スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「賛否両論」 (恵比寿)

2007.07.31(23:51)
2007年7月26日(木)3度目の来店となりましたが、前回の記事はこちら次第に予約の先延ばし状態が続いている、それでも行きたい賛否両論です!前回は相方さんの母上が3月にお友達と行き、その帰りに今回の予約を取ってくれました。しかも8400円のコースを2名でとプレゼントつきです。でも何故か比較をしてみたくなった為、直前に1名は5250円に変更してもらい18時に到着。

1品目 「ホタテといちじくのトマトの煮こごり」
kasa0008.jpg

それではこれからkon様の8400円コースと相方さんの5250円コースを出された順番に紹介して行きます♪まずはこちらは共通の1品目。座席が笠原シェフのまん前だった事もあり、タッパーから薄ピンクのプルプルしたものが出てきて、あら~何かしら?のこちら。ホタテは下に隠れてます。いちじくを和で使う所が憎いわぁ。ほんのりトマトが香って味も涼しいのだ。

2品目 「かぼちゃの揚げ物・水茄子のおかき揚げと早松茸」
kasa0015.jpg

賛否両論と言えば不動の位置にいる揚げ物。その時々で素材が異なります。左のかぼちゃは揚げる前、店員さんがひたすらコロコロしてる努力が見えました。前は柿もあったな。かぼちゃほっこり、水茄子はジューシーでこのおかき揚げという所が食感を楽しめてすばらしい!あっ相方さんの方は手前の4つだけでkon様のみ新松茸だぁ~。早くも差が・・

3品目 「鱧(はも)と焼きなすのお椀」
kasa0022.jpg

こちらは相方さんのお椀。やっぱり夏でもと言うか夏だからこそ、こういうダシの効いたものを戴きたくなります。こういうのを出させたら賛否両論は天下一品ですね。焼いてる茄子の香りと鱧だってぇ。ちゃんと柚子に梅肉をほんの少し。きちんとした仕事がなされてます。あ~写真ではなかなかこのおいしさが伝わりにくい・・旬の季節を感じられる素材を使ってるので毎月通いたくなるんですよね~。

3品目 「冬瓜とスッポンのお椀」
kasa0019.jpg

いやー、この時期にスッポンはいいですね!汁を飲むだけでスタミナがつく感じがします。もちろん、スッポンにくさみはなく肉は柔らか。冬瓜との相性もバッチリでした。飲み比べると、相方さんの方がかなりあっさりした出汁です。

4品目 「鯛の海苔醤油・山芋ソーメン」
kasa0029.jpg

こちら相方さんの。このお皿を見てピンときました。前にシェフが深夜番組でお肉に「ごはんですよ」の海苔を巻いたレシピを紹介してましたが、それの応用編ですね。その融合術に目からウロコだった為まさか食べられるとは!ナイスアイディアです。この山芋は手で切ったのかしら~?と話してたら聞こえた様で、「スライサーですよ」とそれまで寡黙だったお顔から笑みが♪

4品目 「鱧(はも)のタタキ・きゅうりの梅肉ソース」
kasa0026.jpg

夏といえば鱧。見ただけでも涼しさを感じさせる料理で、「さすが」とつぶやいてしまいました。でもフラッシュをたいておらずこの写真ではそれが全く伝わらないですね。残念。味ですが、そこまで主張しない鱧、きゅうりを下にひいてある梅肉が味を引き締め、おいしくない訳がありません。

5品目 「タコのやわらか煮・オクラたたき添え」
kasa0037.jpg

こちら相方さん。これもタッパーから巨大なタコが出されました。その色艶のいい事!よ~くつかってましたと言わんばかり。これは量を食べる物ではないので、調度いいですね。タコも柔らかく、ミョウガが、なんの違和感もないから不思議。

5品目 「佐賀牛・2種のたれで」
kasa0031.jpg

でたー!8400円コースだけの料理!!シェフがお肉をひとつだけ取り出して調理していたので「もしかして」と思っていたのですが登場したのがこちらの一品!!「うんまぁい!」。最初の一切れはタレをつけずに食べたのですが、噛むとお肉の甘みが感じられ、十分な満足感。二人で仲良く食べたのですが、食べながら私は「ある人」を思い出していました。その人はきっとこの写真を見たら、すぐにでも賛否両論に行きたくて仕方なくなるのではないでしょうか?ね!まんぷくちゃん!(笑)
上のごま油にお塩が入ったものにつけて食べると、焼肉屋の特上クラスを食べてる優越感が。

6品目 「鮎の一夜干し中骨せんべい・肝のペースト添え」
kasa0040.jpg

kon様!待望の「鮎」。と、いうのも賛否両論に関する他の人のブログを読ませていただいているとたまに目にするのが「鮎料理」。個人的に魚大好きで鮎が大好きな私は「いつかは遭遇できるだろう」と思っていたのですが、ついにその日が来ました。お味は言う事ありません!うまい!中骨のせんべいはポリポリしており、肝のペーストをつけるとこれがほろ苦くて最高でした。思わずお酒が・・(以下自粛)

7品目 「新ゴボウのすり流し」
kasa0050.jpg

こちら出てくる前にkon様の伊勢海老が出てきてたので蓋を開けるまで、なんか私のは小ぶりだぞ~と思ってましたが、重湯の様な喉越しの中に、ゴボウの旨み凝縮!これぞ笠原シェフの料理ですね。前回母は玉葱のすり流しを食し、感動して作り方まで聞いて家で実戦した様ですが、今日の中ではかなり満足の1品。

7品目 「伊勢海老の蒸し物・バターを効かせたのり風味」
kasa0048.jpg

またまた8400円コースだけの主役級料理です。食べると「海老」「バター」そしてアクセントのこの「のり」の味が喧嘩する事無く、バランスがいい!写真では見えませんが、えび味噌もちゃんとあって、それをこのバターのソースに混ぜ、えびの身をつけて食べるとこれが最高。大満足でした。

お口直し 「とうもろこしのアイス」
kasa0051.jpg

こちらkon様のお口直し。ここでアイスが出てくるとは。でもでもこれめちゃうま!本日頂いたどのデザートよりも群を抜いてました。でもこれデザートじゃないんですよ。混ざり物がないんじゃないかと言う位、とうもろこしの、あのプツプツ感が味として伝わる、本物を食べてる位の完成度です。

お口直し 「いぶりがっこ・マスカルポーネ」
kasa0052.jpg

相方さんのお口直し。相方さんはとうもろこしのアイスを絶賛していましたが、私はこのいぶりがっこが大好き。一瞬、アイスが出てきたときに「あれ?」と思い、相方さんの前に置かれたいぶりがっこをうらやましく見たほどです。これってどこかで購入できるんですかね?家で毎日食べたいぞ!っと。

8品目 「とうもろこしとジャコの炊き込みご飯」
kasa0058.jpg

ここまで来るとけっこうお腹いっぱいになってきました。2つのコースでいろいろ食べれてここで終わっても十分な位に。そしてこちら〆ですね。過去も含めると今回はイマイチだったなぁ。土鍋で炊いてるんで何だろう?と期待してましたが。と言うより隣に出てきたお吸い物がめちゃおいしくてびっくり。ご飯が薄味なんで、敢えて塩分強めだと思うんですが、汁物は外れなしです。

8品目 「鱧(はも)のソーメン」
kasa0060.jpg

またまた鱧が出るとは。今度は麺と一緒です。もうお腹がかなりいっぱいになっているのですが、鱧ですからお味は上品で、麺がツルツルと口に入ります。いやぁ最後を締めくくる食事としては、ピッタリでした。三つ葉があると数段おいしさ増します。

デザート 「お好きなだけどーぞ。全7種より」
 sadeoo0067.jpg


sade0068.jpg sade0063.jpg


sade0064.jpg sade0071.jpg


sade0069.jpg sade0070.jpg

さてさてどのデザートかは、メニューを見て照らし合わせて下さい。毎回恒例の「全部1つずつお願いします!」で、続々置かれて行きます。少し紛らわしいので上段のは「パイナップルとバジルのシャーベット」その下のが「大葉」です。さすがにお料理がメインなので、デザートのラインナップはそこまで変動ないのですが、バジルは初お目見えでイタリアン~においしいかったぁ。

すごく笑えたのが隣のカップル。上司と部下(女性)かな?初来店の様で男性が「ここは和食のお店なんですよね」と店員に尋ねるのから始まり、デザートでは、女性が「えっっ!お好きなだけってどーゆう事ですか?」って。「ですのでお好きなだけ。だいたい3種位は皆さん・・」と。続けて観察すると1種ずつしか頼んでおらず。そうだよね。慣れって怖いと反省。もう当たり前化してるし。

今回カウンター12席中10席で8400円コースを食べてたのがkon様だけでした。以外に知られてないのかな?(このコースは3日前より要予約)2席は帰り際到着されてました。2つのコースを堪能するって我ながらいいアイディア。でも随所に差は感じられましたので本当にたまにしか行けない事を考えると、私は惜しくないですね。これだけ3時間の間、緊張と興奮で料理に向き合える店はこのお店以外にないかも。
しかしお料理15品にデザート7品って食べすぎでバチ当たりそう。。
お会計は、飲み物5杯足して18400円でした。また寄らせて頂きます!

そう言えば笠原シェフが見送ってくれたの今回初じゃなかったかな~
スポンサーサイト

「さんぽ 土産」 (番外)

2007.07.28(01:07)
いつもと趣向を変えて今回は番外編。二人がそれぞれ気になったものをご紹介。

JJ0004.jpg


まずkon様!今話題の「じゃがポックル」!!!先日、私は社員旅行で北海道へ行ってきた際、相方さんから「必ずGETしてくること!!」との厳しい命令が・・。
じゃがポックルといえば、カルビーが作っている北海道限定のフライドポテト風のスナック菓子。しかし侮ることなかれ、これが噂が噂を呼び、何と北海道での入手は困難に加え、楽天市場でも即売り切れ。今やオークションが確実な入手方法と言われる空前のヒット商品。いやー、私も旅行そっちのけで探しまくりましたよ~。で、なんとか2箱GETしましたが、バスガイドに聞いた入手方法は、①街中のお土産さんに開店と同時に入店して購入②千歳空港のお土産屋をウロウロ③ホテルのお土産売り場が以外に盲点とのこと。
だいたい売っている所でも個数を制限しているので、大量に購入するのは厳しいかも知れません。(千歳空港の某お土産所では何故かお一人様12箱までというところがありましたが)

JJ0006.jpg

でお味ですが、私は昨年会社の方に一袋いただいた事があったので知っていたのですが改めて、今回食べてみて正直、そんなに皆が目の色を変えて購入するほどにはおいしいと思えません。一袋の中身も少ないし・・・。ちょっと噂が噂を呼んでいる・・・と書くとカルビーさんに叱られるかも知れませんが・・・私はカルビーのポテトチップスの方が好きです(笑)食べたい方はコンビニのジャガビーで代用できますよん。

yo-ko0339.jpg

2007年7月18日(水)→23日(月)まで【大阪ええもん・うまいもん市】
が新宿の小田急で開催されてました。♪早速会社帰りに初日の18日に顔を出す相方さん。あんまり惹かれる物がなかったんだけど、FLOURと言うお店のなんとも素敵なパッケージのお店発見!

