「山城屋庄蔵」(渋谷)

2007.03.29(22:17)
2007年3月29日(木)そろそろ和食が食べたくなってきた今日この頃。メディア露出は少ない様ですが、確実にリピーターを増やし、渋谷とは思えない落ち着いた店内でコース料理が頂けると評判の山城屋庄蔵に。夜は4725円のみのコースです。縦看板があるだけなので、知らないとまず入らないです。
yama0276.jpg


店の周りはパチンコ屋が乱立しているところで、「こんな所大丈夫かな?」と思うのですが、店内に入ると渋谷の喧騒を忘れさせてくれます。2階にはカウンターがあり、テーブル席の後ろにはお座敷が。入り口で靴を脱いで3階に上がります。
yama.jpg


先附「生ホタルイカの松前焼き 菜種添え 振り柚子」
yama0284.jpg

下に昆布が敷かれています。春を感じさせるメニューで、思わずお酒を頼みたくなる一品でした。柚子の味はそれ程感じられませんでした。

前菜「葉山葵、帆立梅和え、北寄貝のぬた、新甘海老の唐揚げ、いいだこ、サクラとうるいの梅肉和え、ごぼうの出し巻き、アワビ造り磯しょう油、花ビラ百合根」
yama0287.jpg

京料理らしく、少しづつ出てきましたが、味は勿論、目でも楽しめるのがいいですね。私はこの中でも「北寄貝のぬた」と「サクラとうるいの梅肉和え」、奥さんは「新甘海老の唐揚げ」「いいだこ」がお気に入りでした!この卵焼きもほとんどがごぼうなんです。

椀物「春京別 干し豚 江戸前浅利の酒蒸し 蕗の頭の葉を吸い口に」
yama0292.jpg

これぞまさに「京くずし」。和の中に中華テイストを取り入れた逸品。元々、キャベツに黒胡椒の組み合わせが好きな私ですが、更に、干し豚が入ることにより中華風なお味に。

凌ぎ「蒸し寿司 鰤 九条葱 ガリ 胡瓜 ほじそ」
yama0293.jpg

「凌ぎ」とは懐石料理のお口直しにあたり、少量の「ご飯もの」、あるいは「麺類」など店によって異なるのですが、ここでは御寿司でした。これがめちゃウマで、二人揃って「もっと量が欲しいね」と思わず口走ってしまいました。酢飯が炊きたてのご飯を使用していたのか、ホッカホカだったのですが、鰤の香りが引き立って本当においしかったです。

メイン「羊肉ワラ焼き うすいあんかけ 新玉葱のソース」
yama0300.jpg

「うすいあんかけ」は「薄いあんかけ」ではありません。「うすい」とは「うすいえんどう」と言ってえんどう豆の一種です。あまり関東ではメジャーではありませんが、関西ではグリンピースではなく、これを使って「豆ご飯」を作るところが多いのです。淡白なお味のメニューが続いたのでさすがに肉料理はパンチがありました。この白っぽいソースはしっかり玉葱の味を主張してました。しかし、これも「京くずし」ならではの料理ですね。

酒肴「炭焼竹の子とづけ軸山葵 ランプフィッシュキャビア」
yama0306.jpg

お店の人が堂々と「キャビア」と言うので、「まじ?この値段でキャビア?」と思いましたが、そんなに世の中甘くありません。ランプフィッシュキャビアでした・・。ただ、このお料理はそんな事はどうでもよく、竹の子が、その香り、味と共に、多少青臭くあるものの、むしろそれが、またまた「春だな~」と思わせてくれました。

お食事「生姜の香る手打ちそば タラの芽 竹の子 うど、蕗の頭天」
yama0310.jpg

生姜を練りこんだ麺ですので薬味はなしでとの事、これは初体験でした。これはいつも私の悪いところなのですが、一番「和食」が好きなくせに、食事が進むに連れて、「あー、味の濃いものを少しだけ食べたい!油っぽいものでもいい~」と言うのですが、今日もそうやって言っていると、このメニュー。しかも添えられた天ぷらが、これまた春の定番を4種類だったので、これは素直に脱帽。満足感に包まれました。

デザート・甘味「黒胡麻の生八ツ橋、アズキと生クリーム、ほうじ茶アイス」
yama0315.jpg

八ツ橋の方はちょっと生クリームがくどいと感じましたが、ほうじ茶アイスが秀作。お店でほうじ茶アイスを「定番」と謳っているようですが、これなら私にしてみれば「定番」であって欲しいと思えた程。

