こうやっていくつもの味を楽しめるのはいいなぁ。
まぁ2人なんで2種類が限度なんだけど。こっちにはゴボウがいるんだね。

kai0029.jpg

けっこうクリーミーな味。白味噌と言うより豆乳を更に甘くした感じかな。
女性向きですね。断然辛味噌の方がよかったなぁ。

トッピング 雑炊セット(ご飯・玉子) 400円

kai0039.jpg

鍋と言えば雑炊でしょう!欲を言えば小ねぎがほしかったんぁ。
玉子でよりマイルド感が増してしまって、さすがに苦しい・・・
これ全部2人でですから。そんなこんなでこちらもほぼ完食!

牛テールコラーゲン焼き 980円

kai0043.jpg

頼んでいたと思いきや、頼んでなくて、ここにきてダメなタイミングでの注文。

これは看板メニューらしく、「コラーゲン」の文字に惹かれて決めていた品です。

骨付きの肉がゴロっと入っていてこちらもすごいボリュームでさすがに苦し過ぎ。
「お腹が苦しい」と言いながらも、コラーゲン補給のためにタレまできれいに、平らげました!
ちなみに仕込みに5時間かかるそうです。

kai0037.jpg

アラカルトでオーダーしなくても、こんなコースもあります。(良く見たら結構、我々が頼んだの品と被ってますね)
女性2名とかだったら、このコースがお得かもしれません。
このコースはメニューのバランスが親切。

kai0052.jpg

店名の懐炉(かいろ)に引っ掛けて、帰りにミニホッカイロをいただきました。
こういった気配りはうれしいですね~。

kai0055.jpg

店を出るとこんな看板を出してました。
しかもこの店かなり狭いんで2人席×1で4人席×3と6人位×1でそれでなくてもこの時期で繁盛してて、電話もかなり鳴ってたからいらないよね。

kai0069.jpg

デザートは杏仁豆腐と季節のシャーベットの2種類しかなく、あまり惹かれなかったので、コンビニでハーゲンダッツのドルチェシリーズの新作「モンブラン」を。
ちょっと期待はずれかな?過去アップルパイとクレーム ブリュレが超お気にでして。

結果よかったですね~
特に単品がどれもきちんと作ってあって、素材そのもので勝負するものは鮮度もいい。

まぁもつ鍋は、食べ比べてないから何とも言えないけどまた行きたいですね。
前にネットで「黄金屋」のもつ鍋セットを頼んだけど、お店に行きたいとまで・・・


本日合計 ビール550円・鍛高譚450円・カシスソーダ550円含め・2人で合計9345円。


「brasserie Coeur ブラッセリー クール」 (渋谷)

2007.12.06(12:15)
2007年11月29日(木)以前隣のお店に友達と行った事があり、帰り際外観だけ見ていて印象に残ってたお店を、どなたかのブログでたまたま拝見し、あ~あそこだ!と即訪問しました。
ku-ru0053.jpg

最近ウロウロしてます、渋谷東急本店からあの事故があったシエスパ方面へ。左手をずっと真っ直ぐ行くとカレー屋さん、コンビニを過ぎ、左のゆるい上り坂を見つけたら曲がるとすぐありますが、わざわざ行くって感じのマニアックな場所かも。ここも新し目のお店です。

ku-ru0060.jpg

ここはお手頃な値段で、フレンチが食べれると言う噂。とりあえず12時に予約をいれました。本当はよかれと13時でお願いしたんだけど、テーブル希望なら12時でと言われて。13時から本当にけっこう人がポツポツ来てました。カウンターで5人・テーブルで12人位かな~。若い夫婦で切り盛りしてるお店です。この広さ丁度心地いい。奥はソファーもあります。二人ならテーブルかなぁ。

ku-ru0052.jpg

ここはランチがA・B・C・Dと4つに分かれていて1000円~1番高くても2600円なんです。でもDはオードブル+メインが各2品ずつなので、それはねぇ昼から食べ過ぎ。その手前と言う事で
オードブルより2品、メイン1品、デザート、珈琲までつくCの1800円のコースにしました。(パン・飲み物は全てに付きます)

ku-ru0069.jpg

パンは持って来てくれた時、ほんのり温かくって、でもこれ30分位たつとガチガチになるんです。不思議。なくなると追加をさっと出してくれました。

kon様オーダー ハムとサラミの盛り合わせ
ku-ru0064.jpg

1人で2品の前菜を選べるので2人で6品中4品選ぶ形なのでまず無難なハムとサラミの盛り合わせにしました。基本的にハム、サラミにうまい、まずいはないと思ってますがそのとおり無難な一品ですね。