yo-ko0336.jpg

品揃えはけっこうありましたが、1番幅をとってたのがこちらの「マダムヨーコ」1個157円。見た目はいいが、こればかりは食べてみないとわからないし、日持ちもしないのでたくさん買ってもあれだし・・・
でもよく見ると「とんねるずのみなさんのおかげでした」で菅野美穂さんが紹介したとの宣伝が!これは期待できるでしょう~あの食わず嫌いの対戦前に渡すやつね。。で2個お買い上げ。今日はこれのみで我慢我慢。


yo-ko0332.jpg

もちろんオススメしないものはここではご紹介しませんが、これ
大ヒット!!美味しいぃ~。久々にこういうお菓子でおいしいと思いました。回りがひんやりふわふわのスフレ風生地。中がクリームチーズなんだけど、くどさが全くなくなんて軽いんだろぅ。こんなのお土産に貰ったら、この人センスいいなぁと思われる事間違いなしですよ!と言う事で翌19日はkon様を従え、上の5個箱入りGET!7個をあっと言う間の完食♪これは1ヶ月食べても飽きないなぁ。。。。


yo-ko0323.jpg

他のも期待できそうとこのシューロールも購入。たしか900円位。中のクリームが割としっかりしたコーヒー味です。でも普通かなぁ。記憶に残るものではないな。このお店は大阪が本店。東京で手に入れるには催事だ!8/8~14日に伊勢丹吉祥寺に来るではないか★散歩道だもん。行く行く!なんか軽いからたくさん食べても太らない様な、ヨーコはそんなお菓子でした。

「農家の台所くにたちファーム」 (国立)

2007.07.21(01:55)
2007年7月19日(木)都心より少し離れた場所にある国立に行ってまいりました。我が家からは中央線で25分。ランチを狙い11:40到着。南口から徒歩2分の雑居ビルの中。このお店TV業界の革命児?あの「高橋がなり」さんが代表なんです。それだけで期待が高まります。何を隠そう、もう7年位前かな?深夜に放送してた大金が舞う「マネーの虎」は欠かさず見てた自称FANの相方さん。着くとやはり主婦が列になっておりました。。
kuni0289.jpg

店内は82席。12時を前に満席とはさすが思った通りです。ここ今年の1月OPENなんですが、やはり主婦の口コミパワー炸裂かな。15分位待った所で入店できました。



待たせてもらってる間も店内をウロウロ。手前にお野菜が。そうここは店名そのまんまの、契約農家=新鮮な野菜を毎日仕入れ提供する!野菜が主役のお店なんです。

kuni0291.jpg kuni0292.jpg

kuni0295.jpg kuni0296.jpg

上の4つはごく一部でこだわりの品々がたくさん陳列されて、見てるだけで楽しい♪店員さんも熱心にまた説明してくれるんだぁ。このレモンジャムはオススメらしく試食までさせてくれました。でも買ってないんですけど・・・・なんか田舎の旅館のお土産コーナーを想像させるあったかい造りなんですよ。

kuni0297.jpg

さて店内なんかすごい事になってます。土間がなんともやはり都会では味わえない空間。席に着く間の道も箱栽培の野菜達がずらっ~と。しかもこのカウンターは【ランチの2800円・天麩羅コース】のみで使用ではなかったの?お姉さんに聞いてみると店内満席なので数名がここに座れるみたい。いいのかなぁ?ただのランチ目当てですが・・後から天麩羅コースご予約のお客様来店です。

kuni0308.jpg

◆旬野菜の天ぷら定食 1,800円
黒米ごはん(大盛り・おかわり自由)お味噌汁(おかわり自由)
天ぷら盛り合せ・自家製漬物・井戸サラダバー
海老も2本あったし蓮根もおいしかったなぁ。お味噌汁はフタを取るのを忘れました。。コロコロしたお野菜でやや薄味に。右はカボチャのサラダです。ご飯はもちろん2杯ずつお代わりです!

kuni0304.jpg

◆余り野菜の日替わりランチ 880円
前日仕入れた余り野菜を使って今回は豚の黒酢炒めです。その時々でメニューも違い、ご飯・お味噌汁・井戸サラダバー・お新香が付くのでこれはお得なランチだわ!
この野菜の量。ほうれん草の様な端っこの芯?普通なら間違いなく捨てるであろう、いやクレームになりかねない部分まで入ってるのを発見し、無駄にしない精神を見た気がしたなぁ~。

kuni0313.jpg

さてお目当てのサラダバー。と言ってもその辺のサラダバーよりはるかにテンションあがります。店内の広さに比べ人は集まってないのでチャンス!またスタッフの方がみんな親切なんだぁ。細かく説明してくれるんですよ。これが今日立川からきた野菜で、こっちが小机でとか。小机?実家近くです!と話も弾み、横では新鮮な野菜をザクザク切ってくれてます。奥の黄色いのはコリンキーと言うカボチャです。

kuni0315.jpg

今日はトマトフェアの真っ最中でいろんな種類のトマトに出会いました。リコピン大歓迎!お肌の強い見方ですわ。1つ上の写真の容器に入ってるトマトはブラックトマトと言うらしい。最初傷んでるのかと・・・手前の山は黄色トマトです。

kuni0316.jpg kuni0314.jpg

左の写真は切ってるスタッフの奥に並べられたストック達。取るものがない~なんてイライラがなくていいし、説明が何より楽しい→まぁ生産者は聞いたそばから忘れてますけどね。
右は並ぶ野菜を自分で収穫し調理法を注文する事ができるらしいです。多分夜の話しだと思うんですけど。これがお店のど真ん中にあるんです。

kuni0301.jpg

このお洒落なグラスが若干入れずらかったり・・kon様はナスがお気に入り。相方さんは生で食べられるカボチャが初体験で、もうシャキシャキうまい!この長くて黒ずんだアスパラ、食べてびっくり、きゅうりの食感です。頭からお尻まで一気に食べれる位おいしい!きゅうりも包丁では切りません。叩いて割ってるんですね。結局2杯ずつ頂きました♪2回目に取りに行くとまた違った野菜が登場してました。アンデスの紅塩や自家製ドレッシンでどうぞ。

kuni0310.jpg

★黄色トマト&とうもろこしジュース 各380円
せっかく来たんだからと野菜と果物のジュースもオーダー。
かなり濃厚。どっちもサラダーバーにいたから、ちと失敗だったわ。
かぶのミルクシェイクにすればよかった~。

kuni0311.jpg

★赤パプリカ&大玉すいかジュース 
こちらはkon様オーダー。あら飲みやすい。子供が好きそう!
さりげなく見本野菜&果物が添えられてるのがかわいい。

kuni0290.jpg

こちらは入り口で物色してる時に見つけた、マフィン「りんご&よもぎ」です。昼時に売り切れると話してたお兄さんを信じ、2コ取り置きをお願いしときました。食後覗くと本当に売り切れててビックリ!りんごは?だが、よもぎの味が甘すぎないおいしいマフィンでした。
今回は2人で3680円のランチでした。

なかなか気になっててもこれだけの野菜を1度に食べる事なんて出来ないですよっ。このお店のコンセプトといい内装といいありそでなかった、目のつけどころに感心です。とにかくみずみずしい野菜を手で食べれる位のお店です。
希望としてはこの第1号店で終わらせてほしい位。遠くから足を運びたくなる貴重な存在でいて欲しいです。また必ず行こっと。お母さんも連れてきたいなぁ。

「あつた蓬莱軒 本店 」 (伝馬町)

2007.07.02(16:54)
2007年7月1日(日)今日は相方さんのみ急遽用事で日帰り名古屋の旅になりました。14時名古屋到着。21時名古屋出発。その貴重な時間を無駄にしてはならないので事前に調べておいた名古屋と言えば「ひつまぶし」の名店へ。やっぱりおいしい物を食べよう!と思ったら労力は惜しみません。
hourai0002.jpg

まず名古屋について、市営東山線で「栄」まで行き名城線で「伝馬町」まで目指します。やっと駅についても、さぁどこだ??とりあえず名店だし人に聞け!でもこの付近車3車線で交通量は多いが人っ気なし。やっと見つけたチャリンコおばさんに聞いたら、「あっちの方」と指差され、あぁそんなに近くはないのね・・・とあっちを素直に目指し、3車線の赤信号を狙い突っ切って、さぁどうしよ・・かと思ったら何やら遠くに人の列が~。あれかぁ~!おばちゃん着いたよありがとう!

hourai0006.jpg

やっと着くも14:05にしてなんだこの列は・・(写真の倍位人はいます)
しかも受付は14時で終了するらしい。そんな肝心な事は知らなかった。ちゃんと係のおじさんがいまして、私を見て「本当は14時までだけど、一人ね。いいですよ」と。セーフ!名古屋人はいい人だわ。次の組も入れてもらえてました。
おじさんから、14:40分には戻ってきて下さいとの事でひとまず皆解散。

hourai0038.jpg hourai0042.jpg

とりあえず物凄く蒸し暑く、自販機探しにウロウロ。出てすぐに、お店専用駐車場で止めて車で待機する人もいました。40分に戻ると続々と名前が呼ばれて、割と早く私の番に。玄関先で靴を脱いで、右と左に別れ、2階もあり総席数は120位あるみたい。私は左の1階奥に通されました。

hourai0036.jpg hourai0037.jpg

さすがにこの最終組の時間帯。みんな帰った後と言う感じ。新たに4組が通され、ここのスペースで40人位入ると思うんですが、もう相席する事もないんで、広々とゆっくり使えました。

hourai0013.jpg

お店には紫の制服を着た店員さんが忙しそう。ベテラン風のおば様が多く、あの行列を見る限り営業時間中はフル回転で相当ここで働くのはつらそう。待ってる間、2階の急な階段も行ったり来たりしてました。でも対応はよかった!鰻・う巻などメニューは多いんですが、迷う間もなく、「ひつまぶし 2520円」を注文。

hourai0017.jpg

15分は待ったかなぁ。待ってる間は「召し上がり方」をひたすら読む。
このおひつがなんとも歴史を感じさせます。ところどころ木がはげてます。しかも深くてデカイ。フタを開けたら、あぁここまで来てよかったよ~と一人で感激。お吸い物・おしんこ・薬味はのり・ねぎ・わさびです。

hourai0018.jpg

この備長炭で焼いた、焦げ目といい、下のご飯が見えない位の鰻の量。この上に3500円の大盛りがある様ですが、この量でも十分男性でも満足できますって!まずは十字に入れて四等分にします。

hourai0024.jpg

まずは1膳目は薬味なしで頂きます。なんだろうふわふわ感を求める店ではないとう言うか、このギリギリの焦げ目がおいしいよ~。そして2膳目は薬味を入れて。やっぱり薬味があった方がいい♪おひつの下にあるご飯にまでしっかり甘めのたれが行き届いてました。

hourai0035.jpg

三膳目は出汁でお茶漬け風に。汁自体は薄味なので調度よく、さっぱりと最後にふさわしいんだけど、流しこんでる様でなんかもったいない。でも3種の味が楽しめるのは飽きなくていいですね。残りの4膳目はお好きにとの事だったので、残った薬味を全部いれて元の食べ方に!これが1番おいしい。

hourai0008.jpg

帰りは玄関から右手もチェック。この廊下から見える景色が懐かしくもあり癒されます。というかこのお店自体が大家族の家に招かれたみたいな感じで好きでした。

hourai0039.jpg

お店を出るともう人はいませんでした。夕方の始まりの時間をチェックしてる親子はいましたけどね。噂通りおいしい「ひつまぶし」初体験でした!普通ご飯が柔らかかったり、お吸い物がぬるかったり、店員が愛想悪かったり、何かありそうですが、ここはないんですよ。お吸い物にも柚子がちゃんと入っていたり、店員さんも「お待たせしました」と運んでくれて、お茶のお代わりも回ってたし、列になるお客さんを混乱させずにさばいてたし、並んでも食べたい納得のお店でした!
| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。