さて、これで飲み物5杯を加え、二人で税込み12790円ですが「和食」「コース」「コスパ高」といえば、このブログの最初にご紹介した恵比寿の「賛否両論」を思い浮かべる私ですが、斬新なアイデアにあっても「和」の道からそれない「賛否両論」に対して、さすがに「京くずし割烹」だけあって、「山城屋庄蔵」は料理に遊びを感じさせますね。
どちらが好みかと言えば、人それぞれでしょうが、私は思った以上にこの店を気に入りました。と、言うのも、月替わりで献立が新しくなるのですが、素直に「今度はどんな料理を用意するのだろ?」と思わせてくれたのです。

店員さん(店員さんと言うよりは、どの人も男性で見習いの板さんぽい雰囲気)も接客の慣れは感じさせないものの、一生懸命にメニューを紹介してくましたし、帰りの際も料理長?らしき人も出口まで見送ってくれました。
京くずし割烹、京都の「枝魯枝魯」がプロデュースしたお店で、期待以上のお店でったのは間違いありません。このお店の場所がマークシティ脇のパチンコ店(エスパス)が並んでる中にあるので、普通であればまず歩かない所ですが、この階段を上がってみると、本当に別世界で、写真にある様なテーブルに座り、雑音なしの驚くほど静かな空間でお食事が楽しめます。賑やかな渋谷にあって是非押さえておきたいお店であると言わせてもらいます。ただそこまで広くないので予約しておいた方がベストかも知れませんね。

■山城屋庄蔵■
渋谷区道玄坂2-6-4 2F

TEL:03-3461-9015  店舗電話番号
    03-5489-0039  予約専用番号 ←別の所で予約を承る様です。

営業時間 17:30~23:30(無休) 全禁煙48席 

「ル・デッサン Le Dessin」(牛込柳町)

2007.03.22(23:22)
2007年3月22日(木)大江戸線・牛込柳町駅徒歩1分。フランスで修行された経験を持つシェフが開いた、フレンチのお店です。評判がとても良いので初めからディナーでの訪問です。予約をし18:30に到着。
20070322225010.jpg

駅に到着し全く場所がわからなかったのですが、左の坂を上がってみたら、もう、すぐの所にそれらしき、かわいらしいお店を発見!店内は2人がけのテーブルが3つと、4人がけが2つのこじんまりと柔らかい色合いの落ちついた雰囲気。

20070322225026.jpg

テーブルにはかわいいお花が飾られ、店名にちなんだパレットのお皿と、紙ではなく、布のナプキンが。メニューは3900円と5250円の2コース。迷ったあげく、オードヴル・メイン(肉or魚)・デセール・飲み物を各5品の中から選択できる、3900円のコースをオーダー。メニューが小さなスケッチブックになっていて開くのも、わくわくします。
20070322225048.jpg

プティフール・まずチーズの入ったプチシューが運ばれてきました。

1品目「アミューズ・ひと口スープ」
20070322225102.jpg

カリフラワーのスープ。泡の様なまったりしたスープ。この段階で旦那さんは「このお店は期待できそうだ・・」と言ってました。

desan0230.jpg

温められて出てきたパンはもちもちしてこれだけでもおいしい。なくなれば言わなくてもマダムが追加を持ってきてくれます。これもあつあつ。計4個いただきましたぁ。

2品目「ゆり根のババロア季節野菜と白ワインで煮たホタテのフレーク添え」
desan0233.jpg

こちらのお店は、お料理に新鮮な野菜を上手に使ってると言う印象。野菜がシャキシャキして中のババロアがまた濃すぎない所がよかった。

2品目「フォアグラと生クリームのブリュレ」
desan0238.jpg

旦那さんオーダー。これ絶品!私は以前「ラミティエ」と言うお店でフォアグラプリンを頂きましたが、こちらに軍配。もう回りを割りながら、中が言葉にするのは難しい・・位おいしい~。しかもこの一緒に出されたお野菜、きゅうりなど、まんまるにカットされてるんですよ~。こちら+500円です。

3品目「マッシュルームのデュクセルを詰めたフランス産うずら・・香草風味網焼きじゃがいものガレット添え」
desan0249.jpg

隣のテーブルの方も同じもの頼んでいて、見ると下の土台がご飯に見えたのですが、これかなり薄くスライスしたじゃがいもが、かなりの厚みの量でうずらを支えていたのです。味付けがしっかりされてて山盛りのルッコラとで、すっごくおいしい!うずらはナイフを入れるとかなりの確率で骨にぶち当たります(笑)結果手で食べましたが、コンフィーなどに比べ、見た目程食べる所がないんで、残念。一緒にフィンガーボウルが置かれました。(手で食べるお料理の際汚れた手を洗う為の水の入った小さい銀のボウル)こちら+630円。

3品目「静岡産麦豚・豚トロの香草パン粉つけ焼き」
desan0244.jpg

これは私、Kon様のオーダーです。とにかくお肉が柔らかい!!!少々、オーバーですが、ナイフで切るつもりが、ナイフの重みだけで切れるくらいなんです。お味の方はくどくなくて、いくらでも食べられる感じ。また、甘ずっぱい木いちごのソースとの相性も良くて大満足でした。この添えられているお野菜も、色とりどりで目で見てもうれしい限りです。

4品目「いちごのスフレ・ホワイトチョコレートのアイスクリーム添え」
desan0263.jpg

運ばれてきて、うわぁ~と言ってしまいそう。中はしっかりいちごの味が主張してました。ふわふわの中にやや水分が多いのかな?私にはかなり甘く感じ想像とは違ったんですが、この焼き加減と、中の半レア状態での完成度はすばらしい♪

4品目「カンパリとグレープフルーツのサラダとはちみつのアイスクリーム添え」
desan0258.jpg

これ旦那さんの即決オーダーでしたが、大正解でした!左のガーゼに包んであるのはホイップクリーム、チーズ、ヨーグルトなどが入っているのかな?このフロマージュブランは、グレープフルーツの色合いがマダラに入ってて、もう他では食べられない1品ですよ!私がほとんど食べてしまいました(笑)右にはグレープフルーツがあり、その酸味と、はちみつアイスのほんのり甘いのが一緒に食べると・・・とにかくデザートがここまで凝ってる事にかなり感激しました。

カプチーノ
desan0272.jpg

私は普段何か入れたいタイプですが、このままで十分おいしかった!
珈琲・エスプレッソ・ハーブティーを含む5種類から選択出来るお店も、あまりないんでは?旦那さんは紅茶をオーダー。紅茶は驚きのポットで出てきました。カップも事前に温めてある様子。

焼き菓子
desan0274.jpg

最後にこちらも運ばれてきました。なんかこのお店出てくるものがサプライズ的に喜ばせてくれんですよね~。かなりお腹いっぱいでしたが、これ実物かなり小さいので、有難く完食しました!

このお店外観だけ見るとやや不安になりましたが、もう大正解でした。1つ1つ丁寧に作られてあって、1品出てくるのに厨房が2人のせいか、時間はかかるんですが、その分期待以上のものが出てきてくれました。
1番感心したのは、1人でフロアを担当してる奥様が、さりげない気配りの方で、かなり忙しい中、お水やパンをスッと持ってきてくれたり、メインを食べた所で(手で持って食べましたから)濡れたおしぼりを2本出してくれたり、それ以外では全くほっといてくれるので、すごくゆっくり過ごす事が出来ました。味も盛り付け含め文句の付け様がなく、かしこまらすぎず、カジュアルすぎず、人気があるのがよくわかりました。

最後もご夫婦でドアの所まで挨拶に来てくれました。隣の家族も常連さんでしたし、是非また来ようね♪と二人で話しながらお店を後にしました。
本日ワイン他アルコール3杯と、料理の+料金含めても2人で10980円でした。今回たまたま+料金のある料理をそれぞれ選んでしまいましたが、これはほんの一部のメニューだけでほとんどはついていなかったのでご安心を。チャージ料もないので、何とも良心的なお店です。

400アクセス目前に模様替えしてみました

2007.03.22(00:45)
いつも「おいしい散歩道」にご訪問いただきありがとうございます。

えー、左側に上からならんでいる「プラグイン」を(カレンダー、コメント、カテゴリー、記事など)を少し変更してみました。

いかがでしょうか?


まもなくカウンターが400ですね!

これからも頑張って更新していきますので、よろしかったら今後もご訪問くださいね。

次回はフレンチです!

「PANCAKE DAYS」(高円寺)

2007.03.16(19:50)
2007年3月15日(木)この日は京橋でランチをした後、パンケーキ専門店へ向かいました。混んでる事が予想される為、16時30分と言う中途半端な時間にお店へ。ここ前々からどうしても行きたかったお店。パン好きにはもうたまりません♪外観からしてかわいいのだぁ~高円寺南口から約7分。
20070315192641.jpg

Sweetのメニューが書かれたボード
20070315192620.jpg


Foodメニューが書かれたボード
20070315192631.jpg

外でどうしようか悩んでいると店員さんが、「本日貸切の為17:30までとなりますがいいですか?」と。えっっ~!!!!パンケーキ屋を貸し切るって一体どんな団体よ?と思いながら、頭の中はパンケーキ一色♪の私達、引き下がる事などできず、「ハイそれでお願いします・・」と中へ。

店内の雰囲気その1
20070315192656.jpg

店内がすごく明るくてディスプレイもかわいい!居心地も良さそう~こんな所に昼間から来たら腰は上げられません。。。女子高生・主婦・おば様・この際年齢は目をつぶりたくなる、大人心もくすぐられる雰囲気。昼間だとお子様連れも多いんだろうなぁ。

店内の雰囲気その2
20070315192705.jpg

店内は2人席が10位に、こちらのソファー席と、真ん中に長テーブルがあり、10人は座れる広さかなぁ~。一人のお客さんはここに案内されそう。しかしこの時間でも2人席ほぼ満席です。

パンケーキセット
20070315192729.jpg

時間がない!と焦りつつ、たくさんの魅力的なメニューから選んだ旦那さんのオーダー。まずはパンケーキ3枚が登場。けっこう大きいです。先に来たので1枚横取り♪食事に最適、全然甘くなくて、軽いのとも違う、キメ細かくてもっちりしてておいし~バターとメープルをかけてうん幸せ!何故か私達はこれをナイフを使わず、1枚ずつ丸めて手でホットドッグのようにかぶりついてました・・(汗;)

20070315192717.jpg

続いて「手作りソーセージ&スクランブルエッグ」カフェ風のプレートランチみたいだ。ソーセージがぷりっとしてておいしかった。他はまぁこんなもんかな。16:30にこの朝食の様なメニューでいいのか。。これにビールを頼んでました。このパンケーキセットは15時以降は1050円です。

ラムレーズンショコラ
20070315192743.jpg

わ~い来た来た!!これを待ってましたのよ。かわいい~。店員さんが「上に乗っているのはDAYS君です!」と。ほかほか笑顔のDAYS君はこちらの愛すべきキャクターみたいです。
これは、「バレンタインデー限定メニュー」だった様ですがリクエストが多く、平日15時以降ならと復活したメニュー。カットに失敗し写真がないんですが、こちらナイフを入れると中からチョコがどど~っと溢れ出してくるんです。しかもこのラムがかなり濃厚なのに驚き!こちら先程より小さめのパンケーキかな。4枚ありましたが以外にぺろっと最後のDAYS君まで完食してしまいました。これに15時以降は+250円で、珈琲or紅茶が付けられます。

高円寺はご近所だし、以前からお店の前はよく通っていた吉祥寺店は、お食事系のパンケーキがメインでテイクアウトもでき「アボカドとエビのわさびマヨ」や「ロコモコ」なんか期待大!もちろん「キャラメルマカダミアナッツ」のスイーツなども揃ってます。次の狙いはココナッツやビターキャラメルかなぁ~。15時までのランチでは今回のパンケーキセットはドリンク付で900円で頼めると言うんだから有難い!
旦那さんもけっこうまんざらではない様子なので、また誘えば来そうだが、一人でもお散歩がてら来よっと♪思い出すだけで行きたくなるぅ。

レジ横で静かに見守るデイズくん
20070315192757.jpg

本日セット1050円+ラムレーズンショコラ980円+珈琲250円+ビール600円で合計2880円でした。

「DOZEN ROSES」(京橋)

2007.03.15(19:39)
2007年3月15日(木)以前よりずっと気になってた「ダズン・ロージス」。手作り欧風創作料理のお店でわずか16席の小さなお店です。目指すは限定数のランチメニューなので12時に足早に到着。
20070315192553.jpg

「銀座和田門」で13年間料理長を勤められたシェフが1999年にオープン。お店を切り盛りするのは息の合ったご夫婦で。
ランチメニューは、「手作り 欧風カレー」(1日限定15食)、「特製 ハヤシライス」(限定10食)、「特製 魚介のピラフ」(限定10食)の3種類。これに、デザート・コーヒーがついたセットとオードブルがついたセットなどがあります。
カレーやハヤシライスのバターライスは大(250g)、中(200g)、小(150g)から選択。

1品目「サラダ」
20070315192342.jpg

小ぶりながら野菜が新鮮でドレッシングも手づくり感が伝わってきておいしい!

2品目「 手作り 欧風カレー 限定15食」
20070315192445.jpg

付け合せは3種類出てきました。赤いトマトとはちみつとレモンで作った濃厚ペースト、加える事でカレーの辛みを抑えたい場合や酸味・甘みを補うためにとご主人より説明が。他に福神漬とらっきょうが。
こちらのカレーは旦那さんオーダー。ライスは注文を受けてからバターライスをフライパンで炒めて出してくれます。いやぁ~まっ黒なカレーが出てまいりました。見るからに煮込みました!という食欲をそそるお色です。どうやら3日間かけて煮込まれているんだとか。すごい濃厚!初めて出会う味、辛さも後からじわじわ~ガツンときます。
kon様!談「何て言えばいいのか、インド系のカレーの様にスパイシーな辛さではなく、深みのある辛さの欧風カレーで癖になる感じ。伊万里牛が入っているのですが、肉よりもルー自体にインパクトがあって私は好きですね」 こちら1365円です。

3品目「ハヤシライス 限定10食」
20070315192516.jpg

こちらも負けずに黒い!しかもルーより具の方が多いんだぁわ~このお肉がなんとも贅沢♪一口食べればお肉の質がわかります。米沢牛のヒレ肉を使ってるんです。お肉と玉葱が同じ大きさに揃えてカットされてるのはこだわりでしょう。ワインの香りもします。玉葱も相当炒めてる感じで、見ただけで根気のいる作業を丁寧に時間をかけてされてるのがわかります。まさにプロの味、自宅ではまず出せない味なので、食べれば1575円も高くはないと思わせます。

4品目「本日のデザート」
20070315192529.jpg

お店の奥さんからデザートのメニューを告げられ、【デザート+飲み物が470円】との事で以外とお得!そして期待できそうな雰囲気もあったので、4つある中から1セットお願いしたのがこちら「あたたかいチョコレートケーキ」です!お出しするまでに7分かかりますとご丁寧に。

20070315192541.jpg


【kon様!のコメント】
あたたかいチョコレートと聞いていたので、どんな物が来るのかワクワクしながら待っていたのですが、待った甲斐がありました!めちゃくちゃ美味しい!
外のスポンジ部分を割ると、中からドローっとあたたかいチョコが出てくるのですが甘すぎなくて、ほんとに美味しかったです。また添えられた生クリームと混ぜて食べると、スポンジの部分が少しカリッとしてて、相性がバッチリ。これまで数多くのデザートを食べてきましたが、ベスト3に入るほどのもの。まさか、カレーを食べにきてこんなに美味しいデザートに出会えるとは思ってもみませんでした。

こちらではカウンターに通されたのですが、この夫婦に見守られて、食べてる感じでかなりの緊張感があったので、写真も見てるんだろうなぁ~と上を見ない様に(視線は感じつつ)してました。正当派な洋食屋という印象。客層もお偉いおじ様だったり、気軽にランチ♪という雰囲気でないのが残念。まぁこういうお店だからこの味が出せるんだろうなぁと思えるお料理でしたが。合計3410円でした。

このお店を探してる途中「イデミ・スギノ」を偶然発見!!去年問い合わせた事もある位行きたかったお店。これには二人して興奮。お昼辺りで商品がなくなると言う噂のケーキ屋さん。しかも狭いっ!営業してれば間違いなく帰りに寄るんだけど、こともあろうに「本日休業」の張り紙が・・・あぁついてない・・でも場所がわかっただけ収穫でした。



「リストランテ マッケローニ」(自由が丘)

2007.03.09(15:16)
2007年3月8日(木)私は今回で5度目、kon様は3度目の、今自信を持っておススメしたい、NO1の「リストランテ マッケローニ」です。