フォアグラのテリーヌ(別途+500円)
ku-ru0070.jpg

フォアグラのソテーは食べた事あるものの、テリーヌは初体験。ねっとりした舌触りで、味はうーん、ちょっとショッパイ感じでしたね。ソテーで食べる方が私は好きかも。

定番・鶏もも肉のコンフィー
ku-ru0079.jpg

メニュー名に「定番」とあるので頼みましたが、写真を見てもらえればわかるようにレンズ豆のスープ?の上に乗ってきたので「えっ」って感じ。私なりの見解ですがコンフィーは、パリパリの皮の香ばしさが命だと思っているので「うーん」って感じ。おいしくないって訳じゃないですが、できればパリパリの皮とホクホクの肉にマスタードをつけて食べたかったなー。

ブランマンジュと洋梨のシャーベット
ku-ru0081.jpg

ブランマンジュだけ食べるとめちゃ甘なんですけど、この洋梨がうまい!これまた食べたい!味が凝縮されてて、かつさっぱりで、1000円台ランチでこれが出せるのはすごいと思うなぁ。

相方sanオーダー スモークサーモン
ku-ru0065.jpg

本当は地鶏のテリーヌも気になったんですが、kon様もテリーヌを頼むと言うので、まぁ王道になってしまいました。野菜も新鮮だし、ドレッシングも控えめだし、サーモンも普通においしかったです。

野菜とベーコンのブイヨンスープ
ku-ru0073.jpg

これ野菜の旨みだけかと思いきや、なんかシナモンに近いスパイスが効いてるんですよね。賛否分かれる所かも。私は初体験で嫌いじゃなかったなぁ。

豚バラ肉のロースト
ku-ru0077.jpg

これ人気メニューみたいです。回りカリカリでスッと半分に割れる位柔らかくって、上に添えてある飴色まで炒めた玉ねぎと粒マスタードがすごくいいアクセントになってて、おしい~。考えたらこういう豚バラを、食べる機会なかったなぁ。これ1人で全然イケますね。
回りのお野菜も面取りした厚みのある人参や、インゲンやアスパラの味付けが最小限に抑えられてました。kon様もこちらに軍配。

アーモンドのタルト
ku-ru0085.jpg

私の中では料理・雰囲気でまずまず満足出来てたんで、デザートは期待してなかったんですが、ちょっとがっつりうれしいものが出てきましたよ♪デザートは2種しかなかったんで、選びようがなかったんですが、バニラビーンズたっぷりのアイスと、このタルトも中しっとりしていてこれはおいしい。すんごい最後にテンション上がったよぉ。1500円の人にもこれ付いちゃうの?アイスは省かれたりとか。
細かい事だけどすんごい気になってしまうわぁ~。

ku-ru0088.jpg

いや~おいしい珈琲も。こう言うのが普通だと思ってたんですよ。こないだまずまず評判の新宿にあるフレンチでランチをしたんですが、そこは女性2人でやってて、最後の珈琲がまずいのなんのって。これ朝入れて保温でしのいだ?店員も、もう少なくなりましたよ~とポット振ってたし。煮詰まったとかそれ以前に飲めたものではなくって。掲載も中止。なので最後まで行き届いてるこちらに、これよ~って♪だって本当においしかったのよ。

ku-ru0090.jpg ku-ru0091.jpg

外のテラス席です。ここで食べられる時期は限られてるけど、5月位来たいなぁ。このお店、道路から店内まで離れていて中が見えづらいんで、やや躊躇してしまう作りなんですよね。

ku-ru0093.jpg

ここの奥様(けっこう若そう)接客態度がイマイチとの事らしく承知で臨みましたが、確かに納得。テキパキしてたし、お水もマメに入れてくれたし、そう言う意味で不満はないんですが、接客に向いてないタイプ?心がないって言うか。常連の人が来ると少し心開く程度。
でもそれに目をつぶっても、また来るだろうな。渋谷でこうのんびり、お手軽フレンチないですから。ざわざわうるさくないし。ただし今の所ランチ限定かなぁ。夜は見張られてる感がありそう。
そう夜、梅宮辰夫が来てるらしいです。さすが松涛、近所かな。

でも私達が選択したメイン2品は●印で1000円の選択でも食べれるメニューなので、ちと後悔。
デザートは必要ですんでね。1500円or1800円の方をオススメ!!
ともあれ、渋谷はありそでないんでね、こういうお店、出会えてよかったわ。

1800円コース×2+(料理別途500円)+ビール800円で、2人で合計4900円でした。
| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード