スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「 YAFFA ORGANIC CAFE  」 (渋谷)

2013.11.11(19:24)
2013年11月3日(日)今日は女三人で久々のランチ♪
5年近く前一緒に働いていた同僚です。
つかず離れずこうやって今でも声をかけあえば集合できるってうれしい。

3人の住まいから会うのはいつも渋谷。いつも同じ店なので今日は私が新規開拓してみました。
なかなか評価が高そうで穴場ぽい?オーガニックカフェ。


ofa002.jpg

場所は説明しづらいのだけどヒカリエから待ち合わせして迷わなければ5分位。
WINS(馬券売り場)を左に代官山方面へ。ファミマが見えたら前の通りに渡る。高架下を右に折れたらあります。聞くだけじゃめんどそうね。

11:30のOPENで入店したかったので待ち合わせははりきって11:20。


ofa003.jpg


さすがにまだ誰もいませんね。本当に知らないと通らない様な場所でした。
店内かテラスか聞いて下さるのでテラスにしてみました。

これからの時期は厳しいかもしれませんねー。この日位がギリギリかな。
ストーブがあったりブランケットの貸し出しもありますよ。


o-ga004.jpg

ランチのメインは4種類ありました。1300円のメニューなら
メイン+(サラダ・スープorデザート)から選択可能です。

ドリンクは付かないのでランチドリンクなら+300円~


ofa009.jpg

私ともう1人の友は有機玄米ランチです。

デザートは後で他で食べるよね~と今回はトマトポタージュにしてみました。
トマトは酸味は控え目。まろやかです。個別サラダはパスタの友達の分です♪


ofa013.jpg

o-ga014.jpg


おっ美味しそう~~

もう運ばれただけでテンションが上がりますね!
友達は玄米を絶賛。もちもちと噛みごたえがあって。サラダも新鮮です。

メインはサーモン・大きくカットされたアボカドもソテーされてます。
そこに蓮根やサツマイモなどがコロコロと入っててあんかけに。
中には皮つきのジャガイモも入ってるのでとってもボリューム満点!


ofa011.jpg


友達の
茸とちんげん菜のトマトソースパスタ  1300円

アルデンテのパスタ。1口だけ頂きました♪ これは正直他でも食べれそうです。


o-ga016.jpg

ofa019.jpg


紅茶のプティング

本当はボードに書いてあった白みそのベイクドを頼んでみた所なくなってしまったみたいで。
紅茶のプティングは本来ランチデザートにミニでつく様なのですが、3人で食べたかったので大きめのカットで出してもらいました。


とってもしっとり♪ 
クリームも含め甘さも控えめ。リンゴのワイン煮がまた美味しかったなぁ。


ofa017.jpg


オーガニックチョコとドライフルーツのパウンドケーキ  単品630円


渋谷ってゆっくりお茶できるお店ってなかなかなくて敬遠しちゃうけど、このお店知ってたらご飯後に、1000円でデザート&ドリンクで利用するのもオススメ。

私達は居心地が良くて(お姉さんの対応も)3時間位まったりしちゃった。
15時前後はカフェタイム突入らしく追い出される事もないんだって!(確認済)

後ここナチュラルハーモニーのお野菜使ってるんだぁ。
これ東銀座にある日水土と一緒なんて。もっと早く知りたかったお店だなぁ。




スポンサーサイト
渋谷 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

「 日本橋伊勢定 東急百貨店本店  」 (渋谷)

2010.08.22(19:52)
2010年8月18日(水)今日は私の実家横浜の母とkon様と3人で映画を見てきました。

私の母は映画が大好き。最近はインセプションを2回も観に行ったとの事!
なぜ2回なのか・・・1回では理解できなかったからだそうです。


ari005.jpg

しかも聞くとここ渋谷のBunkamuraでしかやってない映画も2ケ月に1度のペースで来てると言うからこれまたビックリ!

誘われたのはこのフランス映画。原作:アガサ・クリスティー サスペンス。

田舎で繰り広げられる愛・憎しみ・殺人・・最後犯人はああ、あなただったのね・・とはなるんだけど、その過程が単調と言うかハラハラドキドキがなく、私の両隣は時々居眠りする始末・・



ari018.jpg

うーん1800円を出して観る価値はなかったなぁー。
でもフランス語ってやっぱり素敵★
なんて思いながらの昼食。

東急百貨店 渋谷本店 8Fにある鰻屋さん。


ari011.jpg


考えたらここ何年も外で鰻なんて食べてなかったし。大好物ではあるんだけど。
それに反してうちの実家はそれこそ2ケ月に1度は鰻を食べに行くと言う家でした。

近くに安くておいしいお店があったと言うのもあるんだけど、またぁーって位連れて行って頂いてたなぁ。
なので母はこちらの膳。品数は多いけど、これと言ってパッとしない感じね。


和食膳 2415円



ari016.jpg

私とkon様はこちらのもちろん鰻。日本橋って名がつくだけで期待してたんだけどこれまた普通。

脂がのってる訳でもないし、肉あつでもない。
その割にやたら出てくるのが遅く、じっくり焼いてるんだろうなぁって期待で持たせてもらいましたが。


松御膳 2520円


ari015.jpg

しかもここ昔ながらの店内。よくあるデパートのレストラン街って感じだね。

店員さんはかなりお年を召した方が数人。70歳位?品はいいんだけど、お茶のお代わりとか代わるがわる違う方が来て、このお客の人数に対して多くない?って感じでした。



ari029.jpg

今日の本命はここかな。前から気になってた地下にある「ドゥ マゴ パリ」。

パリのサンジェルマンに本店を置く由緒あるカフェ。
海外初業務提携店がBunkamuraなの。

あーパリにまた行きたい~って思わせてくれるこの色合い。使い込んだテーブル。 


ari021.jpg

私が食べたタルトタタン

ari024.jpg

kon様のロールケーキ

ari026.jpg

母のレモンシャーベット

ari027.jpg

ここ最近では見た事のない雨が少し降ってきたのでやや内へ移動。

近くの方が食べていたランチもおいしそうだったな。けっこう知られてない気がするここ。

取り寄せしたと言う、梨と桃を重いのに手土産で持ってきてくれて、お昼はご馳走になり、悪い事しちゃったわ。
でも私からのお土産もとっても喜んでくれたのでよかった。

私もあんなアクティブな女性でいたいわ。
素敵な年のとり方で尊敬の母。

映画はイマイチだったけどフランスを堪能出来た1日でした!



渋谷 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

「 並木橋 なかむら 」 (渋谷)

2010.03.18(23:20)
2010年3月10日(水)昨年から行きたいお店リストの上位にあったこのお店。
大人な和食のダイニングとして渋谷では人気でね。ちょっと気軽で、居心地のいいカウンターには30-50代中心のお客さん。 銀座KAN の系列店となればこれまた楽しみ。JRA方面の山頭火の裏辺り。

naka029.jpg

「寅福」みたいな作りだわ。厨房と言うべきか、キッチンはかなり広くとられ、その回りをカウンターが囲みます。

驚くべき事は役割分担の徹底。刺身&おばんざい担当。揚げ物担当。ドリンク担当。入り口でお客様を迎える担当。
入って左の大きめのテーブル&電話番担当。

スタッフが絶妙な距離で配置されて仕事をしてるので、かけずり回るなんて事がないんです。



naka001.jpg

付きだし。根三つ葉がだしの効いた汁に入ったお椀。上にはかつおぶし。

naka012.jpg


naka003.jpg

鯛 カンパチ カツオ「銀座の常連さんって事でサービスです」とくれたマグロ。
本当は初カツオをkon様がお願いしたんだけど、よかったら盛り合わせにしますか?と言われ

「はい お願いします」って。てか銀座は1回だけで常連では決してないんだけど、まっいっか。


naka008.jpg

これも「砂肝コンフィと菜の花ピリ辛味噌」をお願いしたんですが、またしても「盛り合わせにしましょうか?」の一言で今度は私が、お願いします!と。2人とも断り下手。やっぱ砂肝と味噌ベストマッチだわ~。


naka024.jpg

食器にもこだわりがある様で、なかむら って店名が入った取り皿なんかも。


naka009.jpg


今月一推し  福島県 小名浜の干物屋 伴助の干物 1500円

私があんまりお刺身は好きな方ではないので、「あー焼きもいいなぁー」と言ったのを店員さん聞き逃さず、すかさず木箱に入った魚を見せて、こんなの入ってますよーって。 


以下~ なかむらblogから抜粋 ~

普通の干物と比べるとかなり高級な物ですが、毎日 山 (完売)!
旨いものは高くても納得して頂けるのでしょう
一度なかむらで食べてみてください・・・だそうです。

naka011.jpg

最初 銀たらにしようとしたんですが、「2500円ですけどいいですか?」と言うので、
kon様は「いいんじゃない?」と言ったんですが、小心者の私が「止めます」と。

でも結果、この鯖はめちゃ旨かった!

今日の3品と言ったらこれは外せない位脂がのってて、しゃぶった様に食べたよ。伴助って見えるかな?


nakamura020.jpg

naka018.jpg

このメンチカツは なかむら の名物みたいですよ。隣の方は「ころっけ」食べてたかな。
今日1番印象に残ったのがこれかも。ちょっと忘れられない位。
玉葱が粗めで、この甘みと肉汁はどこからくるものだろうと、とにかく感激。


nakamu023.jpg


これ少量に見えますが、2人でこの段階で頼むにはしっかりお腹にたまる量でした。
お肉は程良く煮込まれて、甘さも丁度よく、菜の花も茹でるすぎる事なく、右のは新玉葱かな、大きめにあえてカットしてあって、これもおすすめ。


naka025.jpg

白魚と根三つ葉のかき揚げ

かなり大きい塊を2つに切って、1人2個ずつありました。白魚はたくさん入ってて、さくさく。


naka031.jpg

骨付き鶏もも肉と花野菜のチーズグラタン

これはいらなかったわ。鶏が骨が邪魔でたいして食べる所がなくって、ブロッコリーなどの上にホワイトソースって感じだから驚きもなかったかな。


naka034.jpg
naka038.jpg

苺大福 600円

これも名物みたいです。デザートは2つしかないので2つ頼んでみました。出されて「大きくないですか?」って。
いや比べた事ないから大きいかは・・わからないのが本音。

どうも業者さんが、1パック11個入りの苺を間違えて今日は1パック7個入りを持って来ちゃって、これで作ったので赤字です今日はと。そしてkon様がトイレ中に店員さんその MとLの違い?の苺を見せてくれました。

確かに餡が申し訳なさそうについてる。で、見た事ない位の苺の粒。
いや~これもおいしい。


nakamura041.jpg

白いんげんの羊羹 500円

苺大福があんまりおいしかったから期待してなかったんだけど、キンキンの冷えたお皿で登場したこちら。
白インゲンとは言われても?なんだけど、この上品な味わい・・
これも是非頼んでみて!

nakamura047.jpg

外に出て私が棚に置いてたデパ地下で買ったパンの袋を忘れ、慌てて板場の担当してくれてたスタッフが、持ってきてくれたの。
忙しいのに申し訳ない。

で、何か言いたそう・・「あの、、10秒ここで待ってもらってていいですか?」あっはい。

何かくれるんだわ!と期待してると、2人に1枚ずつご自分の名刺を下さって。

これ予約で必要じゃないよな?どうしたらいいんだろう。下さった意図はわからなかったけど、最初から最後まで目の前だった事もあって、スマートな接客で非常に気を配って頂きました。

kon様曰く、キングコングの西野、私はEXILEを脱退した元ボーカルの(清木場俊介)さんに似てるなーと。
いづれにしても素敵な方と言う事です。


nakamura045.jpg

19時位になると予約の電話なのか今日空いてるかの確認か?とにかく電話がすごかった。当日はまず入れないでしょう。確実に行きたいなら1週間前位がいいんじゃないかな。

ホッとするお料理と、素材にこだわって丁寧に作られたお料理の両方があって、落ち着いて食べれる環境をスタッフの方が作っているけっして居酒屋レベルではないですここ。

メニューももっと多くていい気もするけど、自信のある物だけを厳選してるからどれを食べてもおいしいのかなっても思えます。全体的なレベルは非常に高くまた来たくなるのもわかるわ。


合計 13690円  1人 6850円 今日もちょっと頼み過ぎたかな~。。



渋谷 | トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]

「 bacar バカール 」 (渋谷 松濤)

2010.02.18(00:49)
2010年2月3日(水)ようやく行けた~このお店昨年からkon様にプレゼンしとりました。その時は何故か却下。
そして今年、やっぱどうしても行きいんですけど・・って事で再び。
2週間前に予約を入れました。訪問日の4日前位でしょうか?お店から確認の連絡が入るのがバカール流です。

baka056.jpg

場所は渋谷東急本店から割とすぐですが、複雑過ぎずよくここに構えてくれたと言う絶妙な場所。
まっすぐなので、さすがの私でも覚えられました。
まだオープンして1年2ケ月。ふぅ今行っといてよかった。
土曜のみランチもしてましたが、4月からディナーのみとなります。
このお店今後大変な事になりそな予感です。

baka059.jpg

予約の際18時~と伝えると、「時間制限にさせて頂いてます宜しいでしょうか?」てっきり18~20時までで・・・いいですよって言う準備をしてたら、「18~21時までなんですが・・」と、とにかく低姿勢。3時間もいていいの?って逆にびっくり。今までいろんな所に予約してきたけど、この丁寧さはすばらしい。こういうお店は間違いないです。

baka067.jpg

お店は狭いです。カウンター6席位かな。奥にテーブル6人席があります。後で知ったけど、サービス担当の方はワインコンクールで優勝してる方。
シェフは2人いて1人は四谷の「ミクニ」 青山の 「ラ・ブランシュ」。

お料理はコースでもアラカルトでも。はい私達18時~しばらく気さくなサービスの方を独占してました。

baka061.jpg

トマトのアミューズ

5つの味(甘・苦・酸・塩・辛)を楽しんで下さいとオーナー。
このお店はねーもう1つ1つ、とにかく細かく料理の説明をしてくれます。マッケローニとは真逆だなぁ。
裏のキャラメリゼされた食感が最高!この1品でシェフの探究心みたいなものを感じました。


baka063.jpg

これはやばい!パン好きでなくてもキッチン中央の、この籠に盛られたパンに目が行くはず。

四角いブリオッシュには店名を入れるなんて心憎い演出。コースの場合1個はつきますが、2個目~は料金が発生します。私達2個ずつお願いしました。籠に料金カードが付いているのでご安心を。

ワインを練り込み角切りのベーコンを加えたパンとかも、きちんと食事に合うパンに。

baka065.jpg

豚リエットと発酵バター

やや濃厚なリエットは酒のつまみやパンにつけて。ただパン自体がおいしいので、何もつけなくてもパクパクいけちゃいます。
リエットは2人分がけっこうな量なので、後でどう食べたらいいか迷ってしまいました。
これは残すのが惜しかった本当に。このお店は見せ方1つ1つが計算されつくしてるのよね関心する程に。


baka071.jpg

静岡産のトマトにマイクロラディッシュ、沖縄のヤングコーン。
このお髭も食べれるんですよーとオーナー。
すっごく全国のおいしい野菜にこだわりがあるのが、この辺りの説明でビシバシ感じます。


baka073.jpg

有機野菜のバーニャカウダ  

「バーニャカウダって普通アンチョビ、ニンニクでしょ?うちは蟹味噌なんですよ~」と誇らしげに説明するオーナーが可愛らしかったわ。
アスパラの穂先はゆでて、軸は生で。カリフラワーも左の奥には紫のも。

この器もオープン当時は既製の物を使ってたんだけど、試行錯誤1年かけてより良い物へと変えていったと話してくれました。こちらは特注だそうで、お野菜が生け花みたいに綺麗だった。


baka075.jpg

かに味噌のディップで頂きます。とにかく贅沢。くどそうですが、頂くと全然。むしろアンチョビの方が途中で飽きてくるかも。この紫芋は鹿児島のお芋を焼いたもの。お野菜によってベストな調理法で楽しませてくれ、かなり手間がかかってます。

baka076.jpg

フォアグラと鰻のソテー マンゴーを添えて

たしかこのお料理が出てきてもお客さんはまだ私達だけだったかな。なので、ここまでの撮影はとにかくやりづらかったです。そしてこのお料理には、オーナーが、「こうやって撮るのがベスト」ってお皿を回しました。
それはわかってますが、後ろの生のマンゴーが見えないよぉー。


baka077.jpg

はい角度を替えてもフォアグラしか見えません。このメインはいくつかの中から選べます。ボードの中からもOK。今だと時期な「ホワイトアスパラガスと白子のムニエル」なんてお料理も魅力的だったなぁー。ただ穴子は捨てがたいのよ。

穴子とフォアグラを食べて~後からマンゴーを追いかける様に~って、指示されました・・本当ださっぱり。

baka079.jpg

はい。またしてもパン追加。結局6種類中5種類の3個ずつ食べてしまいました。いいんです。この日のカロリー摂取は予想していたので、ちゃんと?朝昼抜いてきたもんね。全てほんのり温めて提供してくれます。
かぼちゃパン(別にかぼちゃ餡が入っている訳ではないよっ)と全粒粉のパン。

baka081.jpg

ブルターニュ産うずらにライスを詰めた丸ごとロースト ポルト酒ソース

STAUBのままテーブルまで持ってきてくれました。持ち去る前に撮影を。


baka083.jpg

baka088.jpg

kon様には上のモダンなお皿で、私には真っ白で。
1人前に取り分けて持ってきてくれますがけっこうあるね。
パン食べすぎたかしら。ソースが煮詰まって甘さと酸味と独特な香り。
ワインに合うお料理だわこれ。 このライスの麦の食感がまたおもしろい。


baka097.jpg

このお店自慢のSTAUBで炊き上げるご飯。この鍋つかみお手製でかわいー。ジャストサイズね。

2人で同じでもいいけど、せっかくなら別がいいよねとオーナー。
私は小鴨とトリュフ葱の鉄鍋炊き上げご飯。
スペイン産のお塩をよかったらと。雪の結晶みたいにサラっとしてた。

この小鴨の脂のすごい事。また葱が甘い~。よーく混ぜてね。


baka094.jpg

kon様のフォアグラと鰯のご飯。この組み合わせ究極ですね。
ここでしか味わえません。
時期によって変わるのなら、この炊き上げご飯は今後もかなり期待ですよ。


baka102.jpg

デザートはよりグレードアップしてみえた。6種類位説明されたんだけど、4種類位が覚えるのに限界ですね。

どれも興味深い物ばかり。kon様の最後のデセールはキャラメルのスフレに、塩キャラメルのアイス。
ふわふわではないけど、焼きたてのスフレの中には、濃厚なキャラメルソースに冷たい塩アイスうまいです。

baka099.jpg

バラを使ったものが2つあり、どうしてもどちらかを選びたかった。1つは香りを閉じ込めたもの、でパフェ。

もう1つは香りを放ったもの。これはね、器が数ないんですって!
なので頼むなら1人にしてねって。

baka105.jpg

なんと真ん中にあるボール上の蓋を開けるとドライアイスがドバァーと、中からバラの香りがふわ~~っ♪
周りはあまおうやメレンゲ、アイスクリーム。苺の頭にフサがっ。
かっかわいいっっ最高のサプライズです。



この写真忘れてました。。ので追加で掲載。これが本当の最後だったな。
少量でもこれがあるのとないのとでは、全然違うよね。
生キャラメル。溶けないギリギリで提供してるとの事。
口の中でふわーっとでも甘すぎず。


ここは思った以上でした。kon様も再訪したいと思えたのはシブレット以来だなと言ってたし、やったね。

なんだろ。。普通に食事に行ったのに、なんか特別な日だった?って勘違いさせてくれるようなお料理と演出の数々に圧倒されて、あっと言う間の時間だった。そのどれもがおいしくって、、こんなお店早々ないよ。

とにかく気配りなオーナーさん。きっと電話に出てくれたのはこの人だわっ。お釣りのお札もピン札でした。


コース×2 アルコール3杯 パン4個 合計 14,300円  値段も良心的よね。

★ アクセスが10万件に~♪いやぁ信じられないわ。こんなにたくさんの人が見てくれたとは感謝です。
もう止めてもいいかなぁなんて思ってたけど、バカールにも出会えたし、せっかくなんでもうちょっと頑張ってみよっかな。



渋谷 | トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]

「 中華そば すずらん 」 (渋谷)

2009.12.10(21:14)
2009年12月9日(水)更新予定のイタリアンをすっ飛ばし、なぜか昨日訪問したばかりのラーメン屋さん。

渋谷と言えば道玄坂に「喜楽」と言う中華そばのお店があって、これが汚いし場所が怪しい所にあるんですが、大昔行って好きだったんだよね。今年かな、HYE HYE見てたら松ちゃんが「喜楽」行ったと言っててこれまたビックリ。

031.jpg

この「すずらん」の近くに「唐そば」ってあっさりめのトンコツラーメンのお店があって2度程1人で行きましたが、ここ1年行きたくて仕方なかったのがこの「すずらん」自家製つけ麺で有名なお店。渋谷警察署の裏です。JRAの近くだ!
ラーメン記事はアップこそしてこなかったけど、大好きなんだよねー。kon様はそこまでではないんだけど。

030.jpg

いつ行っても混んでるのは薄々知ってたので15時前に到着。中満席。
メニュー貰って外で並んで悩む。
ついつい看板に写真が出てるのもあるから、それに決めたくなるんだわ。ここは麺の種類が豊富なのが特徴なのね。

002.jpg

001.jpg

いやーわからない。こんなにあったらわからない。なのにここのお姉さんかなり事務的に「お決まりですか?」と。
とりあえず、ここはつけ麺で、味噌が確か有名で、角煮がいいので、「味噌角煮つけそば」を。
温盛りにしますか?と。それ何??麺を温かく出す事だそうで、はい温かいので。麺はどうしますか?
これも前から気になってた、平打ち麺で。これは+100になります。

003.jpg

kon様は最初「牛筋麺」をお願いしたんだけど、時既に遅しね・・完売。
で私が食べたかった「牡蠣砂鍋麺」
ならありそうだ。少し貰うなら絶対私は牡蠣がいい!
2500円とイタリアン並の金額だけど、まぁ限定だし、いってみよー♪

028.jpg

この写真は食べ終わった閉店近くですが、入った時はコの字のカウンター満席。綺麗にしてていいんじゃない。
でも女一人で来るのはやや勇気がいるか・・・

004.jpg

厨房には大将と思われる男性含め3人と、注文をとりにきた男性顔負けのやり手な感じの女性スタッフも厨房へ。

007.jpg

きたーーーー「味噌角煮つけそば」 麺が変わり麺の為1450円。
お野菜たっぷり。もやし、キャベツ、人参、玉ねぎなどシャキッとしてて、味噌は濃いんだけど、どろりとしてないさらっとタイプ。つけ汁にしてはたっぷりな量。

011.jpg

ついに名物の平打ち麺が。この角煮写真以上に大きくて食べ応えあり。3つ位のブロックになってたな。
甘辛で長時間煮込んだ味。ほろっと崩れる。これはおいしい~。
で、この角煮をどけるとこの汁が下の麺に染み込んで、これまた麺がおいしくなってるのよ。

013.jpg

この麺すんごい幅。。で、もっちもちでここまで来ると、ラーメンでもうどんでもないね。野菜の甘さと、角煮と食べ応えのある麺と1つ1つが本当においしい!
ただね、スープがどろっとしてないんで、麺にからまっては来ません。
そして、歯でぷちっと切ると、重さがあるので、跳ねるな危険です。

014.jpg

kon様分登場。「牡蠣砂鍋麺」限定メニュー2500円。このご時世でこの値段付けちゃうんだからよっぽど自信があるのか、初訪問でこれ頼んじゃう私達がチャレンジャーなのか・・・ どっちもどっちな気がするけど。。

すず016

ジャーン。鶏ベースで澄んだスープ。これもいい。かなりいい。
鶏と牡蠣のエキス、三つ葉に、別皿で来た柚子。全体は優しい様で程良い塩分が効いてて、ニンニクも少し入っているのかな。わからない程度にね。
手延べ乱切りの平打ち麺は太さがまちまちでおもしろい。

018.jpg

021.jpg

牡蠣も7個位は入ってた様子。これは箸が止まらない。しかも土鍋に入っているから、いつまでも冷めないんだよね。

025.jpg

そして大将らしき人がこの鍋の減り具合をチラッと見て、終わったら言って下さいねー。雑炊にしますから!って。
でスープだけを残し、出来上がったのがこちら。なんと贅沢ないろんなエキスの牡蠣雑炊。お鍋食べてるみたいー。
しかもまた卵・挽肉・葱って入れてくれて煮込んだ感があります。うわー来てよかった本当。

026.jpg

1滴残らずとはこの事だわ。このお店食べてみればこの値段で納得のお店。もう行きたいって言うか。
ここはラーメン屋とも違う、中華そば屋とも違うもっと上を目指してるお店な気がする。

隣がギャル系の女子2人だったけど、大盛りにした麺がどんぶりいっぱいに出てきたのには、本人も私達も驚いたわ。
それだけならまだしも、サイドメニューで頼んでる皿ワンタンがまたおいしそうで忘れられません。

005.jpg



渋谷 | トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。