ここで紹介しない訳にはね。まだオープンして2年目。
イタリアで修行の経験を持つ30代の若きシェフが一人で切り盛りする自由が丘のまさに「隠れ家」そのもの。

20070308234419.jpg

気合を入れて場所の方を。自由が丘の駅正面口を右に出て、自由が丘デパートを右手に見てまっすぐ。

最初の十字路を右に曲がるとガード下があるので、そこをくぐる。
そのまま直進で左手にローソン、右手にボエム。それを確認し右手に「24時間パーキング」が見えるので、そこを左折。住宅街に入ってそのまま直進。

不安な気持ちを抱えつつ歩くと左に「よかろうもん」という店の白い看板が見えたら、重い木のドアがお店。
ディナーは 『シェフのおまかせコース』のみ。

1品目「イシガレイのカルパッチョ」
20070308234442.jpg

彩りきれい~!前菜にふさわしく、あっさりとしていて、この赤いのはドライトマトをオリーブにつけたものだと思いますが、ビンから出しているのが席から見えました。

1品目から、小さいポーションが続きます。

2品目「じゃがいもとカラスミのグラタン」
20070308234531.jpg

こんなお料理見た事も、食べた事もない!
すごい創造性溢れるお料理だわ。
中にはスライスされたじゃがいもが重なってます。こってりとしたクリーミーの中にカラスミのいい塩気が絶妙なんです。

自家製パン
20070308234500.jpg

自家製フォッカチャと、カレー味のグリシーニです。
ここではパンをその都度温めて出してくれます。

3品目「鴨のハンバーグ」
20070308234547.jpg

かわいらしいハンバーグの回りには、きのこ類と松の実などが添えられ、その歯ごたえがおもしろい。
ここのお料理はソースにも毎回楽しませてもらってます。
こちらはバルサミコのソースで。

4品目「イカスミのプリン」
20070308234616.jpg

シェフがお皿を出し、小声で料理名を言うんですが、えっ・・・え~今なんて言った??『イカスミプリン??』

ここでは、イカスミがプリンになるのね。

トマト・パセリ・あさりが脇を固め、みた目あれですが、イカスミは最後の最後に口にふわっ~と主張する位。

自家製パン
20070308234601.jpg

このライ麦か全粒粉?のプチパンが出てきました。
これもあつあつでおいしい!なくなれば言わなくても、追加を出してくれます。
ただ料理の事を考えるとパンは控えなければね・・

5品目「ソーセージとスペルト小麦のスープ」
20070308234630.jpg

これおいしかったなぁ~このプチプチとした食感が最後まで何だろう?って。

小麦は下に沈んでて写真ではわかりずらいですね。
帰り際聞くと「スペルト小麦」との事。調べてみると、多くのタンパク質、アミノ酸、ビタミンB、ミネラルを含んで栄養価が高い穀物みたい。
おいしくて、身体にいいなんて。。お皿の回りにはパルメザンチーズが。

6品目「ホタルイカのアラビアータ」
20070308234644.jpg

ここから大きめのポーションでパスタ。

ホタルイカがゴロゴロ。このパスタの麺はやや平たくて、かなりアルデンテ
こちらでは来る度いろんなジャンルのパスタが食べられます。前は「牡蠣とパクチー」。

7品目「白魚とハナッコリーのリゾット」
20070308234656.jpg

今までは全く違ったパスタ2種類が出てましたが、今日は遂にリゾットが登場

ベースはチーズで、上の透明はもの、これ白魚。
しかも大きい!この菜の花の様な食材、最後シェフに伺うと「ハナッコリー」。

またまた調べると、ブロッコリーと中国野菜の「サイシン」を掛け合わせた独特の旨みと渋みを持つ、花も茎も食べられる山口県の品種だって。ここまで来ると満足度も最高潮。

8品目ラストです。 「牛ロースグリル」
20070308234709.jpg

カウンター越しから、大きな鉄板が見えた!強い火力大きな牛がドカン!

あまり言ってしまうと何ですが、ここでは最後の最後に、これぞメインです♪
と言うもので締めくくられるんです。初めて来店した時は驚いたわ。

20070308234720.jpg

出てきた上の写真では薄い生ハムが。
ラルドと言うハムの脂身の部分です。
お肉自体には下味はついてない感じでしたが、このハムかなりの塩気があるので、後からかけた黒こしょうとで、もう完璧、とても計算された一品でした。

追加オーダー 「キャラメルのジェラート」
20070308234733.jpg

ここはデザートはコース外。
シェフに何故?と伺うと「デザートが得意じゃないと言う方もいるんで、コースの中に入れて料金をとるのは申し訳ない。食べたい人だけどうぞ」との事。

その辺のジェラート屋さんよりはるかにおいしい!私はこれも楽しみで毎回です。

ジェラートは季節により違う様で、何種もある時もあれば、本日の様に1種類だけの時もあり、来てみてお楽しみ。ジェラートは各420円。全て自家製。手前のはキンカンです。

お店は8席カウンターのみで、シェフ1人で次々とお料理を作り、サーブし、手が空けば笑顔でお話もしてくれます。
一度食べたお料理は憶えておいてくれるのか?私はディナーで4度、同じお皿が出てきた事は1度もありません。

時間制限・チャージ料もなし。

本日アルコール4杯+アイスピーチティ(525円)カフェマキアート(315円)ジェラート(420円)を入れても二人でナント合計11780円でした。

ランチは2500円前後で前菜・パスタ2種・メイン・デザート・飲み物と言うすばらしいコスパ。

■リストランテ マッケローニ■
東京都目黒区自由が丘1-3-2  tel 03-3724-0150
Lunch : 11:30~14:00 L.O.
Dinner: 18:00~21:30 L.O.

日祝休  全て要予約です。(予約の際苦手な食材を聞いてくれます)


「ブラーチェリア・ラ・ファーメ 」(代官山)

2007.03.04(23:15)
2007年3月4日(日)女性3人で代官山へお散歩です。今回は雑誌で気になってたブラーチェリア・ラ・ファーメでランチ 。初めてのお店にお友達を連れていくのは、とても不安・・日曜なので、12時で予約しました。代官山駅北口より徒歩8分。ここは穴場的な雰囲気です。
SANY0095.jpg

ランチは2種類ありますが、飲み物・デザートまでつく「メニューファーメ」1350円に決定!

有機野菜の小皿料理
SANY0075.jpg

他に「イタリアのオムレツ・フリッターダ」と2種の中からの選択でしたが、3人ともこちらをチョイス。これはボイル野菜をパルメジャーノチーズで和えたもの。パスタの前にこれが出てきてびっくり。通常のサラダで目が慣れていた為これ新鮮!しかも量もそこそこあり、見るからに身体によさそ~有機野菜だし♪この鮮やかな黄色いもの・・店員さんに確認すると「インカのめざめ」という新種のじゃがいも。とってもホクホクしておいしい。

牛乳パン
SANY0078.jpg

このパンがどうも有名らしいと言う事は知ってましたが、食べて見たら本当においしかった!オリーブオイルで焼いた弾力のある自家製パン。今まで食べた事ない食感。回りがカリカリしてて、いくらでも食べられそう。こういう所にお店のこだわりを感じます。

サーモンと小松菜のクリームパスタSANY0086.jpg

パスタも2種の中からのチョイス。こちらはお友達の。少しわけてもらいましたが、見た目よりこってりしてなくて、なかなかです。サーモンも大きいのが多いですね~。

サーモンと小松菜のクリームパスタ・フィットチーネ
SANY0083.jpg

今回お友達がサーモンの方がいいけど、麺はフィットチーネが好きなんですよねぇ~との希望に店員さんより、いいですよとのお言葉が!!
なので上2枚では麺だけが違ってます。ここの店員さん本当にいい人でしたぁ。

ボロネーゼ・ミートソース
SANY0082.jpg

お肉がしっかり入ってました。麺の茹で加減もちょうどいい。
私はサーモンのクリームパスタの方がおいしかったかなぁ~。

キャラメルパウンドケーキ
SANY0089.jpg

紅茶のパウンドケーキと2種の中から選択できます。アイスなどより、やはりこういう方が得した気分です!ほのかにキャラメルの味がして幸せ。これに飲み物が付くんですが、これが珈琲・紅茶・カプチーノ・ハーブティの中からとの事。別メニューを見せられ、カプチーノは単品500円になってたんですが、頼めるとの事でアイスカプチーノを。写真がないんですが、これが予想以上においしかった。1350円で満足満足。

