スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「ル・デッサン Le Dessin」 (牛込柳町)

2007.12.21(22:56)
2007年12月20日(木)今回で相方sanは3度目、kon様は2度目となる、ル・デッサンです。暮れも押し迫って、行きたい所はあるけど、ふと思い出すんだよね。またあのお店に行ってみたいなと相方sanの希望で決定。意外に10日前の予約でOK。18:30のディナーでの訪問です。

過去の記事はこちからから→ 2007年3月22日2007年6月18日
rurude0107.jpg

以前は19時で満席でしたが、本日は到着すると1番のり。このお店はキッチンに男性2人と、フロアにマダムが1人のアットホームなお店。本日は全席で12席です。この日も予約で全て埋まりました。

rurude0112.jpg

途中飛び込みでお客さんが来ましたが、シェフに断られてました。『今日は何時でもダメでしょうか?』『うちは回転をさせませんので…』と。そうここは時間制限もありませんので、みなさんゆっくり寛げます。そのせいか9割が女性客ですね。

rurude0110.jpg

スケッチブックに書かれたメニューと布ナプキンです。いつ来ても清潔感があります。写真で見るより堅苦しいお店ではないんです。

本日も【Menu A】アミューズ・オードヴル・メイン・デザート・飲み物の3900円のコースをお願いしました。ディナーでこの価格です。

チーズのプチ・シュークリーム
rurude0113.jpg

ほんのりとチーズの香り。このお店は見た目にもおいしいお店なんで、もうこの時点から次のお料理を想像するとニンマリしちゃいます。

カリフラワーのポタージュ
rurude0119.jpg

初訪問の時もカリフラワーだから被ってしまいましたが、でも味忘れてるしね。かなり濃厚でもったりしてます。ムースみたい。

 自家製パン 
rurude0120.jpg

熱々もっちり系です。なくなるとマダムがさっと出してくれます。

ずわい蟹と茄子と赤ピーマンのテリーヌ・カレー風味の野菜のテテュヴェ(蒸し煮)添え
rurude0131.jpg

kon様!の前菜。本当は前回にも食べた「フォアグラと生クリームのブリュレ(+500円)」が良かったのですが、せっかくなので今日はこちらを。野菜中心のテリーヌなのでサッパリしたお味なのですが、赤ピーマン、茄子の味比べ、ずわい蟹はちょっと弱かったので味のバランスとしては「?」ですね。ヤングコーンとカリフワラーがカレー味なのには驚き!

厚岸産牡蠣とコンキリエ(ショートパスタ)のクラッシックなグラタン
rurude0127.jpg

来ちゃいましたよ♪こんな素敵なお姿で。まぁいつもの通りドアップにしちゃうと、クレームを受け付けるハメになりそうなんで忠実にね。うちにあるミルクパンと言うコーヒーカップの3杯分位を温めるお鍋の大きさにそっくり。うわぁすでにいい香り。

rurude0132.jpg

中はこんな感じ。大きいですよ牡蠣!4つ位は入ってましたね。あとはパスタです。グラタンって言うとこの大きさだし、途中で飽きそうですが、(少し手前に見えている)ソースがややさらっとしてるんで、大袈裟に言うと私はスープに近い感覚で頂きました。牡蠣好きにはたまりませんよ。

rurude0116.jpg rurude0123.jpg

壁にはいつものデッサンが飾ってあります。シェフが書いたものだそうです。ここのシェフはお目目ぱっちり、ややあさ黒いイケメンですよ。
お料理にもその繊細さが存分で出てるんで、美的センスはすばらしいですわ。今の時期クリスマスの小物もさりげなくね。

羊の肉のライスコロッケ・マスタードソース
rurude0135.jpg

マダムの説明で”本日のお肉料理”がこちらだったので、迷わず頼みました。どうです?見るからにおいしそうでしょ?ライスコロッケはもちろん、添えられた野菜達のうっすらとしたコゲ目が食欲をそそります。
このアスパラの束・・・

kamiki0143.jpg kamiki0148.jpg

中を割るとこんな感じ。ライスがぎっしりと詰まってます。更にナイフを進めるとサーモンピンクのお肉が顔を覗かせます。ライスの部分は説明しがたい、独特のお味。マスタードソースとよく合います。お肉は形態からしてもナイフでは食べにくいので骨の部分を持って。肉ばかり食べると味に飽きるので添えられた野菜達と交互にいただくのがいいでしょう。もちろんフィンガーボウル出してくれます。

ジャガイモ・人参・椎茸の細切りで包んだ骨付き仔牛のロースト・マデラ酒のソース
rururde0140.jpg

こちら相方sanオーダー。まずは冷たいお野菜が別で出されます。ここはどんなお料理にもお野菜が取り入れられてて好きだなぁ。さつまいもやズッキニーなどなど。

rurude0139.jpg

本当にど~ん肉!!って感じ。まさに肉!他何もありませんって感じで笑える。しかもこの色艶。さぁ割るとどんなかしら??

rurude0146.jpg

割るとふわっとしたピンク色。この回りのじゃがいもや人参の細切りがまた出るわ出るわ。お肉も柔らかいし、マデラって何の事かわかりませんが・・深みのあるワイン系?かなり大人な味。この野菜達が甘みが出るまでしっかり炒まってるんだよねぇ。
最後は骨を手で持ってがっつり綺麗にかじりつきました!

メープル風味の木の実・ドライフルーツを詰めた焼きりんご・キャラメルのアイスクリーム添え
rurude0155.jpg

めちゃめちゃ美味しい~。kon様!「2007年最優秀デザート部門」にノミネートです(笑)焼きリンゴがアツアツなので、上にあるキャラメルアイスがアッと言う間に溶けていくのですがキャラメルのほろ苦さが焼く事で甘さを増した、リンゴの味と調和されて絶妙。くり抜いたリンゴは煮て右の角切りの状態で。

rurude0156.jpg

リンゴの中にドライフルーツ・きの実が詰められているのですが、これは確かに甘い!でもおいしい!食感もさまざま。久々にデザートでお気に入りが出現。とても手が込んでいて完成度が高いです。

温かいベイクドチーズケーキ・チョコレートのアイスクリーム添え
rurude0150.jpg

ル・デッサンはメインとデザートの位置付けを同じ位に考えてるんだろうなぁ。最後までの手抜きが感じられない所か、こんなに凝ってしまっていいの?って。ケーキは、ほんのり温かくこのまま食べてもいいんですが、奥のブルーベリーソースと手前のチョコレートのアイスで味に変化を。私的にはもっとビターでもよかったかなぁ。しっとりとよりはシュワッて感じで、焼き加減が絶妙ですね。

ハーブティとプティフール
rurude0166.jpg

相方さんがお店に行く前から「ハーブティーがあるから頼んでみて!」と言うので「それだったら自分で頼めば?」と返事すると「あ、私はコーヒーを飲みたいから…」だって(苦笑)ただ、これは頼んで大正解。イメージしていたのはジャスミンティーみたいなものだったのですが、レモングラスのほのかな香りが、満腹のおなかになんとも優しい。たっぷり3杯位あったかな。全て頂きました。

相変わらずのマダムの目の行き届いたサービスに今日も感心しました。ここに来てイライラする様な事はないですね。他に行くとそれがよくわかります。あと少しでお水が、と言うタイミングでどこで見てたんだろう?って思うほどスッとさりげなく入れていなくなる空気みたいな方。髪をショートにしてまた素敵に。3ヶ月に1度は顔を出したくなるお店です。

Amenu 3900円×2 カシスオレンジ×1 ジンジャエール×2で合計9650円でした。
スポンサーサイト

「ル・デッサン Le Dessin」 (牛込柳町)

2007.06.20(00:11)
2007年6月18日(月)今日は会社でこのブログにコメントをくれたり、お昼一緒にランチしたりと仲良くさせて頂いております、お姉様?より「ルデッサン」に行ってみたい!との事で、このお店は3ヶ月前に訪問しまだ感動冷めやらぬ私。是非お連れします♪と、早速2週間前に予約を入れ定時に仕事を終えて19時来店です。驚きました。行ったら既に全てお客さんが揃っていて満席です。

rude0025.jpg

コースは今回もAコース3900円をオーダー。アミューズ+オードブル+肉or魚料理+デザート+飲み物です。彼女はワインを注文。重め?軽め?と聞かれ重めを頼んでました。ワインは650円。今日はどんなメニューなんだろう♪とワクワクします。

rude0026.jpg rude0022.jpg 
さすがだわ~。店名にちなんだメニューが載っている「キャンバス」です。右はパレット形のお皿です。このこだわりが素敵。ん。。前回来た時とは微妙にほとんどのメニューが違う気が。二人でかなり迷いました。隣の人のを見ようにもみんな同じ位のスタートなのがツライ・・。

 「プティフール」


前回同様チーズの入った軽いプチシュー。ほんのりあったかい。

「アミューズ・ひと口スープ」
rude0034.jpg

これねぇなんだったか野菜を失念しましたぁ。ブロッコリーでも、そら豆でもない、気になって彼女に聞くと枝豆だっけ?うんお豆さん系である事は間違いないです。

「自家製パン」
rude0040.jpg

このパンおいしいなぁ。最初の1個はオードブルが来る前になくなってた気が。最終的に2個づつ頂きました。

「フォアグラと生クリームのブリュレ」
rude0053.jpg

こちらはお友達オーダー。彼女は私達のブログを見てくれた際、kon様がオーダーしたこちらのメニューが気に入ったみたい♪隣のテーブルのお客さんにマダムが説明しているのが聞こえます。本日のオードブルは。。「フォアグラと生クリームのブリュレ」になります。おおお~あるじゃん!こちら+500円。これ割るとカスタードの様な色はしてなくて、ちゃんとフォアグラ色?あずきアイスの様な見るからに濃厚なお色なんです。お野菜も相変わらず。プチトマトと同じ大きさのきゅうり、大根までまんまるにカットされてるこだわり様!他に4種の中から選択可能です。

「野菜とサーモンムースを巻き込んだ大根とサーモンマリネのカネロニ仕立て、バルサミコとオリーブオイルのソース」
rude0049.jpg

相方さんオーダー。この盛り付け綺麗!断面で見える様にヤングコーン・いんげんのシャキシャキとサーモンムースのふわふわが何ともいいバランス。上のじゃがいもをスライスして揚げたのがパリパリで目にも楽しい1皿でした。
お皿のはじっこに、ちょこんといるサーモンムースといくらのコンビが見逃せません。。

rude0057.jpg rude0072.jpg 
このお店はメニューを見てもどんなお料理が出てくるのか想像できないんですねよ。とにかくどこから見ても芸術的。

「静岡産麦豚 ”豚トロ”の赤ワインとトマト煮込み」
rude0064.jpg

前回kon様も豚トロをオーダーしましたが、あの時は木いちごのソースでまた今回とは全然違います。ていうかお野菜がてんこ盛りすぎて、お肉が見えないよ~。カブ・ベーコン・アスパラ・スライスではなく丸ごとのマッシュルームが3つ位、見えない所に。これものすごいボリュームですよ。お肉もやわらかい~。でもお肉料理を頼んで、お野菜がこれだけついてくるお店って他にはないですよ。

「ベーコンとタイムを包んだ仔羊ロースのパン粉つけ揚げにんにくとトマトのソース」
rude0068.jpg

誰がこの様な姿を想像しますかねぇ。私に似て背の高いお料理だわ。これ折りたたみ携帯より高い?よくぞ運んでくれました!お肉の揚げ加減といい、このアスパラ大サービスです。香草が揚げ物のくどさを消してくれた気がします。しかもアスパラはひんやりしていてビネガーがかかってました。

rude0071.jpg rude0073.jpg 


「グレープフルーツとオレンジとホワイトチョコレートのテリーヌ、蜂蜜とビネガーでマリネしたフルーツトマトとルバーブのアイスクリーム」
rude0081.jpg

こちらお友達オーダー。やっぱりメニュー見ても??デザートでテリーヌで・・このデザートすごく最後にふさわしいヒットです。さっぱりとした柑橘系とチョコも甘すぎず下のトマトも分けてもらいました~。
上のは飾りです。でこのアイスがまた苦味があって好み。お野菜の様ななんだろ?マダムに聞いてみるとジャムやコンポートに使われるヨーロッパのお野菜でこのアイスも自家製なんですよと教えてくれました。ルバーブいいよいいよ!

「その場で焼き上げるあつあつバナナのタルト・牛乳のアイスクリーム添え」
rude079.jpg

かなりお腹がいっぱいになってきた所でこれはミスったかしら。でもこれ熱々のバナナに撮影してる間にも上のアイスがどんどん溶けるぅ。写真でもわかりますが、このバナナの薄さに感動。外側は何枚にも同じ厚さでピラ~とめくれる位薄い!これは自分で?機械か?さすがにこんな質問はできず。。。下の台は薄い生地だったので食べれてしまいました。最後まで目で見て、食べてみて大満足です。

「焼き菓子・ココナッツとくるみのクッキー&カプチーノ」
rude0094.jpg

いや~今回はもうギブです。お友達がお持ち帰りしました。せっかくなんでね。ココナッツの方を、私が一口かじっただけ。くるみのクッキーが、おいしかったよ~と今日会社で報告を頂きました!

本当においしいお料理と、楽しい会話で3時間半あっという間でした。
やっぱりここのマダム控えめながらすごいです。普通飲み物が減ってくると「何かお持ちしまょうか」と勧めるものですが、こちらでは一切ないです。なので私たちアルコール1杯ずつ。これで採算とれるのか心配です。しかもお水がオードブルの段階で出てきました。終わるまで4回は注ぎに来たでしょうか?こちらから呼ぶ様な事はここではなく、マダムの目の配り方に頭が下がります。今回も来てよかったぁ。同僚さんも撮影にとても協力的でアドバイスもしてくれつつ、感謝です!ここは定期的に訪れたいなぁ。メニューも変えてるみたいなので本当に貴重なお店です。今回2人で9700円でした。

「ル・デッサン Le Dessin」(牛込柳町)

2007.03.22(23:22)
2007年3月22日(木)大江戸線・牛込柳町駅徒歩1分。フランスで修行された経験を持つシェフが開いた、フレンチのお店です。評判がとても良いので初めからディナーでの訪問です。予約をし18:30に到着。
20070322225010.jpg

駅に到着し全く場所がわからなかったのですが、左の坂を上がってみたら、もう、すぐの所にそれらしき、かわいらしいお店を発見!店内は2人がけのテーブルが3つと、4人がけが2つのこじんまりと柔らかい色合いの落ちついた雰囲気。

20070322225026.jpg

テーブルにはかわいいお花が飾られ、店名にちなんだパレットのお皿と、紙ではなく、布のナプキンが。メニューは3900円と5250円の2コース。迷ったあげく、オードヴル・メイン(肉or魚)・デセール・飲み物を各5品の中から選択できる、3900円のコースをオーダー。メニューが小さなスケッチブックになっていて開くのも、わくわくします。
20070322225048.jpg

プティフール・まずチーズの入ったプチシューが運ばれてきました。

1品目「アミューズ・ひと口スープ」
20070322225102.jpg

カリフラワーのスープ。泡の様なまったりしたスープ。この段階で旦那さんは「このお店は期待できそうだ・・」と言ってました。

desan0230.jpg

温められて出てきたパンはもちもちしてこれだけでもおいしい。なくなれば言わなくてもマダムが追加を持ってきてくれます。これもあつあつ。計4個いただきましたぁ。

2品目「ゆり根のババロア季節野菜と白ワインで煮たホタテのフレーク添え」
desan0233.jpg

こちらのお店は、お料理に新鮮な野菜を上手に使ってると言う印象。野菜がシャキシャキして中のババロアがまた濃すぎない所がよかった。

2品目「フォアグラと生クリームのブリュレ」
desan0238.jpg

旦那さんオーダー。これ絶品!私は以前「ラミティエ」と言うお店でフォアグラプリンを頂きましたが、こちらに軍配。もう回りを割りながら、中が言葉にするのは難しい・・位おいしい~。しかもこの一緒に出されたお野菜、きゅうりなど、まんまるにカットされてるんですよ~。こちら+500円です。

3品目「マッシュルームのデュクセルを詰めたフランス産うずら・・香草風味網焼きじゃがいものガレット添え」
desan0249.jpg

隣のテーブルの方も同じもの頼んでいて、見ると下の土台がご飯に見えたのですが、これかなり薄くスライスしたじゃがいもが、かなりの厚みの量でうずらを支えていたのです。味付けがしっかりされてて山盛りのルッコラとで、すっごくおいしい!うずらはナイフを入れるとかなりの確率で骨にぶち当たります(笑)結果手で食べましたが、コンフィーなどに比べ、見た目程食べる所がないんで、残念。一緒にフィンガーボウルが置かれました。(手で食べるお料理の際汚れた手を洗う為の水の入った小さい銀のボウル)こちら+630円。

3品目「静岡産麦豚・豚トロの香草パン粉つけ焼き」
desan0244.jpg

これは私、Kon様のオーダーです。とにかくお肉が柔らかい!!!少々、オーバーですが、ナイフで切るつもりが、ナイフの重みだけで切れるくらいなんです。お味の方はくどくなくて、いくらでも食べられる感じ。また、甘ずっぱい木いちごのソースとの相性も良くて大満足でした。この添えられているお野菜も、色とりどりで目で見てもうれしい限りです。

4品目「いちごのスフレ・ホワイトチョコレートのアイスクリーム添え」
desan0263.jpg

運ばれてきて、うわぁ~と言ってしまいそう。中はしっかりいちごの味が主張してました。ふわふわの中にやや水分が多いのかな?私にはかなり甘く感じ想像とは違ったんですが、この焼き加減と、中の半レア状態での完成度はすばらしい♪

4品目「カンパリとグレープフルーツのサラダとはちみつのアイスクリーム添え」
desan0258.jpg

これ旦那さんの即決オーダーでしたが、大正解でした!左のガーゼに包んであるのはホイップクリーム、チーズ、ヨーグルトなどが入っているのかな?このフロマージュブランは、グレープフルーツの色合いがマダラに入ってて、もう他では食べられない1品ですよ!私がほとんど食べてしまいました(笑)右にはグレープフルーツがあり、その酸味と、はちみつアイスのほんのり甘いのが一緒に食べると・・・とにかくデザートがここまで凝ってる事にかなり感激しました。

カプチーノ
desan0272.jpg

私は普段何か入れたいタイプですが、このままで十分おいしかった!
珈琲・エスプレッソ・ハーブティーを含む5種類から選択出来るお店も、あまりないんでは?旦那さんは紅茶をオーダー。紅茶は驚きのポットで出てきました。カップも事前に温めてある様子。

焼き菓子
desan0274.jpg

最後にこちらも運ばれてきました。なんかこのお店出てくるものがサプライズ的に喜ばせてくれんですよね~。かなりお腹いっぱいでしたが、これ実物かなり小さいので、有難く完食しました!

このお店外観だけ見るとやや不安になりましたが、もう大正解でした。1つ1つ丁寧に作られてあって、1品出てくるのに厨房が2人のせいか、時間はかかるんですが、その分期待以上のものが出てきてくれました。
1番感心したのは、1人でフロアを担当してる奥様が、さりげない気配りの方で、かなり忙しい中、お水やパンをスッと持ってきてくれたり、メインを食べた所で(手で持って食べましたから)濡れたおしぼりを2本出してくれたり、それ以外では全くほっといてくれるので、すごくゆっくり過ごす事が出来ました。味も盛り付け含め文句の付け様がなく、かしこまらすぎず、カジュアルすぎず、人気があるのがよくわかりました。

最後もご夫婦でドアの所まで挨拶に来てくれました。隣の家族も常連さんでしたし、是非また来ようね♪と二人で話しながらお店を後にしました。
本日ワイン他アルコール3杯と、料理の+料金含めても2人で10980円でした。今回たまたま+料金のある料理をそれぞれ選んでしまいましたが、これはほんの一部のメニューだけでほとんどはついていなかったのでご安心を。チャージ料もないので、何とも良心的なお店です。
| ホームへ |
Flashカレンダー

FC2カウンター
プロフィール

kon様&Kon様の相方

Author:kon様&Kon様の相方
はじめまして!二人で気になった店を雑誌やネットで探して散歩の如く訪れたレポートです!皆さんもおいしいお店があったら教えてくださいね

リンク
ランキング

ランキングに参加してみました。応援よろしくお願いします。クリックしてね!

にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ


人気blogランキングへ

新しく人気ブログランキングにも参加しました。応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。