こちらのお店思った以上に混んできて店内満席。店員さん2人で大忙しでした。後から来たお客さんはテラス席へ。晴れてればここでもいいなぁ~と。このお店去年の3月オープンで、炭火焼きが評判の様ですが、20代の若き店長がワインのソムリエの資格を持っていたり、9種類の手打ちパスタなど(パスタの見本が展示されてた)内容も本格的なので夜にも是非行ってみたい要素満載のお店でした。店内は小ぶりでややカジュアル。かしこまり過ぎず、とても居心地がいいのです!店員さんもとっても感じが良いのでいいお店見つけたって感じです。

「ラミティエ」(高田馬場)

2007.03.01(17:01)
2007年3月1日(木)ランチでは久々に、予約がとれない事で有名な低価格でフランス料理を食べさせてくれるビストロ「ラミティエ 」を再訪。昨年に内装、外装を少しリニューアルしたとの事。
シックな赤が可愛らしい。高田馬場駅・早稲田口から徒歩4分位の大通りから左に入ったとこがお店です。

SANY0066.jpg


前菜とメインをそれぞれ選んでランチだと1050円です。今日は前菜が6品、メインも6品ありましたが、以前(もう1年以上前)とはそれ程メニューが大きく変わった感じはなかったです。

前菜1「サーモンのタルタル」
SANY0054.jpg

こちらは奥さんの前菜です。分けてもらって食べましたが正直、感動はないが、下のパンがカリカリで上ふわふわ。普通においしいですね。サラダには酸味のあるドレッシングがかけられます。

前菜2「鴨と豚のリエット」
rami002.jpg

「リエット」ってよく分からないまま、これまで頼んだ事のないメニューであるのは間違いなく、とりあえず、お願いしたところ・・この写真のような物体が(苦笑)鴨と豚の肉をペースト状にして、パンに付けて食べるといったところでしょう。こういうのを食べると飲みたくなるんだよな~。ディナーの前菜で有名な白レバーよりは癖はないですね。

「パン」
rami005.jpg

欲を言えば、ディナーの様にバターがほしいなぁ。特筆すべきものはありませんが、先程のリエットを食べるには必需品と言えますね。私はリエットだけでも全然平気ですが・・こちらは温めてはありません。

メイン1「パルマンティエ」
rami007.jpg


このボリューム!見るからにおいしそう♪
パルマンティエは、牛と鳥のひき肉が一番下に敷かれ、その上にマッシュポテト、一番上にチーズを重ねて焼いたもの。
これは以前に食べた事があり、とてもおいしいけど何しろこの量ですからね・・
1050円ランチでここまで出すのは立派。この焦げ目も絶妙の焼き具合。

メイン2「鴨のコンフィ・シュークルートガルニ添え」
SANY0060.jpg


こちらも以前食べた事があるのを料理が来て思い出しました(苦笑)
まあ、私は無類の”鳥好き”ですから問題ありません!
この肉の下には2種類のソーセージ、ベーコン、ジャガイモ、ザワークラフトが。
そういえば、昨夏にドイツのビアホールに行った際も、ソーセージ、マッシュポテト、ザワークラフトが大量に出てきたのを思い出したなぁ。

デセール1「クレームブリュレ」
rami012.jpg


デザートも6品の中から。奥さんのデセール。
この表面がカリカリしておいしい反面、私には甘いかな?
でもおいしい、おいしいを連発してましたよ。
しかしこれ普通のお店の倍はあるんじゃないかな?

デセール2「チョコレートのマカロン」
SANY0064.jpg


確かに、日本でよく言う「マカロン」が出てくるとは思ってませんでしたが、このような形で出てきたのにもビックリ!チョコとソースのコントラストが綺麗で、とても美味そう!

実際のマカロンより上の部分が甘いのですが、チョコに深みがあり、しつこい甘さではなく躊躇する事無く、アッという間に完食。

ラミティエと言えばコスパの高さに加えて、その量のすごさに驚く人が多いけど、とにかく店内の狭さが難点。
特に本場のフランスのビストロと言えば、気楽に昼間からお酒を飲みつつ、ラフな姿でノンビリと食事をしているのを見てから、心底「もったいないなー」って思いますね。

ディナーは10品近くからそれぞれ選んで2500円ですが、ランチでも夜に近いクオリティの高さですね。

ここまで手間ひまかけて、前菜+メインで1050円って。525円でデザート+飲み物つけて一人1575円でした。
ここは時間が予約時に決められますので、(今回は12:00~13:10)まったりしたいわ~と言う方には向かないですが、行く価値は十分。
私達は相当行きましたね(笑)



| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード